ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

夏もスーツが勝負服のあなたへ送る。夏用メンズスーツ特集!

ビジネスマンに欠かせないスーツ。

近年、夏はクールビズが謳われていますが、ここぞという会議や商談の日、あるいは勤める企業の業界によっては、夏でもスーツを着る日が多いかもしれません。

そしてスーツは長袖、長ズボンで肌を出せない上に、ジャケットも羽織るので暑いですよね。

外を数分歩くだけで汗ばんできますし、お客さんに会う頃には汗だくになっているかもしれません。

しかし、そんな夏でも快適に過ごすことができるスーツがあるのをご存知ですか?

特殊なコーティングで表面温度が低く抑えることができたり、ひんやりとした裏地で快適に過ごすことができたり、様々な工夫が施されています。

こうしたスーツを着れば、外出の度に困る事はありませんし、夏の仕事もバンバンこなせるはず。

ということで、今回は夏用のメンズスーツを紹介しつつ、シャツやインナーに関しても夏にオススメな物を紹介するので、参考にして頂ければ幸いです。

夏用のスーツは生地選びから

image002

スーツには夏用、冬用、オールシーズンと種類があり、それぞれ仕様が異なります。
例えば「生地」の違い。

夏用のスーツの生地に求められるのは「通気性」や「軽さ」と言った要素で、薄く、織り方の粗い生地が適していると言われています。

素材で言えばサマーウール、リネン+リネン、モヘアといったものが主流ですが、より具体的に夏用にオススメな生地を3つ紹介します。

ゼニア – クールエフェクト

引用:http://www.zegnagroup.com/images/il_lanificio/i_tessuti/big/10_cool_effect.jpg
引用:http://www.zegnagroup.com/images/il_lanificio/i_tessuti/big/10_cool_effect.jpg
まずはイタリアを代表するファッションブランドである、ゼニアの「クールエフェクト」。

ゼニアは国家元首、実業家、芸術家、俳優、スポーツ選手も愛用する高級ブランドですが、そんなゼニアが2010年に発表したのが「夏でも着られるダークカラーのスーツ」というコンセプトの「クールエフェクト」です。

引用:http://www.zegnagroup.com/images/il_lanificio/i_tessuti/i_tessuti.jpg
引用:http://www.zegnagroup.com/images/il_lanificio/i_tessuti/i_tessuti.jpg
そもそもスーツというだけでも暑いのに、太陽光を反射せず、むしろ太陽光を吸収してしまうダークカラーでも涼しく着ることができる「クールエフェクト」の秘密は、その生産工程にあります。

ゼニアはダークカラーでも太陽光を反射させる事ができる、特殊トリートメントを自社開発し、「染め」と「仕上げ」の2回に分けて処理を施しているのです。

トリートメントの詳しい内容に関しては企業秘密とのことなのですが、この処理によりスーツの表面温度を従来よりも10℃近く下げることに成功しています。

このトリートメントの優れている点は、その機能性はもちろんのこと、ゼニア特有の生地の風合いを失う事なく、二重にトリートメント処理することにより、クリーニング後もその効能が失われない点です。

特殊トリートメントともう一つ、クールエフェクトに隠された秘密は生地の薄さと、織り目の粗さ。

生地を光にかざすと光が透けて見え、通気性の良さが伺えます。

原材料は平均直径が17ミクロン以下の「スーパーファインウール」が使用されているのですが、スーパーファインウールを従来よりも強く撚った「強撚糸」として使用することにより、粗い織り目でも十分な強度を実現することに成功しました。

世界トップレベルの高級ブランドの風合いに加えて、涼しさも兼ね備えたゼニアのクールエフェクトですが、是非一度手に取ってみてください。

Invista – Cool Max

引用:https://coolmax.com/
引用:https://coolmax.com/
“Cool Max”は大手繊維会社のインビスタ社が1986年に開発した、通気性、速乾性、そして手入れのしやすさに優れた素材です。

登場して以来、各メーカーの下着、靴下、インナー、またアパレル以外でも寝具に使われるなど、その通気性と速乾性を活かして様々な製品に活用されてきました。

従来はスポーツアパレルでの使用がメインでしたが、近年ではスーツの生地にも活用されるようになり、夏用のスーツとしての認知度も上がってきています。

こちらは洋服の青山からの一着。

引用:http://www.y-aoyama.jp/products/detail.php?product_id=20813
引用:http://www.y-aoyama.jp/products/detail.php?product_id=20813
ジャケットとパンツの両方にCOOL MAXが使用されていますが、ジャケットの肩パッドは薄く、アンコン仕立てで軽い着心地が特徴です。

またユーザーの声ではパンツの通気性が高評価ですが、浅く設定された股上で美脚効果も期待できます。

そしてこちらはSuit Select社からの一着。

引用:http://www.suit-select.jp/fs/suitselect/Jacket_kw09/JSK1551-1
引用:http://www.suit-select.jp/fs/suitselect/Jacket_kw09/JSK1551-1
デザインは胸囲から中胴への絞り込みが強調されたスリムシルエット。

COOL MAXを使用することにより、夏でも快適に着ることができる通気性を実現していますが、こちらは自宅の洗濯機でも洗う事ができるウォッシャブル仕様となっています。

尚、洗濯機を使用する場合は以下についてご注意ください。

・熱湯を掛けると変色してしまう恐れがあるため、水温は30℃以下

・脱水時間が長すぎるとシワが出来てしまう可能性があるため、脱水は15秒程に留めておくのがお勧めです

・選択コースは「弱」、「手洗い」、「ソフト」などが生地を傷めないので、お勧めです

日常生活で埃や食べ物の汚れが付きますが、夏は汗も加わるため、自宅でスーツをケアできれば、いつでも気持ち良くスーツを着る事ができますね。

AOKI – Natural Fit Cool Suit

引用:https://www.aoki-style.com/campaign/ntfitst_cool
引用:https://www.aoki-style.com/campaign/ntfitst_cool
AOKIは国内紳士服業界第2位の紳士服量販店。

CMのイメージキャラクターに亀梨和也や上戸彩を起用するなど、お茶の間での認知度も高いAOKIですが、そんなAOKIによる夏用スーツは「本当に涼しいスーツ」がキャッチコピーの「Natural Fit Cool Suit」。

引用:https://www.aoki-style.com/campaign/ntfitst_cool
引用:https://www.aoki-style.com/campaign/ntfitst_cool
特徴は以下の6つ。

1. 太陽光を反射することにより、スーツの温度上昇を抑える「遮熱性」
2. 生地内のマイクロカプセルが熱を吸収し、冷却する「温度調整力」
3. 裏地にひんやりした肌触りの生地を使用する「接触冷感」
4. パンツが自宅の洗濯機で洗う事が可能な「パンツウォッシャブル」
5. 薄肩パッド、軽量芯地仕様によって軽やかな着心地を実現する「軽量」
6. デスクワーク、外回りでの動きに適した「ストレッチ機能」

そんな、Natural Fit Cool Suitシリーズがコチラ。

引用:https://www.aoki-style.com/assets/img/upload/item/50805/87742_m.jpg?1463708425
引用:https://www.aoki-style.com/assets/img/upload/item/50805/87742_m.jpg?1463708425
胴裏と裾裏に、ひんやりとした肌触りが特徴で、蒸れやベタつきも抑えられる「キュプラ」が裏地に使用されています。

また、パンツには「クールセンサー」と呼ばれる生地が裏地使用されており、吸汗速乾性に優れているのが特徴です。

こうして肌触りや、通気性、乾性といったメリットがある一方で、人間工学に基づいたデザインとストレッチ仕様の生地で、動きやすく、気疲れしづらいスーツに仕上がっています。

夏用スーツはこの仕様がオススメ

https://www.aoki-style.com/assets/img/upload/item/50805/88612_m.jpg?1464586468
https://www.aoki-style.com/assets/img/upload/item/50805/88612_m.jpg?1464586468
夏にオススメなスーツ生地を3つ紹介しましたが、もう一つお話したいのが「背抜き」と「アンコン仕立て」について。

生地を選ぶ上でも、通気性や軽さと言った要素は重要でしたが、これらの要素はスーツ作りの仕様においても重要視されます。

既製品のスーツを買う際でも、スーツをオーダーする場合でも、「背抜き」か「アンコン仕立て」の物をオススメしたい理由をこれからお話しするので、良ければ参考にしてみてください。

背抜き

引用:http://www.y-aoyama.jp/images/flash/012/012_YTR024-15/012_YTR024-15_xl_b.jpg
引用:http://www.y-aoyama.jp/images/flash/012/012_YTR024-15/012_YTR024-15_xl_b.jpg
「背抜き」とはジャケット背部の裏地部分の作りです。

上記画像を見ると分かりますが、背中の部分の裏地が省かれています。

こうすることにより、ジャケットが軽量なり、そして通気性が良くなる、というメリットがあります。

その分、保温性が下がるため、夏用スーツ向けの仕様といえるでしょう。

また、「背抜き」以外にも「半裏」と呼ばれる仕様もあり、これは背抜きでは省かれなかった脇腹の部分まで裏地を省く仕様。

ジャケットが更に軽くなり通気性も向上するのですが、裏地を省き過ぎると、使用する生地の耐久性によっては、ジャケット全体のシルエットが崩れやすくなったり、背中の下の部分に皺が入ってしまったり、というケースもあるため、オーダーで作る際はテーラーの方にじっくりと相談した方がよいでしょう。

アンコン仕立て

引用:https://www.bronline.jp/item/detail/40376/?shop_mode=
引用:https://www.bronline.jp/item/detail/40376/?shop_mode=
アンコン仕立てのジャケットは肩パッドや芯地などが省かれた作りのジャケットです。

アンコン仕立てにすることにより、ジャケットが軽くなり、羽織やすく、そして動きやすいジャケットに仕上がります。

通気性がよくなるメリットもあり、夏用のスーツ、ジャケットには欠かせない条件ともいえるでしょう。

着疲れせず、通気性もよいアンコン仕立てですが、外観もカジュアルな雰囲気を醸し出し、従来のテーラードジャケットとひと味違うのがポイント。

ちなみにアンコンは『アンコンストラクテッド=”Unconstructed”』の略になり、直訳すると「組み立てられていない」という意味になります。

意味合いとしては「着崩された」といった感じでしょうか。

ちなみにアンコン仕立てを世に広めたのはイタリアンブランドのBOGLIOLI(ボリオリ)と言われています。

引用:https://www.bronline.jp/item/detail/40376/?shop_mode=
引用:https://www.bronline.jp/item/detail/40376/?shop_mode=

ウォッシュ加工され、程よく着古された質感が出ており、アンコン仕立てのフォルムと相まって、テーラードながらカジュアルに着られるジャケットとして評判の一着です。

シャツも涼しく

以上、ジャケットについて夏用のジャケットに関して、オススメの生地と、「背抜き」と「アンコン仕立て」について紹介しました。

夏のスーツコーデにおいて、ジャケットとパンツはもちろん大切ですが、ジャケットの内側に着るシャツはより肌に近いですし、快適に過ごす上では重要です。

ということでシャツに関しても夏にオススメな二つを紹介します。

アイスコットン

引用:http://www.spoerry1866textiles.ch/fileadmin/spoerrytextiles/produkte/icecotton/Spoerry1866_IceCotton.jpg
引用:http://www.spoerry1866textiles.ch/fileadmin/spoerrytextiles/produkte/icecotton/Spoerry1866_IceCotton.jpg
まずはスイスのSpoerry1866社が開発した、”アイスコットン”と呼ばれる素材について。

「シャリ感」と「冷感」が特徴のアイスコットンですが、一般的な冷感機能付きのシャツは化学繊維を混ぜた混紡素材を使用しているのに対し、アイスコットンは錦糸の撚りのみの天然素材100%という仕様になっています。

ちなみにSpoerry1866社はSpoerry兄弟によって1866年にスイスにて創業した紡績会社。

引用:http://www.spoerry1866textiles.ch/Created-in-Switzerland.7.0.html?&L=1
引用:http://www.spoerry1866textiles.ch/Created-in-Switzerland.7.0.html?&L=1
原材料を世界中から取り寄せながらも、スイス国内での生産に拘りを持ち、最新の機器を用いて紡績を行っているとのこと。

こちらがアイスコットンを仕様した、SUIT SELECT社の「クレリックボタンダウンドレスシャツ」です。

引用:http://fsimg.suit-select.jp/fs2cabinet/BL5/BL523019-5S/BL523019-5S-m-01-pl.jpg
引用:http://fsimg.suit-select.jp/fs2cabinet/BL5/BL523019-5S/BL523019-5S-m-01-pl.jpg
ノーネクタイが中心になる夏を想定し、襟はネクタイ無しでも形がキープされる型になっており、シャツ全体が形態安定加工なので、自宅の洗濯機での洗濯も可能。

Cool Max

スーツの素材でも登場したCool Maxですが、シャツにおいても人気の素材です。

こちらがCOOL MAXを使用したSUIT SELECT社のシャツ「スナップダウンドレスシャツ」。

引用:http://fsimg.suit-select.jp/fs2cabinet/SL6/SL623018-2/SL623018-2-m-01-dl.jpg
引用:http://fsimg.suit-select.jp/fs2cabinet/SL6/SL623018-2/SL623018-2-m-01-dl.jpg
襟元はスナップダウン式でシンプルなレイアウト、そして前身項より後身項が大きめにデザインすることにより動きやすいシャツになっています。

そしてCOOL MAXの強みである優れた通気性とき吸水速乾性はやはり一番のオススメポイントで、汗を素早く吸い、乾くのも早いため蒸発させ、涼しい着心地で心地よく過ごすことができるのです。

尚、COOL MAXは乾燥速度が一般的なコットンよりも5倍早いと言われており、汗によるムレやベタ付きが起こりにくいので、汗冷えによる風邪も予防することができます。

屋外でできるだけ涼しく過ごしたいですが、クーラーの効きが強い屋内でもありがたい性能ですね。

直接肌に触れるインナー選びも重要

引用:http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/162850/item/67_162850.jpg
引用:http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/162850/item/67_162850.jpg
スーツ、シャツと紹介しましたが、最後に紹介したいのがインナー。

直接、素肌の上にシャツを着る人もいますが、汗をかく夏はシャツが張り付いてしまうため、マナー上、インナーは着用した方が良いという説もあるようです。

尚、インナーはシャツから透けて見えないようにするのが基本なので、無地の物を選びましょう。

また色は白が透けにくくて無難ですが、ベージュやライトグレーも透けず、且つ色味があってオススメです。

そして襟のタイプも重要で、ネクタイを付けない夏場はクルーネックだと首元からインナーが見えてしまいます。

そのため、クルーネックでも襟に余裕があるものか、Vネックなどを選ぶと良いでしょう。

インナーの色や首の形を紹介したところで、具体的にオススメなインナーを紹介します。

セブンプレミアム – BODY COOLER

引用:http://www.itoyokado.co.jp/special/fashion/bodycooler/mens.html
引用:http://www.itoyokado.co.jp/special/fashion/bodycooler/mens.html
セブンプレミアムの「BODY COOLER」もオススメなインナーの一つ。

速乾性、ムレ防止、抗菌、防臭といった機能が備わっており、どれも夏場にはありがたい機能なはず。

引用:http://iyec.omni7.jp/detail/4549164113455?utm_source=HP&utm_medium=house_media&utm_campaign=iy
引用:http://iyec.omni7.jp/detail/4549164113455?utm_source=HP&utm_medium=house_media&utm_campaign=iy
ちなみにBODY COOLERは種類が豊富でして、

・VネックTシャツ
・丸首Tシャツ

の他にも

・タンクトップ
・ノースリーブ

そして以下の下着類までBODY COOLER素材を使用した物が揃っています。

・ブリーフ
・トランクス
・ステテコ
・ボクサー
・ロングボクサー
・ソックス

どれも直接肌に触れる物なので、全てBODY COOLERで揃えられれば、暑い夏も、心地よく過ごせるのではないでしょうか。

UNIQLO – AIRism

引用:http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/airism/men/
引用:http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/airism/men/
軽い着心地をはじめとして、速乾性、消臭性、抗菌性、接触冷感と、インナーに求められるあらゆる要素が詰まった一着です。

またAIRismには

・ エアリズム
・エアリズムメッシュ
・エアリズムシームレス

の3種類が展開されています。

エアリズムはベーシックなタイプですが、「エアリズムメッシュ」はエアリズムシリーズの中でも一番の速乾性を誇り、スポーツウェアのインナーとしても人気です。

そして「エアリズムシームレス」は、エアリズムシリーズの中で唯一、襟元に縫い目がないインナー。

引用:http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/img/feature/uq/airism/men/160927-bnr-seamless-v-neck.jpg
引用:http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/img/feature/uq/airism/men/160927-bnr-seamless-v-neck.jpg
通常、縫い目が無いとほつれてしまったり、型くずれしてしまったりするため、実現していなかったタイプですが、ユニクロ社の特許製法により洗濯してもほつれず、型くずれもしないインナーが完成しました。

縫い目がないメリットは、シャツやポロシャツ、Tシャツの下に着ても着ていることが目立たないこと。

Vネッックのシャツを着ることにより、ノーネクタイ状態でもインナーは見えませんが、シャツの襟元部分から縫い目が浮き出ることはしばしありました、エアリズムシームレスを着れば、そういった悩みからも解放されるでしょう。

まとめ

夏用にオススメなメンズスーツというテーマの基、夏に適したスーツ生地ブランド、スーツの仕様、シャツ、そしてインナーについて紹介しました。

まず、紹介したスーツの生地は

・ゼニアの「クールエフェクト」
・Invista の「COOL MAX」
・AOKIの「Natural Fit Cool Suit」

この3つです。

ゼニアの「クールエフェクト」は自社開発した特殊なトリートメントを使用しており、通常であれば太陽光を吸収してしまうダークカラーでも、太陽光を反射し熱を溜め込まない仕様になっているのが特徴です。

またInvistaの「COOL MAX」はスポーツウェアや寝具にも使用される素材で、その通気性と速乾性はCOOL MAXが世に登場した1986年以来、世界中で高い人気を誇っています。

AOKIの「Natural Fit Cool Suit」は「遮熱性」、「温度調整力」、「接触冷感」、「パンツウォッシャブル」、「軽量」、「ストレッチ機能」という6つの要素がキーワードとなっています。

裏地に冷感のある生地を使用しており、夏用スーツに求められるありとあらゆる機能が備わっている、といえるでしょう。

以上のブランド3に加えて、

・ジャケットの通気性と着心地を向上させる「背抜き」と「アンコン仕立て」

・冷感性、通気性に優れた夏にオススメなシャツ「アイスコットン」、「COOL MAX」

. 速乾性、消臭性、接触冷感といった機能を備えたインナー「BODY COLLER」、「AIRism」

も、紹介しています。

以上、スーツをはじめとして、シャツやインナーについてもお話しましたが、夏場も心地良くお仕事できるよう、この記事が参考になれば幸いです。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら