ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

【悩める40代メンズへ】これからはジャケパン!必須3項目を伝授

20代の頃は体型なんて気にならず、30代からちょっと気になってきて運動を心がけつつ、40代になるともうお腹がポッコリ。

髪の毛も細くなったり、ハリが無くなってきたり。

肌も若い頃の様なみずみずしさが無くなってきたような・・・。

若い頃は何を着ていても「若さ」で、様になっていたかもしれませんが、40代に差し掛かるとお腹の弛みや、髪、肌の質感からファッションにも気を付けわないと、清潔感が無くなり、魅力的に見えなくなりがちです。

そこでオススメなのが、ジャケットとパンツを組み合わせたジャケパンスタイル。

40代のメンズファッションはジャケットのような「きれいめアイテム」を使うことにより清潔感がアップしますし、失われた若さを、大人の風格に変える事ができるのです。

とは言っても、どこから始めればよいか分からない人もいるかと思うので、今回はジャケパンについて説明し、ジャケット、パンツ、シューズの選び方を紹介していきます。

40代のメンズにはジャケパン

image002

ジャケパンは、ジャケットとパンツを組み合わせたコーデスタイル。

スーツは上下がセットで販売されていますが、スーツと違い、単体で売られているジャケットを購入し、パンツと合わせてコーディネートするのです。

ジャケパンを勧める理由は「大人っぽさを演出できるから」。

ジャケットコーデはドレスコードがあるようなレストランでも定番のスタイルですし、ジャケットはフォーマルさを出すことができるアイテムです。

だからと言ってスーツは堅苦しいので、ジャケットを使いつつ、別のパンツを合わせることにより、大人っぽいフォーマルな雰囲気を出しつつ、堅苦しくないカジュアル感も出すことができると言われています。

また、上下セットで1パターンの組み合わせしかできないスーツと違い、ジャケパンはジャケットとパンツをそれぞれ組み合わせられるので、コーデの幅が広がるのがメリット。

そんなメリットがあるジャケパンスタイルを40代のメンズにオススメしたいのですが、続いてジャケットについてお話します。

まずはコーデにテーラードジャケットを取り入れるべし

image003

ジャケパンへの第一歩はまずジャケットから。

いずれは全て揃えたいところですが、先程もお話した通りジャケットはフォーマルコーデの定番アイテムなので、ジャケットを羽織るだけで大人っぽい雰囲気になるのです。

ちなみに「ジャケット」と一言に言っても、「ミリタリージャケット」、「デニムジャケット」、「マウンテンジャケット」、「革ジャン」、その他たくさんの種類があります。

その中でもオススメなのが、「テーラードジャケット」です。

例えばこちら。

引用:http://www.paulsmith.co.jp/shop/men/jackets/products/26200020001711____
引用:http://www.paulsmith.co.jp/shop/men/jackets/products/26200020001711____
テーラードジャケットは多数あるジャケットの種類の中でも、スーツのジャケットに近く、フォーマル度が高い部類といえるでしょう。

もちろん時と場合にはよりますが、清潔感があって、頼りがいのある、大人な男を目指すのであれば、このテーラードジャケットをコーデに取り込むのがオススメです。

お値段や、買い方が気になるところ。

次はテーラードジャケットの買い方についてお話します。

オススメは百貨店

引用:https://pixabay.com/en/central-embassy-mall-store-498560/
引用:https://pixabay.com/en/central-embassy-mall-store-498560/
テーラードジャケットを買う主な方法は以下の5つ。

・百貨店
伊勢丹、阪急など、主に40代前後から上の年齢層をターゲット。

・ファッションビル
「丸井(OIOI)」、「パルコ」、「ルミネ」といったショッピングセンター。

百貨店と似た形態ですが、ファッションビルの方がターゲットの年齢層が低いと言われ、デザインも流行が意識されているようです。

・スーツ量販店
「洋服の青山」、「AOKI」、「紳士服のコナカ」、「紳士服はるやま」など。

スーツ、ネクタイ、革靴、コート、バッグといった、ビジネス系の紳士服全般が揃えられます。

・セレクトショップ
「SHIPS」、「BEAMS」、「UNITED ARROWS」、「EDIFICE」、「TOMORROWLAND」といったショップが国内では有名です。

特定のメーカーだけを扱うのではなく、それぞれのショップがコンセプトに合わせて仕入れた製品が並んでいます。

ターゲットは百貨店よりも低めで30代以上に設定しているお店が多いようです。

以上の中で40代のメンズにオススメなのが、百貨店。

一番の理由は品物の質で、40代の男が身に着けて恥ずかしくない、ジャケットが手に入ります。

また、百貨店は店員さんの対応も良いと評判なので、これもオススメの理由の一つです。

そんな百貨店ですが、中でも特にオススメな「伊勢丹メンズ館」と「阪急メンズ館」を紹介します。

伊勢丹メンズ館
引用:http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/mens/index.html
引用:http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/mens/index.html
伊勢丹は1897年創業の呉服店系百貨店ですが、要チェックなのが新宿のメンズ館。

1968年に「男の新館」と名付けられた男性専門の百貨店をオープン、これが見事にヒットし「紳士服は売れない」という百貨店業界のジンクスを破った、と言われています。

地下1階から地上8階まで、靴、鞄、ビジネスウェア、ゴルフウェアなど、売り場総面積10,000㎡全てメンズファッションとなっているので、とてもオススメな百貨店です。

また5階のビジネスクロージングフロアは「世界No.1のテーラークロージングフロアの確立を目指す」というテーマの基、オーダーメイドのスーツ、フォーマルスーツなども扱っています。

阪急メンズ東京
引用:http://www.hankyu-dept.co.jp/mens-tokyo/
引用:http://www.hankyu-dept.co.jp/mens-tokyo/
阪急は1920年に大阪の梅田にて創業した百貨店で、ファッション業界においては「東は伊勢丹、西は阪急」と言われるほど。

2008年に大阪に「阪急メンズ大阪」を開業した後、東京銀座にも「阪急メンズ東京」をオープンしました。

伊勢丹が新宿なのに対して、阪急は銀座ということもあり、ゴヤール、ブルガリ、バレクストラ、グッチ、コーチ、プラダなど、高級ブランドが数多く入っているのが特徴です。

阪急メンズ東京も地下1階から地上8階までのフロア構成で、ジャケパンコーデには2階の「インターナショナルデザイナーズ/リゾート&カジュアルスタイル」フロアがオススメ。

ジャケット選びのポイント

image008

まずは、家を出る前のコーデからチェック。

例えばインナーにシャツを合わせたいのであれば、手持ちのシャツを着ていくことがオススメですし、パンツもデニム、チノパン、スラックス、靴は川口やスニーカーなど、予めイメージを作っておいて、そのイメージに合わせたアイテムを身につけていきましょう。

そして試着する際のサイズチェックですが、立ち姿、袖丈、背中がポイント。

立ち姿は首回りが重要で、ワイシャツの襟とジャケットの襟が隙間無く、フィットしていることを確認してください。

サイズが合っていないと、隙間ができるので要チェック。

袖丈は手首の骨が少しだけ隠れるくらいでベストで、手の甲まで長いとだらしなく見え、手首の骨が見えてしまうとパツパツな印象になってしまいます。

最後に背中のチェックですが、ジャケットが大き過ぎても、小さ過ぎてもシワが出てくるので、店員さんなど、自分以外の人に後ろ姿をチェックしてもらいましょう。

(鏡でもチェックできますが、不自然な姿勢になるとそれだけシワが出てくる場合もあるので)

素材で質感が決まる

image009

ジャケット選びにおいてもう一つ重要なのが、生地の違いによる質感の違いを知ること。

外観も変わってきますが、着心地や、向いている季節も異なってくるので、知っておいて損はないでしょう。

そこでまず紹介したいのがウール生地。

image010
原材料が羊の毛なのですが、セータ、ストール等の織物や、敷物にも使用されるものです。

シワ、型くずれに強く、スーツやジャケットでは定番の素材。

夏伝導率が低いので、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるオールシーズン使えるジャケットです。

ビジネスやフォーマル、あるいはカジュアルなコーデにも使える万能な生地なので、迷うようであればウール生地がオススメです。

続いて紹介するのがコットン生地。

引用:https://jp.burberry.com/slim-fit-tailored-cotton-jacket-p40330341
引用:https://jp.burberry.com/slim-fit-tailored-cotton-jacket-p40330341
通気性がよく、春夏のシーズンになるとオーダーが増える生地と言われています。

外観も清涼感があり、暖かい季節にピッタリの生地。

こちらもフォーマル、カジュアル問わずコーデに活用できるジャケットです。

お次はツイード生地。

引用:http://www.eddiebauer.jp/products/image.html?productId=19868
引用:http://www.eddiebauer.jp/products/image.html?productId=19868
ツイード生地は厚手の、ゴワゴワとした質感が特徴の生地。

保温性が高いのと、暖かみのあるその外観から、秋冬コーデに人気のある生地と言われています。

「アンコン仕立て」と呼ばれる、肩パッドを抜いたリラックスしたシルエットとツイード生地を合わせるジャケットも多く、どちらかと言うとカジュアルコーデの方がマッチするかもしれません。

そして、最後に紹介するのがジャージー生地。

image013
ジャージー生地は耐久性があり、シワに強く、伸縮性があるのが特徴。

ジャージー生地はカジュアルテイストなジャケットもある一方で、フォーマルを意識したものも出てきており、着心地も重視したい人にオススメです。

パンツ選び

ジャケットについて、オススメの買う場所や、選び方、生地の違いを紹介しましたが、次はパンツ選びについてお話します。

パンツにもたくさんの種類がありますが、ジャケパンにオススメなのが

・チノパン
・スラックス
・デニム

の三つ。

仮にジャケットが一つしか無くても、パンツが3つあれば3通りのコーディネートが可能になるので、これもジャケパンのメリットですね。

チノパン

http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/img/feature/uq/casualpants/men/161007-bnr-easychino.jpg
http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/img/feature/uq/casualpants/men/161007-bnr-easychino.jpg
チノパンはフォーマルコーデにも、カジュアルコーデにも使える万能なパンツ。

色やシルエットも豊富にあり、価格帯もUNIQLOの様なファストファッションブランドならば3000円前後、PT01やINCOTEXなど高級ブランドでは数万円と、予算やコーデのイメージに合わせて選べるのもメリットです。

ジャケパンはパンツの数が増えれば、ジャケットが一つしかなくてもパンツが複数あればそれだけコーデを増やすことができるので、安価なチノパンをいくか揃えるのもアリですね。

スラックス

http://pt-japan.com/cms/wp-content/uploads/2016/07/160706_pt01_07.jpg
http://pt-japan.com/cms/wp-content/uploads/2016/07/160706_pt01_07.jpg
スラックスはスーツで使用されるタイプのパンツです。

ビジネスの他にも制服にも使用され、結婚式の二次会など、フォーマル、ドレッシーなコーデにマッチするパンツです。

オススメなスラックスはこちら。

http://www.beams.co.jp/item/beamsf/pants/21230348716/
http://www.beams.co.jp/item/beamsf/pants/21230348716/
スラックスは物によって使用されている生地が違うのですが、こちらはウールフランネル材を使用したもの。

ニットアイテムとの相性が良いので、秋冬に活躍しそうな一着ですね。

ちなみにブランドはイタリアのINCOTEXですが、INCOTEXは1951年創業のパンツメーカー。

高級ブランドとしてヨーロッパ、アメリカ、日本でも高い評価を受けており、スラックスをお探しならばオススメのメーカーです。

デニム

image017

デニムはカジュアルなパンツのイメージがあるかもしれませんが、実はジャケパンにもオススメな選択のひとつ。

フォーマル、ビジネスな場には向かない場合もありますが、休日のドレスダウンコーデにはピッタリで、ジャケットとデニムのコーデも1パターンあると良いかもしれません。

ちなみにデニムには

・ストレート
・スリム
・フレア
・バギー

といったシルエットがありますが、ジャケパンにオススメなのは細身のストレートとスリム。

フレアは先に掛けて太くなるシルエット、バギーは全体的に太いシルエットなので、ジャケパンにはあまり使われない種類です。

カラーについては濃いめ、薄めのブルーもジャケパンにはあいますし、黒や白もモードなコーデにオススメ。

ただ、ダメージ加工のものについては大人っぽさが失われる可能性があるので、控えた方が良いかもしれません。

シューズ選び

image018

ジャケット、パンツと紹介してきましたが、最後に紹介するのがシューズ。

ジャケットとパンツももちろん大切ですが、やはり足下がコーデに合っていないと全体の印象が崩れてしまうので、シューズ選びも慎重におこないところ。

今回は40代メンズ向けということで、革靴に絞りオススメ2つのメーカーを紹介します。

また、靴の手入れについてもお話するので、参考にして頂ければ幸いです。

Regal

引用:http://www.regalshoes.jp/shop/g/g69KRBLBL___B______S/
引用:http://www.regalshoes.jp/shop/g/g69KRBLBL___B______S/
Regalは日本を代表するシューズブランド。

「靴を通して、お客さまに、足元から美と健康を提供する」というモットーを掲げ、価格帯や靴のタイプ別に5種類のシリーズを展開しています。

尚、金額帯は1万円代から3万円代。

特に”Regal Tokyo”と”Shetland Fox”は5つのシリーズの中でも最も品質が重視されているので、オススメです。

またRegalは日本のブランドということもあり、日本人の足に特化した木型をつかっているので、海外ブランドとはひと味違う履き心地が味わえると言われています。

Scotch Grain

引用:http://www.scotchgrain.co.jp/top.php
引用:http://www.scotchgrain.co.jp/top.php
Scotch Grainも日本発のシューズブランド。

Scotch Grainは創業時から扱ってきた1万足以上の木型を保有しており、日本人の足に合う靴作りを熟知したメーカーです。

社長自らが材料の革を買い付けたり、創業以来「甲革」、「ウエルト」、「中底」の三つのパーツを一本の糸でつなぎ合わせる「グッドイヤーウェルト製法」に拘ったり、品質へのこだわりはもちろんですが、購入後のサポートもオススメの理由のひとつ。

片方の靴だけの修理でも、両方の靴をメンテナンスし、中敷き、靴ヒモまで交換対応をしてもらえます。

靴の手入れも欠かさずに

引用:http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4945247554700#&gid=1&pid=1
引用:http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4945247554700#&gid=1&pid=1
上質な靴を手に入れることも重要ですが、手に入れた後のケアも大切。

まず、靴を脱いだら型崩れを防ぐためにシューキーパーを使うのがオススメです。

シューキーパーは型くずれだけでなく、湿気、脱臭、殺菌といった役割も果たしてくれます。

特に木製のシューキーパーは余分な水分を吸収したり、木質に含まれている抽出成分の働きで殺菌してくれたりするのでオススメ。

またブラッシングも欠かしたくないシューケアの一つです。

引用:http://www.collonil.jp/brush/img/horsehairbrush.jpg
引用:http://www.collonil.jp/brush/img/horsehairbrush.jpg
ホコリを落としたり、オイルケアの仕上げに使ったり、ブラッシュで磨くだけでも靴はツヤを戻します。

http://www.collonil.jp/upload/save_image/06121449_53993f71d7758.jpg
http://www.collonil.jp/upload/save_image/06121449_53993f71d7758.jpg
ブラッシングと合わせて行いたいのが、クリーム・オイルケア。

クリームやオイルは革に栄養や柔軟性を与え、靴の色持ちも良くなるのでオススメです。

手入れの工程としては一度ブラッシングしてホコリを落とし、それからクリームやオイルを塗ると効果的と言われています。

まとめ

40代メンズ向けのファッションとして、ジャケパンについて

・ジャケパンに合うジャケットが買える場所
・ジャケットの選び方
・ジャケパンに合うパンツの種類
・ジャケパンにオススメなシューズブランド
・靴を長持ちさせるためのケア方法

といったトピックについてお話しました。

ジャケットについては、40代前後のメンズがターゲットになっている

・「伊勢丹メンズ館」
・「阪急メンズ東京」

の二つを紹介。

この二つなら、上質なジャケットだけでなく、パンツ、シューズも入るでしょう。

その他にもジャケットについては

・袖丈、背中のシワチェック
・ウール、コットン、ツイード、ジャージーといった生地の特徴

を、紹介しています。

ジャケット以外にもパンツとシューズについてお話していますが、パンツについては

・チノパン
・スラックス
・デニム

の3つを紹介。

シューズについては

・Regal
・Scotch Grain

とい2つの日本ブランドを紹介し、手入れの方法についてもお話しました。

新しいスタイルの服を揃えるのは少し大変かもしれませんが、この記事の内容が少しでも役に立てば幸いです。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら