ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

コレは目立つ!おしゃれな男が持っていたい!個性あふれる腕時計3選

腕時計の形といえば、ラウンド(円形)のものが一般的です。

スイスの高級ブランドの有名モデルをはじめ、ほとんどの腕時計がラウンドです。

しかし、中にはラウンドではない、個性的で、一度見たら忘れられないような形やデザインの腕時計もあります。

この記事では、そんな個性的な腕時計を3つご紹介いたします。

あなたの腕にこれらの時計が輝けば、周りの目を引くこと間違いないでしょう!

HAMILTON(ハミルトン)

VENTURA ERVIS80 QUARTZ(ベンチュラ エルヴィス80 クォーツ)

http://www.hamiltonwatch.com/ja/collection/american-classic/ventura/elvis80-quartz/h24551131-ventura-elvis80-quartz 
http://www.hamiltonwatch.com/ja/collection/american-classic/ventura/elvis80-quartz/h24551131-ventura-elvis80-quartz

1892年にアメリカのペンシルバニア州で創業されたブランド「ハミルトン」が、1957年に発表した世界初の電子式腕時計がモデル「ベンチュラ」です。

「ベンチュラ」は、発売時12,000個以上もの販売を記録した、ブランドを代表する人気モデルで、名前の由来は、ロサンゼルス郊外の街の名から、とされています。

「ベンチュラ」のムーブメントには機械式駆動に使われる「ゼンマイ」ではなく、ボタン電池で駆動する超小型電気モーターが組み込まれています。

「ベンチュラ」の最大の特徴は、その三角形のケースデザインと左右非対称の文字盤で、1959年型のアメリカを代表する高級車「キャデラック」のデザインを手がけたことで知られる、インダストリアルデザイナーのリチャード・アービブによりデザインされました。

その斬新なデザインは、50年以上経った今でも全く色褪せることなく、アメリカを代表する博物館「スミソニアン博物館」に展示されています。

「ベンチュラ」の愛用者として最も有名なのが、当時のスーパースター、エルヴィス・プレスリーです。

エルヴィスは、主演映画「ブルーハワイ」で「ベンチュラ」を着用した他、兵役に行く時もつけていった、とされています。

また退役後も、自分で使うだけではなく、親しい友人への贈り物としても「ベンチュラ」を使っていたそうです。

「ハミルトン」のミュージアムコレクションには、エルヴィスが1965年にメンフィスで購入した、ホワイトゴールドケースの「ベンチュラ」が、宝石店の領収書と一緒に保管されています。

また最近では、映画MIB(メン・イン・ブラック)の1から3作目までに登場しています。

その主役の一人、トミー・リー・ジョーンズは「ハミルトン」の大ファンで、出演映画のほとんどで「ハミルトン」の腕時計を着用している他、文字盤全面にダイアモンドが埋め込まれている特注の「ベンチュラ」を所有しているそうです。

このモデル「ベンチュラ エルヴィス80 クォーツ」は、シルバーのケースとブレスレットで、当時のものに近いデザインを採用しながら、日付表示機能が加わり、見やすいオレンジの秒針を装備しているなどの特徴があります。

CARTIER(カルティエ)

SANTOS 100 (サントス 100)

http://www.cartier.jp/
http://www.cartier.jp/

1847年創業のフランスの高級宝飾・時計ブランド「カルティエ」が、1904年に発表した世界初の一般用量産腕時計がモデル「サントス」です。

創業者のルイ・カルティエが、友人で当時著名な飛行家だったブラジル人、サントス・デュモンの「飛行中に操縦桿から手を離すことなく時刻を確認したい」という要望に応えてオーダーした時計が「サントス」でした。

そして、それは「カルティエ」の腕時計ブランドとしてのスタートにもなりました。

当時は、時計といえば「懐中時計」だった時代で、モデル「サントス」の成功は、腕時計ブランドとしての「カルティエ」の歴史にとって重要なものとなりました。

「サントス」は、幾何学的なデザインと、ベゼルにビスが付いているのが特徴で、発表から一世紀以上経った今でも人気が高い「カルティエ」の定番モデルの一つです。

「サントス」登場後100年を記念して登場した「サントス100」は、これまでの「サントス・コレクション」にはなかった大きなサイズが特徴で、男性的なモデルとなっています。

FRANCK MULLER(フランク・ミュラー)

CASABLANKA(カサブランカ)

http://www.gressive.jp/brand/catalog/franck-muller/1048/ 
http://www.gressive.jp/brand/catalog/franck-muller/1048/

「カサブランカ」は、1992年にスイスで創業された高級時計ブランド「フランク・ミュラー」が1994年に発表したモデルです。

名前の由来は1920年代の名作映画「カサブランカ」からとされています。

天才時計師と呼ばれるフランク・ミュラーは、複雑機構を得意とする一方、一目で「フランク・ミュラー」の時計とわかる「トノウ カーベックス」と呼ばれるケースデザインを生み出しました。

「カサブランカ」は、ゴールドやプラチナの時計しかラインナップしていなかった「フランク・ミュラー」初のステンレス・スティールを採用したモデルで、それまで一部のコレクターにしか知られていなかったブランド名を世界中に広めた、記念すべきモデルです。

特徴的な「ビザン数字」の文字盤には、暗闇でも見えるように蛍光塗料が施されています。

UV加工がされていないので、長年使っていると色が変わっていくなど、経年変化を好む人にはうってつけのモデルです。

まとめ

以上、オーソドックスなラウンド型(円形)ではない、個性的な腕時計を3つご紹介しました。

三角形の非常に目につくケースが特徴の「ハミルトン ベンチュラ」、幾何学的なデザインと「ローマ数字」の文字盤が印象的な「カルティエ サントス」、一目でわかる「トノウ カーベックス」のケースデザインと「ビザン数字」の文字盤が特徴の「フランク・ミュラー カサブランカ」。

そのいずれもが個性的で、あなたの腕で圧倒的な存在感を放つ腕時計です。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら