ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

【だからあなたはかっこ悪い!?】 間違えたらいけないスリーピース着用時の4つのポイント

正統派スーツとして日本、英国、米国など世界各国で着用されているスリーピース。

クラシカルで上品なイメージを与えることができますが、ほんの少し間違うとどこかさえない印象に・・・。

そこで今回は、あなたが大人の男らしさを演出するためにスリーピース着こなしポイントを4つお伝えします。

ほんのちょっとしたポイントなのですが、これらの間違いを犯すと途端にさえない男になります。

くれぐれもご注意を・・・

ベストはジャストフィットで

引用 http://www.global-style.jp/archives/tag
引用 http://www.global-style.jp/archives/tag

オフの休日スタイルにTシャツと合わせてゆるいベストを着用している男性も多いですが、 スリーピース時はジャストフィットなモノをチョイス。

サイズ感があっていないベストはジャケットを脱いだ際にだぼつきが目立ち、相手にルーズな印象を与えてしまいます。

特に腕の付け根は要チェック。

サイズによって太さが異なるためだぼつきやすいです。

上品かつ落ち着いた雰囲気を演出できるスリーピースはジャストフィットが正解です。

衿は飛び出さないように

あなたの顔周りを華やかにしコーデの完成度を左右するため衿は外せない重要ポイントです。

以下の画像をご覧ください。

ベストの衿の上にシャツの衿が飛び出しています。

引用 http://fashion.adeliepenguin.info/3209.html#i
引用 http://fashion.adeliepenguin.info/3209.html#i

どこかだらしのない印象を抱きませんか。 どこかさえない印象を抱きませんか。

一方こちらの画像をご覧ください。

引用 http://fashion.adeliepenguin.info/3209.html#i

最初の画像に比べて上品な大人の雰囲気を感じるのではないでしょうか。

ほんのちょっとした違いですが衿の形はあなたをだらしなくも上品にも見せます。 シャツとベスト両方の衿をチェックすることを忘れずに。

ベストとスラックスの間を見えなくする

引用 http://uenoya-shirt.com/?pid=3903078
引用 http://uenoya-shirt.com/?pid=3903078

スリーピースを上品かつ渋く着こなすために絶対守らなくてはならないルールが「ベストとスラックスの間を見えなくすること」。

もし、茶皮ベルトやシャツが顔をだすと途端に垢抜けない印象に。 くれぐれも、ベストとスラックスのサイズ感を間違えないように注意しましょう。

また、サスペンダーをつけるのもオススメです。

ベストがサスペンダーを丸々隠してくれるため悪目立ちすることはありませんし、ベルトやバックルが顔を出すこともありません。

さらに下半身のシルエットが綺麗に整いシャツがだらしなくたわむことも防げます。

カジュアル&トレンドに注意

ワインレッド調のカラーベストやパーカーベスト、極端に丈が短いベスト・・・

メーカーから様々なベストが販売されています。

もちろん、オフの休日スタイルにカジュアルベストを着用することは悪いことではありませんが、信頼感や誠実性を与えたいビジネスシーンではカジュアルベストは不釣合いです。

また、相手と親しくなり関係性を構築したいシーンではダブルベストやU字型ベストなどトレンド色の強いベストは控えましょう。

カジュアルベストやトレンド色の強いモノで攻めると相手からの共感を得にくくなります。

最悪、相手に悪い印象を与えることも・・・。

王道でクラシックなモノを選ぶのが大人のマナーです。

引用 http://blog.livedoor.jp/hsu_kyoukai/archives/52131331.html
引用 http://blog.livedoor.jp/hsu_kyoukai/archives/52131331.html

まとめ

matome_suit今回はスリーピースの着こなしポイントを4つご紹介しました。

1 : ベストはジャストフィットで
2 : 衿は飛び出さないように
3 : ベストとスラックスの間を見えなくする
4 : カジュアル&トレンドに注意

上記の4点を守れば上品かつ落ち着いた大人の雰囲気を演出できます。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら