2020年2月27日

2万円でオーダースーツ!?人気急上昇のパターンオーダーとは?

オーダースーツに挑戦してみたいと思っているあなた。

「パターンオーダー」というシステムはご存知ですか?

実は、パターンオーダーは既製服と注文服の良いところ取りをした、現在人気のオーダーシステムなのです。

では、一体オーダーメイドやイージーメイドと何が違うのか?

3つのオーダーシステムをそれぞれご紹介して、それを踏まえた上でパターンオーダーの魅力に迫っていきます。

オーダーメイド

引用 http://vogatailor.com/voga-donna.html
引用 http://vogatailor.com/voga-donna.html

オーダーメイドは、ディティール、サイズ、型紙などすべてにおいて指定ができるオーダーシステムです。

オーダーメイドには「ハンドメイド」と「マシンメイド」の2種類があります。

ハンドメイドは、一つ一つの作業が職人が手作業で行うため18万円から100万円程度の高級なモノまであります。

さらに完成までに1~2ヶ月程度かかることも。

マシンメイドは、ミシンを使って縫製することを意味します。

日本ではマシンメイドが主流で、8万円台から仕立てられるます。

イージーオーダー

引用 http://www.sarto.jp/about/
引用 http://www.sarto.jp/about/

イージーオーダーは100~500種類ほどの型紙の中から、その人に合ったモノをチョイスします。

さらに、その人の体型に合わせて加工修正するので、想像以上に自由が利きます。

ただし自由度やフィット感はオーダーメイドの方が上です。

その分、5万円台からと安価に仕立てられます。
(型紙の種類を多く持っているテーラーほどフィット感のある仕立てができるため、値段は高くなります)。

納品は2~3週間ほどが一般的です。

また、生地、ボタン、裏地などの自分好みのティティールを選ぶことができます。

パターンオーダー

引用 http://www.global-style.jp/archives/2154
引用 http://www.global-style.jp/archives/2154

パターンオーダーは、サンプルジャケット(ゲージ)を試着して、既製服の中から体型に合うものを選びます。

そこから工場で体型補正をしながら仕立てます。

セレクトショップに並んでいるジャケットよりも、フィット感のあるモノを入手できます。

生地、ボタン、裏地などのオプションが数種類用意されており、その中から好みのディティールを選びます。

また、相場は3~8万円と言われており、テーラーによっては2万円を切ることもあります。

納品は2~3週間ほどが一般的です。

なぜパターンオーダーが人気なのか

引用 http://xn--nckg2a1d4c2cycb9fdcb.com/koukyuu-suit/
引用 http://xn--nckg2a1d4c2cycb9fdcb.com/koukyuu-suit/

オーダーシステムを3つご紹介しましたが、中でも人気なのがパターンオーダーです。

オーダーメイドはフィット感や自由度に優れているのですが、その分値段が高く納期も長いため、気軽に手を出せる物ではありません。

一方、イージーオーダーやパターンオーダーは納品が2~3週間と比較的早く、値段も10万円を切るモノもあるので手が出しやすいです。

ただ、トレンドを取り入れることが得意な既製服を基盤にしたパターンオーダーの方が、ファッション面から見て優れていることが多々あります。

さらにセレクトショップに並んでいるジャケットに比べ、ディティールも自分好みにしやすいというメリットがあります。

まさに、既製服と注文服の良いところ取りをしたのがパターンオーダーなのです。

まとめ

今回は3つのオーダーシステムをご紹介しました。

オーダーメイドは、フィット感やディティールなど全てを自由自在に仕立てることができる反面、2~3ヶ月の納期と18~100万円程度します。

イージーオーダーは、既にある型紙の中から選ぶため2~3週間の納期と10万円以下で購入できるのが魅力ですが、トレンドを反映しにくいため、ファッション面で問題を抱えているモノも見かけます。

パターンオーダーは、既製服の中から選ぶため2~3週間の納期と2万円以下で購入でき、さらにトレンドも取り入れやすいのでファッション面にも優れています。

image012

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス