ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

【ジャケパンで差をつける!】メンズのおしゃれ着こなし方法

 

今や大人のメンズファッションに欠かせないのが「ジャケパン」。

休日だけ楽しむのではなく、

ビジネスシーンでも取り入れたいスタイルです。

特に昨今の働き方改革や、

在宅ワーク、テレワークの普及によって、

社内外問わずに

「従来とは違った働き方」

「固定概念に縛られない働き方」

が推し進められるようになっていることからも、

「ビジネスシーンではスーツ」というだけでは、

スリーピース_ブルー

興味を持ってもらえる人になりづらくなってきています。

そこで今回は、リアルな社内会議でも、

パソコンを使ったウェブ会議でも重宝し、畏まりすぎず、

でも、おしゃれでスッキリとした好感度や信頼度も高い

「ジャケパンスタイル」の着こなしについてお話していきます。

ブラウンチェックジャケット

1. ジャケパンスタイルでメンズが気をつけるポイントとは

2. ジャケパンスタイルの着こなしポイント

3. まとめ

 

 

1. ジャケパンスタイルでメンズが気をつけるポイントとは

 

ジャケパンスタイルには、メンズが気をつけるポイントがあります。

このポイントに気をつけず、

2つのスーツの上と下を合わせて着ていてはいけません。

NG

 

確かにこれも「ジャケパン」なのかもしれませんが、

この間違ったジャケパンスタイルには

「おしゃれさ」が不足していますし、

あなたを見た人からも

「どこかチグハグで信用しづらい」

印象を与えてしまうことにもなりかねません。

(1) ビジネスシーンで選ぶ色と柄

 

「ジャケパンは自由」という印象をお持ちの方もいらっしゃいます。

それは間違いではありません。

ただし「休日」「カジュアル」ならという条件が付いてきます。

ビジネスシーンにおいてジャケパンを選ぶ場合には、

ビジネスにふさわしい」と「」をチョイスすることが重要。

 

ジャケパンスタイル

派手すぎない色や柄は必須ですし、

「大人の男」という雰囲気を忘れてはいけません。

というのも、ビジネスシーンで悪目立ちする色や柄は、

自分は好みであっても相手に良い印象を抱かせない可能性が高いからです。

 

・この人、大丈夫?

・自分の話ばかりしそう

・なんかチャライ

 

あなたの内面と相手の印象が一致しなくても、

相手がこのように受け取ってしまえば、

あなたは残念ながら「こういう人だ」というレッテルを貼られてしまい、

今後のお付き合いがスムーズに進まないこともあります。

ですから、大人の男性として

ビジネスシーンでジャケパンを着こなすなら、色は

・ネイビー

・グレー

・ベージュ

柄は

・グレンチェック

・ストライプ

などがおすすめです。

ネイビーチェック×ネイビーパンツ

 

ブラウンチェック ジャケット×ジレ

(2) 季節で選ぶ素材感

 

ジャケパンにおける季節感は素材で表現しましょう。

日本には四季がありますから、

夏でも冬でも同じ素材のジャケットやパンツを選んでいては、

相手からは「季節感のないダサイ人」と思われてしまうかもしれません。

<春夏に向いている素材>

・サマーウール

・トロピカン

・コットン

・リネン

・シアサッカー

ジャケット_春夏

<秋冬に向いている素材>

・ウール

・ツイード

・ギャバジン

・フランネル

・メルトン

・カシミヤ

ジャケット_ツイード

春夏は軽快で吸湿性に優れた素材。

秋冬は保温効果が高く、

見た目に「暖かそう」な素材が良いでしょう。

 

このように季節によって素材を選ぶことで、

着ている自分も快適に過ごすことができますし

お会いした相手にも、

ひとときだけでも季節に合った気分になってもらえるはずです。

 

(3) 着こなし必須!必要なのはコレ!

 

色や柄、素材を厳選しているのに

ジャケパンスタイルがおしゃれにならない人がいます。

これは大変残念なことですね。

でも、こういった残念なことには原因があります

その原因とは、

「サイズ感」

スーツ_ピッタリ

いくら上質で丁寧な縫製をされた

ジャケットやパンツを持っていても。

いくら季節にぴったり合った素材を選んでいても。

いくらビジネスシーンに合った色や柄を選んでいても。

 

あなたのカラダにぴったり合ったサイズの

ジャケットとパンツでないと、おしゃれに見えることはありえません。

これはジャケパンだけではなく

スーツでも同じことが言えるのですが、

テーラードジャケットやスラックスなどは「ジャストサイズ」でないと

 

・大きい場合は「だらしなく」見える

・小さい場合は「窮屈そう」に見える

 

パンツも同じで

 

・裾が「長い」場合は「だらしなく」

・裾が「短い」場合は「子供っぽく」

ジャケパン_デニム

どちらも「おしゃれ」から遠ざかったスタイリングになってしまいます。

「少しカジュアルなジャケパンだから」とは言え、

大切なのは「おしゃれな着こなし」ですから、

必ずあなたのカラダに合ったサイズを選ぶことを忘れてはいけません。

 

自分のジャストサイズがわからない場合や、

少し前とは変化してしまっている場合は、

信頼できるフィッターさんに測ってもらうことからはじめてください。

採寸

(4) 色の変化でスッキリ感も変わる

 

ジャケパンスタイルの特徴は、上下で異なっていることです。

でも、ここで注意しないと、

「ただ違っている」だけになり「スッキリ感」が失われてしまうこともあります。

そこで万能的に使いやすい

上下の色の変化を見てみると次のようになります。

 

ネイビー × グレー

グレー × ネイビー

 

下半身に濃い色を取り入れることで「安定感」が出てきます。

ジャケパンデビューを考えておられる方なら

「上がネイビー、下がグレー」

という組み合わせからスタートするのがおすすめです。

ネイビージャケパン

(5) ベルトとシューズの関係性

 

ジャケパンだからと言って、

ベルトとシューズを合わせるコツは、

スーツの場合と変わりません。

基本的には、ベルトとシューズは素材や色を合わせると、

安定したおしゃれが手に入ります。

この2つは「必ず統一」するように意識していきましょう。

オーダーシューズ

2. ジャケパンスタイルの着こなしポイント

 

ジャケパンスタイルの着こなしポイントは、

自由度が高いため個性を表現しやすいということがあります。

でも、「自由度が高い」という部分が仇になり、

ビジネスシーンにふさわしくない「ジャケパン」となり、

ひんしゅくを買ってしまう人もいらっしゃいます。

 

そのため、先ほどもお話しましたように

 

・色と柄の組み合わせ

・体型に合わせたサイズ感

・季節に合った素材

ブラウン_ジャケパン

を意識した着こなしから始めるのがポイントになります。

そして、これは業種業態にも影響しますが、

ビジネスシーンで必ず求められるのが

「清潔感」「信頼感」です。

ダークグレー(ホームスパン)のジャケット×ローファーのリンクコーデ(CHRRUT)

この2つをアピールできるジャケパンスタイルを

目指すことが大切ですし、

ジャケパンスタイルで「どんな風に組み合わせればいいの?

と迷ってしまった場合には、

この2つを優先して考えてもらいたいのです。

そうすると必然的に、

ジャケットやパンツが選べるようになりますし、

シューズやベルト、シャツやネクタイなども

バランス良く選ぶことができるでしょう。

3. まとめ

 

メンズのおしゃれの定番となりつつある

「ジャケパン」ですが、

着こなしポイントを押さえながら

アイテムを選んでいただきたいと思います。

そして、最後にもう一度お伝えしたい大切なことは

サイズ感」です。

ジャケパン

ぜひ、信頼できるフィッターさんに測ってもらい、

あなたの体型をもっともおしゃれに見せてくれる

ジャストサイズを選ぶようにしてください。

 

もし、ジャストサイズのジャケットやパンツ、シャツが見つからない場合、

あきらめる必要はありません。

私たち「ダンコレ」にご相談いただければ、

ジャケットやパンツ、シャツを、あなたの体型に合わせてオーダーすることができます。

世界で一着しかない「あなた専用」のジャケパンなら、

どこでも(ウェブ会議でも)自信を持って自分をアピールすることができるでしょう。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら