2020年5月25日

モテジャケ

mote_01

 

「モテジャケ」は株式会社ダンディズムコレクションの登録商標です。

オーダージャケパン・スーツ専門店のメンズサロン「ダンコレ」でおなじみの、“Made in Italy, Tailored in Japan” 品質。

一級品のイタリア製生地を、一級品の日本国内縫製で仕立てる、オーダーメイドのジャケット。
まだ手にされてないあなたに・・・ダンコレのお試しジャケットはいかがでしょうか。

ダンコレお試しジャケット、その名も『モテジャケ』。

なぜ、オーダージャケット「モテジャケ」が起業家やエグゼクティブに選ばれるのか?

その理由は3つあります。

見た目の違いがビジネスに必須と知っているから。
見た目への投資効果が高いことを知っているから。
スタイリストに委ねる大人の流儀を知っているから。

image5見た目の違いがビジネスの成長を約束する。

そう感じている起業家やエグゼクティブの方々はおりますし、人によってはスーツやジャケットでビジネス課題の90%が解決すると話されるほど。

実際、人と会う機会の多い方ほど、パッと見の印象を大事にするものです。

なぜならビジネス交流会や懇親会、祝賀パーティーなどの席で必要なのは、他の人と明らかに違うと印象づけることだからです。

スーツも時と場合によっては必要です。しかし、どんなにいい生地で仕立てても、スーツの場合は見た目がどうしても似たような印象になります。

ですからパッと見た瞬間に違いを感じてもらうのは、難しいのです。

だからこそそれを知る起業家やエグゼクティブは、ジャケパンスタイルを選ぶ、ということになります。

なにより、見た目への投資、装いへの自己投資は投資対効果が高いと言われています。『人は見た目が9割』という本が流行りましたが、それは見た目への投資対効果が高いことを裏付けているのだと考えています。

しかし、

ジャケパンスタイルやジャケットは初めての場合、
オーダー自体が初めての場合
そして、スタイリストに提案してもらうことが初めての場合、

オーダーの世界では安いと言われる10万円台、また良質と言われる20万円台、さらにその上をいく品質の50万円や100万円という金額を、いくら自己投資には装いが一番と言われても、実際に使う勇気はなかなか出ないものです。

ですからダンコレでは、スーツとは異なる採寸と仕立てを2年半の準備期間でデータ化し、男の装いに感度の高い方々が試しやすい価格を実現するため試行錯誤を繰り返し、仕入先と縫製工場との密な繋がりをつくることで、お求めやすい価格、かつ適正な価格を実現してきました。

image6

もちろん、品質は “Made in Italy, Tailored in Japan” のダンコレ品質。

スーツと違い、上下の生地を変えることで自らを引き立てるジャケパンスタイルの場合、どれだけ「自分という経験を飛び越えることができるか」に、他と異なってみせることができるか、そして、女性からの視線を集めることができるかが決まります。

多くの場合人は、「こういう色使い、色の組み合わせ、落ち着いた柄が好き」と自分を「決めつけてしまっている」もの。

そして多くの場合人は、他者が勧める色使いや柄を受け入れる勇気を持たないもの。

特にオーダーの場合、既成品に比べるとお金も時間も投資しますから、どうしても無難に自分の好みでつくっておこうとなりがちです。

しかし、ゆとりある男は、人に委ねるというアソビ心を楽しむもの。

そしてビジネスで重要な意思決定をする男たちほど、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏のように、食べるものや着るものに意思決定のエネルギーを使いたくないもの。

そんな男たちが選択する装いの方法。それが、スタイリストに委ねる、という方法なのです。

すなわち、ロールスロイス。自分でハンドルを握らない男の流儀。

rolls-royce-753315__180色使いはプロのコーディネーターが選び、ジャケットのシルエットやスタイルはスタイリストが見立てる。

もちろん、ダンコレ品質はそのまま維持しますから、生地はすべてイタリア製の一級品を使い、縫製はニッポン品質で仕立てる。

オーダーメイド界においては日本有数の会社。国内でも一級品とされる縫製工場を持つ企業とダンコレは提携を結び、イタリア製の生地の中でも極上の生地を、適切な価格で仕入れることができ、また縫製も同様に仕立てることができます。

一級品の生地と一級品の縫製、そして至高のスキルを持つスタイリストとコーディネーターにより、至極のジャケットが誕生する。

モテジャケから、オーダー、そしてジャケパンスタイルという男の嗜みを、ぜひ。

「モテジャケ」を身にまとうと、周りの目が変わります。

起業家の方々、エグゼクティブの方々など、「人と同じであること」が許されない、そんな男たちが選ぶジャケパンスタイルを、「モテジャケ」からお試しください。

昼は熊野古道を望み、夜は大阪の夜景が一望できるアルクラッドザ・タワー35階にて採寸し、採寸後はシャンパングラスを傾ける。
極上の空間から至極の一着を仕立てる。
紹介でしか知り得ないような空間、そしてその空間でくつろぐ時間こそ、唯一無二のオーダージャケットを仕立てるにふさわしい。

「モテジャケ」はすべて、“Made in Italy, Tailored in Japan” のダンコレ品質にて、生地を選び採寸し、仕立てています。

もちろん他のダンコレライン・・・ゴールドライン・プラチナライン・ブラックライン同様に、スタイリストがその人ならではの色使いや柄、生地の肌触りをご提案します。

そして実際に袖を通し、奥様やパートナー、会社の同僚やビジネスパートナー、クライアントはもちろん、街を歩くことで感じる視線を、体感してみてください。

きっと、あなたを見る目が羨望の眼差しであることに、気づくでしょう。

「モテジャケ」の正価は通常、88,000円(税込)です。

ここには生地や採寸、スタイリストによるご提案はもちろん、基本オプションやお直し代まで全て含まれています。

ここでは多くを語りませんが、ダンコレが選ぶ生地を見て触った瞬間、起業家やエグゼクティブの多くはその安さに驚きます。

それもそのはずで、例えばエルメネジルド・ゼニアのスーツを上下で仕立てる場合、ゼニアの店舗で購入すると50万円~のところ、ダンコレでゼニアの生地から仕立てれば25万円程度で手に入れることができるのですから。

ダンコレは、“Made in Italy, Tailored in Japan” を掲げるにふさわしい、イタリアのビエラなどを産地とするウールを中心に、イタリア製の一級品のみを取り揃えています。

ゼニアのほか、ロロ・ピアーナやカノニコ、アリストンやタリア・デルフィノなどですね。

オーダージャケットやスーツを仕立てる場合、生地が一級品であることは必要条件ですから、ソレにふさわしい価格が必要になる、ということもまた当然でしょう。

しかし今回、88,000円でご提案するかというとそうではありません。

「モテジャケ」をお試しいただくことで、ダンコレの品質を体感していただき、そしてダンコレで特別な一着を仕立てるという、そんな価値の体験をお願いしたいわけですので、正価でお願いしていいはずがありません。

ではどのくらいの価格でご提案すればいいのか、考えました。

ダンコレのジャケットで最もお求めやすいものはゴールドラインです。このゴールドラインのジャケットを仕立てる場合、69,800円となります。

今回の「モテジャケ」はお試しですから、最低でもゴールドラインと同等の価格にしてご提案することが筋かと思われます。

・・・が、せっかくのご縁でダンコレとモテジャケを知っていただけたのですから、もう一声、価格をお求めやすくしてご提案したいと思います。

今回、ダンコレを初めて体験する方限定でひとり一着に限り
「モテジャケ」を88,00069,800→59,800円にてお試しください。

もちろんこの価格には、生地や採寸、スタイリストによるご提案はもちろん、各種オプションやお直し代まで全て含まれています。

ぜひこの価格で至極の一着を、仕立ててみてください。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス