ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

次の一着はオーダースーツ?既製品?メリット・デメリットを徹底比較

今、あなたが着ているのは既製品のスーツですか?
それとも、体型にあわせたパターンオーダーのスーツですか?
それとも、イージーオーダー?
オーダースーツといって、まず頭に浮かぶのは『値段が高い』
それともわたしには『必要ない』とお考えですか?
スーツは『消耗品』、既製品のほうが安くてスグ手に入る?
今、あなたが着ているスーツは、身体にフィットしていますか?
腕を上げるとつりあがったり、立ったりしゃがんだりするとき、動きづらさはありませんか?
毎日、仕事で着るスーツ。
ストレスなく着れたらどんなにいいでしょう。
次にスーツを買うときにオーダースーツにするか、既製品のスーツにするか。
迷っておられるあなたのために、オーダーと既製品それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。
次の買い替えに備えて、参考にしていただければと思います。

オーダースーツのシステムは大きく分けて3種類

image004

オーダーと一言で言っても、大きく分けてみると3種類。
パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーというラインナップがあります。
では、それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

パターンオーダーシステムとは

image006

オーダーシステムの中で、はじめての人でも利用しやすい
既製品の型から成る、ゲージ服というものを着て採寸し、袖丈や着丈が微調整できるスーツを作るシステム。

それがパターンオーダーシステム。

パターンオーダーのメリット

 ・既製品ベースの受注生産品という位置づけ
 ・なのでオーダーにしては早くて安い
 ・お店によってはディテールが細かく選べる

パターンオーダーのデメリット

 ・既製品ベースの為、標準体型を大きく外れる人には向かない
 ・あまり多くの生地から選ぶことはできない
 ・採寸する人によって仕上がりにばらつきがある

イージーオーダーシステムとは

image008

パターンオーダーは既製品ベースなのに対して、イージーオーダーは採寸した数値を、
コンピューターに入力するとそれに応じたフォルムに近づけるために、
縫製工場の保有するスーツの型紙からマッチングをかけて、完成品の型紙が選び出される。
型紙から作るパターンオーダーといったところ。
フルオーダーとの違いは手縫いではなくミシン縫いであること。
仮縫いと試着がないこと。
だから出来上がるまでのお楽しみ。

イージーオーダーのメリット

 ・パターンオーダーよりも体型補正を必要とする人に向いている
 ・縫製工場が多数保有する型紙から体型にあわせて組みあせるので
  よりフィット感が得やすい
 ・好きな生地が選べる
 ・細かいディテールが指定できる

イージーオーダーのデメリット

 ・採寸する人によって仕上がりにばらつきがある
 ・仮縫いと試着がないので完成するまでドキドキ
 ・変更できる調整幅には限度がある

フルオーダーシステムとは

image010

これがほんとのオーダーメイド。
採寸はじつに、20箇所以上細かくおこない、まずは世界にひとつだけのあなたのための型紙を起こします。
それをもとに生地を裁断し、熟練の職人の手作業によって針と糸を通し、生地の断片がスーツへとかたどられていきます。
ここで一度袖を通し、あなたの動きの癖などにあわせて微調整を行います。
調整幅を確認したら、一度糸をほどいて生地の断片に戻し、必要に応じて丁寧に裁断・微調整を行います。

そして再び、熟練の職人が丹精こめて糸を通してあなただけのスーツは仕立て上げられます。
スーツのオーダーはこだわりだすとキリがなく、フォルム・生地・ラペル幅・ゴージラインの高さ・裏地の柄・裏地の張り方・ポケットの形状・ボタンの素材・ボタンホールの色・本切羽仕様・重ねボタン仕様・ベントの数・パンツはシングルかダブルか・タックの数などなど、ほんとに言い出すとキリがありません。
要するにほんとにイチからお好みのスーツを作れるのがフルオーダーシステムです。

フルオーダーのメリット

 ・すべてのことが自分で決められる
 ・仮縫いと試着がある(細かい動きに合わせて微調整する為) 

フルオーダーのデメリット

 ・決めることが多すぎて初めての人には向かない
 ・こだわりだすと価格がどんどんあがります
 

既製品のスーツはどのように作られるのか

image012

既製品、いわゆるお店に行ってすぐ買えるスーツ。
標準体型を基準に痩せ型から大きめサイズの人まで7タイプ作られていて、ジャケットの袖丈やパンツの裾丈は調整できる。
生地やデザインはあらかじめ決められたもので量産されているので価格が安い。

既製品のサイズ規格

体型の号数としてY体、YA体、A体、AB体、BB体、BE体、E体があります。
胸囲とウエストの差が何センチあるかにより分類される仕組みです。
この差と身長を基準に既製品は選びます。

既製品のメリット

 ・お店に行けば在庫がある限りスグ手に入る
 ・価格がわかりやすい、オーダーに比べると安い、
 ・ストレッチ素材の導入などで着やすさが向上

既製品のデメリット

 ・標準体型に入っていない人の場合フィット感が悪い
 ・サイズがぴったり合わない場合傷みが早くなってしまう
 ・調整範囲が狭い為、ちょっと体型が変わると着れなくなる

ストレスなくスーツを着られることが大切

image014

スーツを選ぶとき、何を重視して選んでいますか?

価格ですか?
デザイン?それとも機能性?
重さ?それともフィット感ですか?
やはりスーツはストレスなく着れることが一番ではないですか。
身体の動きに無理なく追従するジャケットやパンツが理想ですよね。
腕を動かすたび、立ったりしゃがんだりするたび、違和感を覚えること
ありませんか。
まずはあなたの身体にフィットしたものを選ぶことがストレスなく
スーツを着て一日を過ごす為に大事なのではないかと思います。

まとめ

image016

正直、私はしっくりこない既製品を買うよりパターンオーダーでしっくりしたものを選びます。
なぜなら、スーツは朝着ていったら夕方帰ってくるまで、ずっと着ているものだから。
それならば、ストレスなく動きに制約なく着られるもののほうが絶対いい。
あくまでこれは私の例ですが、体系的に痩せ型のため、既製品だとちょっと着られてる感が出るためです。
価格、見た目、質感、も大事ですが、何より大切なのはフィット感だと思います。
それを踏まえたうえで、オーダースーツと既製品のメリット・デメリットを比較し、あなたにあうものを選ぶための参考になれば幸いです。
どんなに高価でいいものを着ていても、サイズ感があっていなくて借り物?みたいになっていたら残念ですし、ピチピチだったりダボダボだったり、サイズ感のあっていないスーツでは、満足な仕事もできません。
男として、社会人として、スーツは文字通り『身の丈にあったもの』をえらびたいですね。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら