2020年4月6日

ジャケットを羽織った重さは「肩」で決まります

着心地の目安の1つに
ジャケットの
軽さがあります。
 
この場合の軽さは
ジャケット自体の重さではなく
着たときに感じる重さです。
 

 

ジャケットは肩で着ると
言われるように
肩にうまく載った
ジャケットは軽く感じます。
これは、肩にうまく載れば
肩を支点にジャケットの
重みが分散されるからです。
 
もちろん逆もあり得ます。
ジャケットがうまく肩に
載っていなければ
ジャケット自体が軽くても
重く感じることがあります。
 
そして見た目にも
大きな影響があります。
 
肩にしっかり載った
ジャケットと
そうでないジャケットでは
着用した際の見た目は
大きく変わってきます。
 
だからこそ
ジャケットは肩で着ると
言われています。
 
 
100人いれば100種類の
体型があります。
それに対して決められた
規定で作られる既成の
ジャケットが体型に合う
確率は残念ながらかなり
低いです。
 
これが1人1人の体型に合わせて
仕立てるオーダーが
求められる理由の1つですね。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス