2020年7月11日

洗練された大人の男のバッグといえばエルメス

世界の一流人御用達ブランド。

洗練された大人の男が持つバッグといえばエルメス。

高級感漂う上品なバッグが欲しい・・・

そんなときにぴったりなのがエルメスです。

エルメスとは?

歴史

http://www.maisonhermes.jp/ginza/about/
http://www.maisonhermes.jp/ginza/about/

エルメスは1837年にティエリー・エルメスがパリに開いた「馬具工房」です。(ロゴのデザインも馬車ですね。)

馬具工房としてのエルメスは、ナポレオン3世やロシア皇帝など世界のそうそうたる顔ぶれを顧客として発展していきました。

時代が進み自動車が開発され、馬車の時代ではなくなってくると、皮革製品ブランドへと変化していきました。

それがティエリーの孫である3代目エミール=モリス・エルメスの代のことです。

1892年には、馬具制作技術を基に、エルメス初めてのバッグ、オータクロアが発表され、その後、腕時計、服飾品、香水などのデザイン、製造、販売まで自社で手掛ける現在のエルメスへと発展していきました。

特徴

エルメスのバッグは、なんといってもその完成度の高さ、革の美しさが人気です。

流行り廃りとは無縁で、いつ購入したバッグでも時代を超えて長く使うことができます。

https://ja.wikipedia.org/wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki

エルメスといえば、「バーキン」や「ケリーバッグ」のように女性向けのバッグが有名です。

このように女性ものブランドのイメージが強いエルメスですが、それは、もともとバッグは女性が使うものだったからです。

今では男性もあたりまえにバッグを使いますよね?

世界の一流人御用達のブランドですから、もちろん男性向けバッグも最高品質であり、洗練されたデザインです。

ここからは男性にオススメのエルメスのバッグをご紹介します。

メンズバーキン「ジプシエール」

http://umiushi.blog.so-net.ne.jp
http://umiushi.blog.so-net.ne.jp

こちらのバッグはメンズバーキンとも言われるジプシエールです。

エルメスの代表的な女性向けバックに「バーキン」がありますが、それをもとにより男性向けにデザインされたものが、この「ジプシエール」です。

バーキンはエルメスの5代目社長ジャン=ルイ・デュマ=エルメスが、偶然飛行機でイギリスの女性歌手ジェーン=バーキンと隣り合わせたことから生まれたバッグです。

ジェーン=バーキンがボロボロのかごに何でもかんでも詰め込んでいるのを見かけたジャンが、整理しなくても何でも入れられるバッグをプレゼントさせて欲しいと申し出たエピソードから誕生しました。

このようなエピソードから生まれただけあり、収納力の高さがバーキンの自慢なのですが、ジプシエールもその収納力の高さを引き継いでおり、たくさん入れても型崩れがしにくいバッグです。

それでいて、蓋がカチッとしっかり閉まり、金属の装飾も施されており、非常に美しい洗練されたシルエットに仕上がっています。

また、エルメスのバッグは大抵ハンドバッグのようなタイプなのですが、ジプシエールはエルメスの中でも珍しいショルダータイプとなっているので、男性にも使い勝手が良いバッグとなっています。

フォーマルでもカジュアルでも上品に映え、知的な雰囲気を醸しだしてくれる大人のバッグ、それがジプシエールです。

まとめ

世界の一流人御用達ブランド、エルメス。

いかがでしたでしょうか?

エルメスというと、女性ものバッグの印象が強いかもしれませんが、「ジプシエール」は、スマートな印象を与えてくれる大人の男のバッグとして人気を博しています。

きっとあなたの魅力をさらに高めてくれることでしょう。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス