2020年7月7日

ダンディデビュー最速でいくならこれ!メンズ人気サングラスブランド

サングラスが活躍するシーズンになってきました。

きちんと似合うサングラスは、大人の色気を演出してくれる強い味方です。

一方、間違えたチョイスをしていまうと、「かっこつけている」「勘違いしている」と思われてしまうこともあります。

リゾート地では気持ちが開放的になって抵抗なく着用できるのに、普段使いは自信がない・・・そんな人も多いです。

サングラスはオシャレだけでなく、大切な目を守る役目も果たしてくれます。

強い紫外線を防ぐためです。

強い日差しから肌を守るために、私たちはUVケアを書かせませんよね。

それと同じように、大切な目をトラブルから守るためにも普段からサングラスはかけた方がいいのです。

とはいっても、サングラスは重要なおしゃれアイテム。

なんでも良いわけではありません。

機能ももちろんですが、デザイン性、顔に似合うものをチョイスしなければなりません。

落ち着いた大人の男の印象も大事です。

ここでは、日本の男性に人気のあるサングラスブランドをピックアップしました。

どれも、品位を損ねないブランドばかりです。

グッチ(GUCCI)

http://www.gucci.com/jp/styles/434102J13201451# 引用
http://www.gucci.com/jp/styles/434102J13201451# 引用
セレブが愛用するサングラスブランドでお馴染みのグッチ。

メンズはスポーティなパイロットタイプのものが人気です。

グッチのモデルもしていたジェームス・フラメンコももちろん愛用しています。

圧倒的ネームバリューだけでなく、エレガントでクールなデザインが多いサングラスです。

【Gucci Presents: A behind-the-scenes look at the Gucci Bamboo Eyewear Campaign】

グッチの公式サイトはこちら
http://www.gucci.com/jp/category/m/jp_men_s_sunglasses

ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)

http://www.armani.com/jp/giorgioarmani/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/collection_section#look=174010 引用
http://www.armani.com/jp/giorgioarmani/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/collection_section#look=174010 引用
ジョルジオ・アルマーニのサングラスの特徴は、エレガントさ。

それは、男性アイテムを女性のような美しいシルエットで機能的にデザインする、という視点からきています。

男性なら誰もが憧れるアルマーニですが、サングラスも大人の落ち着きを存分に散りばめた、雰囲気のある仕上がりになっています。

アルマーニ、スーツも良いですけれどぜひ、サングラスにも注目してみてください。

【Giorgio Armani – Frames of Life – Craftmanship】

ジョルジオ・アルマーニの公式サイトはこちら
http://www.armani.com/jp/giorgioarmani

ポリス(POLICE)

https://www.policestyle.net/ 引用
https://www.policestyle.net/ 引用
ポリスは、サングラスを中心としたイタリアの老舗ブランドです。

ブラジル代表のネイマールをイメージキャラクターに迎えていることで知られています。

日本でも、GactやEXILEのATSUSHIが愛用していることでも有名ですね。

ポリスのサングラスは、全体的にストレートなデザインが多く、クールな印象を残します。

力強くも色気のある存在感あるブランドです。

【Backstage with Neymar JR and POLICE for 2016 eyewear photo-shoot】

ポリスサングラスの公認公式サイトはこちら
https://www.policestyle.net/

コーチ(COACH)

http://japan.coach.com/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=18557&DISP_NO=005003012 引用
http://japan.coach.com/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=18557&DISP_NO=005003012 引用
トレンドを取り入れつつも、いつの時代も安定のデザインのサングラスを手掛けるコーチ。

シンプルで都会的なスタイルは、デザインだけでなく、紫外線やプライベートを守る等の機能面もきちんと果たしてくれます。

【CoachMens2016 | London Collections: Men】

コーチのサングラス公式サイトはこちら
http://japan.coach.com/disp/CSfDispListPage_001.jsp?dispNo=005003012&LOC=mlp_ln_9

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)

http://www.dolcegabbana.com/eyewear/sunglasses/men/dg2142-pilot-glasses-matte-black-frame-gradient-lenses/ 引用
http://www.dolcegabbana.com/eyewear/sunglasses/men/dg2142-pilot-glasses-matte-black-frame-gradient-lenses/ 引用
イタリアを代表するブランド、ドルチェ&ガッバーナ。

エレガントさを大いに出しながらも、決して嫌味にならないのがこのブランドの大きな特徴です。

スーツにもTシャツにも水着にも似合ってしまう、こなれ感あふれる都会的なサングラスは、大人の男性にとっては心強いアイテムになるでしょう。

【Carousel: Gold Edition Sunglasses】

ドルチェ&ガッバーナのサングラス公式サイトはこちら
http://www.dolcegabbana.com/eyewear/

オークリー(OAKLEY)

http://jp.oakley.com/ja/mens/new-arrivals/new-sunglasses/sliver-r-prizm-daily-polarized/product/W0OO9342PZDP/?skuCode=OO9342-07&categoryCode=m0101 引用
http://jp.oakley.com/ja/mens/new-arrivals/new-sunglasses/sliver-r-prizm-daily-polarized/product/W0OO9342PZDP/?skuCode=OO9342-07&categoryCode=m0101 引用
スポーツ選手が数多く愛用していることで有名なオークリー。

イチローが愛用していることで有名です。

オークリーの特徴は、なんといってもその機能性。

スポーツアイウェアを中心とし、多くのプロスポーツ選手から支持を受けているだけあって、紫外線やレンズへの姿勢は他のサングラスブランドとは全く別物です。

でも、デザインもスタリッシュでかっこいいのでシーンを問わず愛用する人も多いのです。

image024
【Oakley: Defining the Face of Sport Since 1984】

オークリーの公式サイトはこちら
http://jp.oakley.com/

トム・フォード(TOM FORD)

http://www.tomford.com/tom-n.2/FT0487-P.html?dwvar_FT0487-P_color=64E#start=1 引用
http://www.tomford.com/tom-n.2/FT0487-P.html?dwvar_FT0487-P_color=64E#start=1 引用
トム・フォードは、アメリカ発のブランドです。

グッチでCEOを務めていたドメニコ・デ・ソーレとともに富むフォードが設立しました。

トム・フォードはサッカー元日本代表の中田英寿が愛用していることで知られています。

以前は圧倒的に男性ファンが多かったのですが、最近はサングラスを中心として女性にも人気が出てきました。

平子理沙さん、ローラさん、梨花さんもトム・フォードのサングラスを愛用しています。

【TOM FORD Men’s AW15 RTW and Eyewear Campaig】

トム・フォードの公式サイトはこちら
http://www.tomford.com/

レイバン(Ray-Ban)

http://japan.ray-ban.com/sunglasses/detail.php?product_id=38&select_products_class_id=120&code=RB3025%20L0205%20%2058-14&name=AVIATOR%20CLASSIC%20GOLD 引用
http://japan.ray-ban.com/sunglasses/detail.php?product_id=38&select_products_class_id=120&code=RB3025%20L0205%20%2058-14&name=AVIATOR%20CLASSIC%20GOLD 引用
男性人気雑誌、LEONにもたびたび掲載されるレイバン。

レイバンの名前の由来ですが、「ray(光線)」「ban(遮断する)」という意味を持っています。

この信念をもとに、1937年以降、ずっとサングラスのトップを走り続けてきました。

デザインも、クールでカッコイイだけではなく、可愛さも含まれているのが人気の秘密なのです。

また、著名人だけでなく、スクリーン上でもレイバンのサングラスは多く登場しています。

『ブルーズブラザーズ』『ティファニーで朝食を』『卒業白書』など名作にレイバンは度々登場していたのです。

日本のテレビドラマ『西部警察』でも渡哲也さんが着用していました。

また、木村拓哉さん、浜田省吾さん、ジローラモさん、デビッド・ベッカム、アン・ハサウェイ、マイケルジャクソンさん、トム・クルーズさんなど、多くの著名人が愛用しています。

【Clubround // A New Style Has Taken Shape】

レイバンの公式サイトはこちら
http://www.ray-ban.com/japan

プラダ(PRADA)

http://www.prada.com/ja/JP/e-store/man/sunglasses/prada-ss2016/product/SPR56S_EUFT_F05O2.html 引用
http://www.prada.com/ja/JP/e-store/man/sunglasses/prada-ss2016/product/SPR56S_EUFT_F05O2.html 引用
プラダというと女性のイメージが強いですが、プラダのサングラスは男性にも人気があります。

プラダのメンズサングラスは、エレガントさを残しつつ、スタイリッシュかつスポーティなイメージのものが多いです。

定番すぎず、遊びすぎず、バランス良いデザイン性は、プラダらしいセンスが伺えます。

【Prada Fall/Winter 2014 Men’s Advertising Campaign: Behind The Scenes】

プラダの公式サイトはこちら
http://www.prada.com/ja.html?cc=JP

カレラ(CARRERA)

http://www.carreraworld.com/sunglasses/new-gipsy-247831aoz64j6/ 引用
http://www.carreraworld.com/sunglasses/new-gipsy-247831aoz64j6/ 引用
カレラをご存じない女性も多いかと思います。

カレラは1956年にオーストリアでスポーツサングラスメーカーとして誕生したブランドです。

パリス・ヒルトン、レディー・ガガ、アッシャーなどが愛用していることで知られています。

カレラの魅力を物語るリピ客の多さ。

カレラを指名買いするファンもたくさんいるそうです。

現在はまだ知名度もそれほどなく、一部のファッションに敏感な人の間で話題になっているのですが、これからカレラを求める人は確実に増えていくでしょう。

【The Carrera Maverick collection: behind the scenes with Jared Leto】

カレラの公式サイトはこちら
http://www.carreraworld.com/

ヴェルサーチ(VERSACE)

http://uk.versace.com/men/sunglasses/246000,en_GB,sc.html 引用
http://uk.versace.com/men/sunglasses/246000,en_GB,sc.html 引用
ヴェルサーチといえば、繊細なデザイン。

イタリアブランドらしいハイセンスが光ります。

ヴェルサーチのサングラスはデザイン性だけではなく、レンズの性能も評価が高いです。

ヴェルサーチの偏光サングラスは特に支持されています。

偏光サングラスによって、雑光をカットし視界を良くしてくれるのです。

機能性もデザインも大人仕様のヴェルサーチサングラスですが、日本ではGACKTさんが愛用していることで、GACKTファンの間でも人気があるそうです。

【Versace Men’s SS14 Fashion Show】

ヴェルサーチの公式サイトはこちら
http://www.versace.com/

セイバー(SABRE)

https://sabre.fm/shop/showtime/camel-tort-bronze-clip-on-lens/ 引用
https://sabre.fm/shop/showtime/camel-tort-bronze-clip-on-lens/ 引用
セイバーは木村拓哉さんや水原希子さんが愛用していることから知名度が上がり、人気が上昇中です。

セイバーのサングラスは、スケートボーダーや、サーファーの間で広がりました。

ストリート感の強いブランドですが、普段、ビジネスで着込んでいるイメージのあるパートナーなら、きっとオンオフの良い切り替えアイテムとなってくれるでしょう。

【SB003 – Sabre Cheetah – Fitover Sunglasses by Jonathan Paul®】

セイバーの公式サイトはこちら
https://sabre.fm/

トッズ(TOD’S)

http://portraits.tods.com/index_en 引用
http://portraits.tods.com/index_en 引用
トッズというと、レザーアイテムが頭に浮かびますが、アイウエアも人気です。

定番のティアドロップタイプも安定の人気を誇ります。

サングラスのバリエーションの多さもトッズの魅力のひとつ。

サングラスを着用して「楽しむ」ことを教えてくれる、そんなアイウエアブランドです。

【Tod’s Men’s Spring Summer 2016 Campaign】

トッズの公式サイトはこちら
http://www.tods.com/ja_jp/

カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)

http://explore.calvinklein.com/en_US/explore/ckplatinum/home/eyewear/optical-T260-TLNK260/ 引用
http://explore.calvinklein.com/en_US/explore/ckplatinum/home/eyewear/optical-T260-TLNK260/ 引用
シンプルで上品な佇まいのカルバン・クラインのサングラス。

全体的に丸美帯びたフレームと、斬新さがありつつもクラシカルな印象も与える絶妙なバランスに、オシャレな大人はトキメキます。

ファッションアイテムの一部、というより、ファッションそのものといっても過言ではないほど、着こなしのアクセントになる存在感です。

【ck free】

カルバン・クラインの公式サイトはこちら
http://explore.calvinklein.com/en_US/explore

アーペーセー(A.P.C)

http://www.apcjp.com/jpn/shop/apc/Retrosuperfuture+%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9/item/view/shop_product_id/33101/category_id/410/color_id/1120 引用
http://www.apcjp.com/jpn/shop/apc/Retrosuperfuture+%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9/item/view/shop_product_id/33101/category_id/410/color_id/1120 引用
A.P.C(アーペーセー)とは、A.P.C.とは“Atelier de Production et de Creation(アトリエ・ドゥ・プロデュクシオン・エ・ドゥ・クレアシオン)、「生産と創造の工房」の略だそうです。

自由な発想がキーとなり、独自のビジョンでクリエイティブに取り組むアトリエ。

こだわりのある、追求されたデザインと機能は性別問わず、多くのファッショニスタを魅了しています。

【A.P.C 2014 Spring/Summer Hypebeast Paris Backstage】

アーペーセーの公式サイトはこちら
http://www.apcjp.com/jpn/

ディータ(DITA)

https://dita.com/shop/ambassador?id=93#174=105&175=204 引用
https://dita.com/shop/ambassador?id=93#174=105&175=204 引用
ディータは、1996年設立のロサンゼルス発のブランド。

コンセプトは「BREAK THE MOLDS」。

型にはまるな、という意味です。

型にはまらないといっても、品のある洗練されたデザインのもと。

パンクのような強い個性を出すのではなく、控えめながらもキラっと光るセンスの良さをアピールしています。

そのひとつとして、ロゴの小ささ。

ロゴを大々的にアピールするのではなく、さりげなく佇ませているあたりがオシャレ。

そして、ディータはロサンゼルスブランドでありながら、日本製。

トルクスネジという特殊な製法を使い、アイウエア全体のガタつきを防ぎます。

そのトルクスネジは、日本のメガネ作りのスキルを用いて実用することができたのです。

【DITA presents Flaunt Magazine Cover Shoot with Joseph Gordon-Levitt】

ディータの公式サイトはこちら
https://dita.com/

ペイソール(PERSOL)

http://www.persol.com/Japan 引用
http://www.persol.com/Japan 引用
ペイソールはイタリアで設立されたブランドです。

日本ではあまり知名度はないですが、イタリアではサングラスといえばレイバンと肩を並べるほど有名。

何よりペイソールの最大の特徴は、特許も取得しているという、フレキシブル構造です。

着用した人の頭の形や顔に合わせてテンプル(フレームを耳にかけるところ)が曲がるという技術を採用しています。

ペイソールのサングラスもさまざまな映画に登場しています。

『007』シリーズ、『ターミネーター2』『カクテル』『007カジノロワイヤル』など。

【Persol – Made By Hand】

ペイソールの公式サイトはこちら
http://www.persol.com/Japan

まとめ

サングラスの出番は、たくさんあります。

スポーツ(ゴルフ、登山、釣り、ドライブ、ランニング)、花粉対策、旅行、オシャレなど。

それぞれ専門性はありますが、その中でも一番出番の多いのはオシャレです。

サングラスは、見た瞬間に真っ先に目に入るアイテム。

大人の落ち着きのあるダンディへ近づくためにも、パートナーのフェイスに合ったものを選んであげてくださいね。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス