ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

30代初めてのオーダースーツメソッド 【チャプター1オーダーの種類】

体育会系の運動部に所属してハードなトレーニングを積んできた方や、標準体型より腕が長い方や太腿が太い方などが、スーツを購入する際に悩むのがサイズ選び。

既製品では、どうしても肩 胸 腕そして太腿などがぱんぱんではちきれそうになるので、大きめのサイズを選ぶとウエストはユルユル、着丈や袖丈が長くなりどうにもカッコ悪い。

ショップなどでお任せにするのだけれどなんだか違う。

この記事では、こんな悩みをお持ちのあなたに、オーダースーツをわかりやすく解説します。

今回はオーダーの種類についてです。

既製品とオーダースーツはどこが違う?

image004
既製品とは一般的に身長や体型に合わせたパターンを用いて工場で大量に生産されるスーツです。
S. M. L やY6 A7などのサイズ表記がされています。
オーダーメードは工場で縫製するもの、手縫いで縫製するものがあり、オーダーに合わせて生産されるスーツです。
サイズの表記はありません。

既製品スーツのメリットとデメリット

既製品のスーツのメリットは、価格が安く手に取ったその場で購入できることです。

これは、大量生産によるコストダウンによって実現されています。

スーツの価格を決めるのは、生地・縫製と生産量だからです。

大手チェーンで、低価格帯商品の品揃えが豊富となるのもうなずけます。

デメリットですが、これはサイズが合わない・気に入ったデザイン・生地がないなど、どうしても選択肢が少なくなることです。

また、ロット生産ですので、昨日までお気に入りのスーツが店頭に並んでいたのに、今日買いに来たら無かった、入荷はもう無いという事も起こり得ます。

オーダースーツのメリットとデメリット

オーダースーツのデメリットから言いますと、1番は既製品のスーツより価格が高くなることです。

あなたにぴったりとフィットさせるオーダーですからコストは高くなります。

デメリットの2番目は、すぐに着られないことです。
フルオーダーの場合、採寸や仮縫いオーダーを受けてからの製造などの工程が必要になり、店頭まで何度か足を運ばなければなりません。
(最近ではこれらの工程を出張サービスしてくれるお店もあるようです)

デメリットの3番目は、デザインです。

オーダースーツのメリットと表裏一体なのですが、スーツの「デザインに対する知識」がないと、テーラーにイメージがうまく伝えられず、仕上がってきたスーツが気に入らないなどということも起こり得ます。

オーダースーツをもっと知ろう

image006
オーダースーツとは、生地から選びスーツやジャケットを仕立てることです。

それでは、オーダースーツを創る際に必要なことをご紹介します。

一口にオーダースーツと言ってもオーダーの種類があります。

それでは、オーダーの方法と種類を紹介します。

オーダーの方法と種類

オーダーの方法は、イージーオーダー・パターンオーダー・フルオーダーの大きく三種類があります。

ブランドやショップによっては各社固有の名称をつけている場合もありますが、概念は大きくは変わりません。

イージーオーダー

イージーオーダースーツは、フルオーダーの良いところと既製品の良いところをハイブリットしたイメージです。

イージーオーダーは基本のパターン(型紙)を使い仮縫いせずに縫製工場で、機械縫いで仕上げます。

各ブランドやショップによりますが20から100通りほどのパターンを持っていますのでお好みのスタイルが見つけやすくなります。

しかし、フルオーダーよりはディテールの調整はできないこと。これが、デメリットとなります。

価格は一般的にフルオーダーより安く、パターンオーダーより高くなります。

仕上がり納期はフルオーダーより短く、パターンオーダーよりは長くなります。

パターンオーダー

パターンオーダースーツは、既製品のスーツを規格の範囲内でカスタマイズするイメージです。

既製品には体型を表すA B Y体などの型がありますよね、こちらのタイプ別のゲージ服と呼ばれるサンプスーツを試着して身幅(胸回)や着丈 袖丈などを調整します。

一般的には、タテ寸法の変更は可能ですが、ヨコ寸法と体型の補正は指定できないことが多いのも特徴です。

また、パターンオーダーの場合も、ほとんどが縫製工場で機械を使って縫い上げます。

ブランドやショップによってボタン ポケット 袖口の加工等も可能ですが、事前に確認が必要となります。

既製品のデザイン生地は気に入っているけどディテールの調整をしたい方に、あったオーダーの方法と言えます。

価格は一般的にイージーオーダーより安く、三種類のオーダーの中では安く仕上げることが可能です。

仕上がり納期はオーダーの中で最短となります。

フルオーダー

フルオーダーは文字通り、スーツの全てをあなたの思い通りに出来る、最高のオーダー方法です。

生地 ボタン パターン デザインにとどまらず、糸 裏地 芯地までも選ぶことができます。

ブランドやショップにいるテーラーさんと打ち合わせしながらスーツを創り上げていくのは、フルオーダースーツの醍醐味と言えるでしょう。

一般的な流れは、ブランド・ショップを選び生地を選択、細かい仕様を決めると採寸と続いて仮縫いとなります。

仮縫いはイージーオーダーやパターンオーダーではほとんど無い工程です。

しつけ糸で一旦スーツの形状にした生地を試着しデザイン シルエット ディテールの調整をしていきます。

フルオーダーの場合は職人さんによる手縫 最終仕上げの確認が行われ丁寧な工程が最大の特徴です。

価格は一番高く、仕上がり納期も一番長くなりますが、世界に一つしかないあなただけの一着ができるのもフルオーダースーツです。

まとめ

image008
今回はオーダースーツの種類を紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

オーダースーツと一口言っても、そのオーダー方法によって出来ること出来ないことがあります。

既製品のスーツでは得られないメリットを最大限に得るためにもオーダー方法を知ることは重要です。

ブランドやショップによってオーダー方法の名称が違いますので、オーダーをされる際は必ず確認してくださいね。

あなたにピッタリとフィットするスーツをオーダースーツなら見つけられるはずです。

身につけるものが変われば、気持ちも変わり、気持ちも変われば行動も変わり、行動が変われば未来も変わります。

これを機会に、オーダースーツにチャレンジしてみてください。

次回は、オーダースーツで変更できる「襟」や「ポケット」などパーツについて解説したいと思います。
男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら