ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

アラフォー男性にぴったり。ジャケットに似合うリブパン5選

 

アラフォー男性なら、

プライベートなときには抜け感がある

ファッションを楽しみたいものですよね。

そうかといって、太めのチノパンとか、

ラフすぎるダメージデニムはアラフォー男性にはちょっと。

そんな大人の男の魅力を引き立てながら、抜け感抜群のパンツがあるんです。

そのパンツとは「リブパン」。

はき心地もよく、楽チンで、見た目の抜け感もグッド。

大人の男が綺麗に履けるブランドをご紹介します。

URBAN RESEARCH

引用:http://www.urban-research.jp/common/images/products/color/0/243540/519526.jpg
引用:http://www.urban-research.jp/common/images/products/color/0/243540/519526.jpg

八分だけのリブパンなんていかがでしょうか。

足元が軽快な印象になりますから、抜け感も抜群です。

きちんと感よりも、普段使いなんだけどオシャレ。

そんな、デイリーな使い方がハマリそうなリブパンです。

BEAMS

引用:http://shop.beams.co.jp/item/beams/pants/11240806156/
引用:http://shop.beams.co.jp/item/beams/pants/11240806156/

スポーティーな着こなしなら「BEAMS」のリブパンはいかがでしょう。

美しいシルエット、上品な仕上がり。

アウトドアなどのレジャーでも使えそうですね。

足元にはスニーカーが相性抜群。

「ちょっとそこまで」のときにもオシャレに決まります。

junhashimoto

引用:http://fsimg.junhashimoto.jp/fs2cabinet/107/1071610036/1071610036-m-01-dl.jpg
引用:http://fsimg.junhashimoto.jp/fs2cabinet/107/1071610036/1071610036-m-01-dl.jpg

男も美脚だ。

そんなあなたには「junhashimoto」のリブパンがオススメです。

センタープレスされているので、パッと見た感じはスラックスのようにも。

リブパンだけど「きちんと感」が欲しい場面には最適。

全体的にコンパクトなシルエットなので、引き締まったイメージを醸し出せますよ。

GTA

引用(1):http://www.jacketrequired.jp/men/item/?item=838749
引用(1):http://www.jacketrequired.jp/men/item/?item=838749

アラフォーカジュアル+リラックス感なら「GTA」です。

履きやすさとシルエットにこだわった、パンツ専業ブランドだからこそできるリブパンです。

生地も上質なものを使っていますので、ハズレはありません。

DIESEL

引用:http://www.store.diesel.co.jp/jp/diesel/パンツ_cod36845467qa.html#dept=pntsdsl
引用:http://www.store.diesel.co.jp/jp/diesel/パンツ_cod36845467qa.html#dept=pntsdsl

DIESELと言えばデニム。

でも、最近はデニムと並ぶくらいの人気が期待されているのが、スウェット生地のパンツ。

DIESELならではのデザインなので、ブラックのジャケットでも、

ちょっとワイルドにレザージャケットでもしっくりくるリブパンです。

ジャケットが濃い色の場合は、リブパンにグレーを選ぶのがオススメです。

まとめ

履くだけでトレンド感のあるシルエットが作れてしまうのが、

リブパンの魅力であり不思議なところ。

休日ファッションのジャケットと合わせるだけで、

いつもと違う抜け感が女性の視線を集めることでしょう。

ぜひとも大人の男性に履いてほしい。

進化し続けているリブパンをあなたも1本持っておくことをオススメします。

なぜ、オススメするかって?

それは、「リブパンはどうも女子ウケが良い」らしいのです。

ジャケットと合わせてリブパンで出掛けてみてくださいね!

 

 

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら