2020年7月11日

【オーダースーツを安く買う秘密】それは生地選びにあり

オーダースーツを検討しているあなたへ朗報です。オーダースーツは安く買えます。

オーダースーツは特注ということで、

「高い」と思われがちですが、それはあくまでもフルオーダーで、細部までこだわった場合。

 

オーダー方法によっては既製品に少し金額を上乗せするだけで仕上がります。

そしてオーダー方法と同じくらい金額とクオリティに影響を与えるのが生地。

高い生地の質が良い傾向は否めませんが、

中にはコストパフォーマンスがずば抜けたものもあります。

この記事ではオーダースーツの種類と、おすすめの生地を紹介することにより、

安い金額であなたの体にフィットした、着心地の良いスーツを手に入れる方法を紹介します。

オーダースーツの種類

image002

冒頭で登場した「フルオーダー」ですが、

これは文字通り「フル=全て」を特注できるオーダー方法。

そのためオーダースーツの中でもランクが最も高く、究極の一着を作る事ができます。

だけど、もう少し気軽に作れる選択肢も欲しいですよね?

リーズナブルにオーダースーツを作れる方法が二つあるので、これから紹介します。

パターンオーダー

image003

最もリーズナブルにオーダースーツを作ることができる方法。

既製品、あるいはお店にあるサンプルの中からイメージに近い物を選び、

自分の体に合わせサイズ調整をします。

既存の製品やサンプルをベースにしているので納期も早く、価格もリーズナブルなのが魅力。

一方で細かい調整が効かず、特注できる範囲も狭いのですが、

オーダースーツ入門者にはおすすめの選択肢です。

イージーオーダー

image004

お店が持つ型紙(スーツの設計書のようなもの)をベースにするのがイージーオーダーの特徴。

パターンオーダーよりも細い調整が可能なので、

よりフィット感が良く、シルエットの美しいスーツを手に入れる事ができます。

生地も選べるのでカスタマイズの幅が広がるのですが、

ここは生地選びを間違いたくないところ。

そこで、品質の良い、コストパフォーマンス抜群のイタリアンブランドの生地を紹介します。

おすすめの生地「カノニコ」

image005

カノニコは1936年創業の老舗の生地メーカー。

多数の生地メーカーがひしめき、切磋琢磨しているビエラ市を拠点とし、

その品質は折り紙つき。

ラルフローレン、バーバリー、アルマーニといった

世界的に有名なブランドに生地を提供しています。

一方ではビームス、ユナイテッドアローズといった

国内アパレルブランドでもカノニコを使用して製品が売られており、

世界トップレベルの品質ながらコストパフォーマンスに優れた生地として人気を博しています。

生地の特徴は外見と機能性。

外見においてまず目を引くのは生地のツヤで、高級感あふれる光沢を放っています。

その特徴は他の製品とカノニコ生地の製品を並べれば一目瞭然です。

機能性は生地の軽さと柔らかさ。

カノニコの生地で作られたスーツは一日着ていても疲れないと評判で、

その理由は生地の軽さからくるリラックス感と、生地の柔らかさによる動きやすさです。

 

スーツは着ていて疲れるものと言われますが、カノニコはその常識を覆す事でしょう。

そしてこれだけ優れた生地なのに安いのです。

他のイタリアンブランドのスーツが軽く10万を超えてしまうところ、

カノニコならば3万円程のスーツもあるぐらいです。

まとめ

本記事で紹介した「オーダー方法」、そしておすすめの生地「カノニコ」を組み合わせれば、

品質の良いオーダースーツを安く仕上げる事ができます。

安く仕上げるオーダー方法やお店について説明している記事は他のサイトにもありますが、

生地まで言及している記事は無いのではないでしょうか。

生地はスーツにおいて最も重要な要素の一つなので、必ず押さえておきたいところ。

しかし種類も多く、選びづらいのが実状。

そんなお悩みを解決すべくこの記事をお届けしたのですが、役に立ちそうでしょうか。

オーダーパターンとイージーオーダーは

リーズナブルにオーダースーツを作れる注文方法ですし、

カノニコは外見、機能性、コストパフォーマンスに優れた生地なので、是非ご検討ください。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス