ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

二次会のジャケパンで悩むあなたへ! カノニコはいかが?

 

普段はお仕事に精を出して、週末は友達との飲み会や、彼女とのデート。

そんな生活サイクルに時たま顔を覘かせるのが、結婚式や二次会への招待。

服装で悩みますよね。

若い頃ならまだしも、アラサ―あたりから「着ている物のレベル」=「収入レベル」

なんていう目で見られがちで、ある程度の服装でいきたいもの。

とは言っても雑誌を見ると、物はいいのだろうけど高い物ばかりだし、悩ましい・・・。

 

そんなあなたへ、ジャケパンスタイルと、コストパフォーマンス抜群の

イタリアンブランドのジャケットを紹介します。

これでどんな招待状も、もう怖くありません!

 

ジャケパンとは?

image002

ジャケパンとは「ジャケット」と「パンツ」を組み合わせたファッションスタイルの略称。

一般的なスーツはジャケットとパンツがセットで売られていますが、

そこを上下別々に用意するのがジャケパン。

ビジネスシーンにおいても受け入れられているので、

フォーマルな場においてはもってこいのスタイルです。

それに例えば、スーツ3着の場合は3通りのみのコーディネートですが、

ジャケットとパンツが3着ずつあれば、

それぞれ組み合わせられるので9通りのコーディネートが可能になります。

バリエーションが増えるのもメリットですが、

ちょっとお高めのレストランや、パートナーとの特別な日の服装にもピッタリなので、

デートコースも増えるのではないでしょうか。

カノニコのジャケットを勧める理由

引用:http://www.vitalebarberiscanonico.it/news-ed-eventi/502/primo-premio-alla-fabric-no.-1-competition-di-saks-fifth-avenue#vbc
引用:http://www.vitalebarberiscanonico.it/news-ed-eventi/502/primo-premio-alla-fabric-no.-1-competition-di-saks-fifth-avenue#vbc

ジャケパンの肝はジャケット。

ジャケットで全体の印象が決まるといっても過言ではありません。

しかし、たくさんのブランドがある中、

どれが良いのか調べてもなかなか分からないですよね。

「ブランド品で高品質だけど意外にリーズナブル」

なんていうジャケットがあったら最高ですが、

そんな夢の様なジャケットが「カノニコ」。

イタリアのビエラに拠点を置く、老舗の生地メーカーで、

ラルフローレンや、バーバリーといった世界的に有名なブランドに生地を提供する一方で、

日本ではユナイテッドアローズ、アーバンリサーチ、ビームスといった

アパレルショップでもカノニコ生地の製品が扱われており、

イタリアンブランドながら手が届きやすく、日本でも人気のブランドです。

品質面でのカノニコのオススメポイントは外観と機能性。

外観は誰が見ても違いが分かる程、

他のメーカーとツヤ・光沢感に違いがあり、高級感に溢れています。

そして機能性の魅力は、生地が軽く、柔らかいので着用していて疲れない点です。

ジャケットを一日着ていると肩が凝る、という話をよく聞きますが、

カノニコのジャケットならばそんなお話とは無縁でしょう。

まとめ

自由度が高くて、様々な組み合わせが楽しめるジャケパンスタイルですが、

中心となるジャケットは、自信が持てる物を用意しておきたいところ。

今までのジャケットも無難で、あたり障りなく良かったかもしれませんが、

これを機にカノニコのジャケットをチェックされてみてはいかがでしょうか。

ちなみに記事内でも紹介した通り、

日本ではユナイテッドアローズ、アーバンリサーチ、ビームスといったお店で売られています。

これらのお店はショッピングモールに入っていることも多々あるので、

気軽に手に取ることができますし、何か気になる事があれば店員さんに聞いてみてください。

カノニコのジャケットは袖にラベルが貼られていることが多く、

” Vitale Barberis Canonico”という文言が目印です。

カノニコのジャケットを手に入れて、ジャケパンスタイルをマスターすれば、

二次会もお高めのデートコースも、より一層楽しめるようになるでしょう。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら