2020年6月6日

【大人のあなたへ】ジャケパンをセンス良く着こなす5つのコツ

ジャケパンをセンス良く着こなすためには5つのちょっとしたコツがあります。

この5つのコツさえ守れば大きく外れることありません。

むしろ、ビジネスシーンやデートなどの際にはこれらのコツを取り入れて、相手を魅了することもできます。

それではこれから、ジャケパンをセンス良く着こなす為のコツをご紹介します。

ジャケットとパンツはコントラストを意識する

ジャケパンをセンス良く着こなす基本は、ジャケットとパンツのコントラストにメリハリをつけることがポイントです。

濃いネイビーのジャケットに薄いネイビーのパンツを組みあわせるという、近い色を組み合わせてコントラストがぼやけてしまうと失敗する可能性が高いです。

そこで、ブルー系のジャケットにホワイトパンツを組み合わせたり、灰色のジャケットにブルージーンズを組み合わせることにより、コントラストが生まれセンス良く着こなすことができます。

上級者はジャケットとパンツを同系色でまとめることがあります。

しかし、コントラストを意識したほうが失敗はしません。

http://www.beforeeesunrise.com/
http://www.beforeeesunrise.com/
http://thehappynegro.tumblr.com/post/53408541248
http://thehappynegro.tumblr.com/post/53408541248
http://citizencouture.com/2011/08/pitti-uomo-80/
http://citizencouture.com/2011/08/pitti-uomo-80/

シルエットはタイトに

センスのいい着こなしと野暮ったい印象を与える着こなしの違いはサイズ感にあります。

身体に合った、タイトなシルエットを意識するだけで、印象はガラリと変化します。

もし、大きいサイズを着用してしまうと、肩や腕、腰まわりがダラリと大きく見え、ジャケットに着られている感がでます。

大人の男はシルエットにこだわります。

ジャケットを購入するときは、肩パットが無い・薄いものを選びます。

もし肩パットが厚ければ、ガッチリとした印象になりスマートに着こなせなくなります。

また、サイズ感ですがウエストと袖丈が重要です。袖丈はシャツやインナーが1.5cmほど出るものを選びます。

ウエストに関しては、実際に着用して身体のラインに合う物を選びます。
 

http://www.nytimes.com/
http://www.nytimes.com/
http://otokomaeken.com/ 
http://otokomaeken.com/
http://www.hanneli.com/at-pitti-uomo/
http://www.hanneli.com/at-pitti-uomo/

ベルトと靴は同系色でまとめる

これはスーツスタイルにも共通します。

黒の革靴に茶系のベルトだとバランスが崩れてしまいます。

全く同じ色にする必要はありませんが、同系色にまとめると全体のバランスが整いセンス良く着こなすことができます。

ベルトと靴の色をあえて外すこともありますが、難易度は高くなります。

積極的に挑戦しても面白いですが、同系色でまとめるとまず失敗しません。

バッグなどの小物類に関しても、同系色でまとめると全身のバランスはよくなります。

http://otonaninareru.net/colour-cordinate-shoebelt/
http://otonaninareru.net/colour-cordinate-shoebelt/

季節に合わせた素材を選択

夏は涼しげな素材を。冬は厚手の素材を。

というように季節に合わせてジャケットの素材を変えていきます。

大切なのは現在の季節にマッチした快適な素材を選択することです。

春夏:トロピカル、コットン、オックスフォード、モヘヤ、シルク、サキソニー(薄手)

秋冬:フランネル、ツイード、カシミア、ウール、サキソニー(厚手)

季節別に素材をご紹介しましたが、実際にはカシミア+リネンなど1枚のジャケットには複数種類の素材が使用されていることも多いです。

ですので、その日の気温や外出先の雰囲気に合わせてジャケットを変えることが大切です。

大胆な色で攻める

ジャケパンはビジネスや女性とのデートなど幅広く着用できますが、マンネリ化しやすいというのも事実です。

毎回グレーのジャケットと青いジーンズの組み合わせで相手にお会いすると、相手がマンネリ化するのは当然の事、ワンパターン男として認識されかねません。

もちろん、毎回全く同じスタイルではないにせよ、色合いが似ていると、そのようなことがおこります。

大胆な色で攻めると相手が受ける印象も変わるのですが、ハードルは高いと思います。

そこで、まずはカラーパンツを取り入れるといいでしょう。

レッドのパンツはグレーのジャケットと愛称が良いですし、黄色などのパステルカラーも取り入れやすいです。

ポイントは、コーデ全体の鮮やかさを抑えることです。
 

http://otokomaeken.com/
http://otokomaeken.com/
http://preppyornotpreppy.tumblr.com/
http://preppyornotpreppy.tumblr.com/
http://www.jillroberts.com/
http://www.jillroberts.com/

まとめ

いかがでしたか?

ジャケットとパンツはコントラストを意識する、シルエットはタイトにする、ベルトと靴は同系色でまとめる、季節に合わせた素材を選択する、大胆な色で攻める。

これらのコツを取り入れるだけで見違えるほどジャケットをセンスよく着こなせます。

ぜひ、ビジネスシーンやデートなどの際にはこれらのコツを取り入れて、相手を魅了してください。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス