ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

なにこれキレイ!一目惚れイタリア万年筆で夫のビジネスを華やかに

来月、母と二人でイタリアへ旅行に行きます。

以前から母を連れて海外へ行きたかったのですが、子供も小さいときは家をあけるわけにもいかず、なかなか実現できないでいました。

ですが、子供も大きくなって、ここへきてやっと実現できることになりました。

夫へのお土産は私のなかですでに決まっていて、イタリアの万年筆にしようと考えています。

もちろんサプライズで。

夫はビジネスではモンブランのボールペンを愛用しています。

モンブランの万年筆も持っていますが、どちらも黒一色の「ザ・万年筆」というイメージの誰もが想像するものです。

先日、夫の同僚が仕事帰りに我が家に寄った時に、胸ポケットに艶やかな万年筆がさしてありました。

夫の持っているダークなものではなく、まるでアクセサリーのような輝きでした。

聞くところによると、それはイタリアの万年筆だとか。

真っ先に、母とのイタリア旅行にピンときてその場で「夫に買ってきてあげよう」と決めました。

普段、夫はスーツの際、鮮やかな色のネクタイを好んで着用します。

なので、イタリアの万年筆を胸ポケットにさしても違和感がないどころか、スーツのコーデに一役買うのではないかと感じます。

イタリアの万年筆は日本国内で買うこともできるのでしょうが、どうせイタリアへ行くのだから、本場イタリアで買ったものを夫に使ってもらいたいです。

あまり万年筆に詳しくない私ですが、イタリアへ行く前にイタリアの万年筆を下調べしていきます。

イタリア万年筆の特徴

引用:http://www.photo-ac.com/main/detail/58909?title=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AC%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%823
引用:http://www.photo-ac.com/main/detail/58909?title=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AC%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%823
イタリアの万年筆は、艶やかで美しい物が多いです。

普通、万年筆というと真っ先に黒の軸の無骨な雰囲気のものを思い浮かべますが、イタリア万年筆は逆に黒色の万年筆はめずらしいくらいです。

イタリアらしい彩り豊かなデザインが多く、他ブランドにはない独自性があるので、日本でもイタリア万年筆のファンが多数います。

日本市場で入手できるイタリアの万年筆は、他の国の万年筆と違い、職人の手によって一本一本作り上げられているものです。

この丁寧な作業の末に、美しい万年筆が生み出されているのです。

万年筆は男性にとって、腕時計と同等のアクセサリー性を持っていて、スーツの胸ポケットからのぞくキャップは知恵的さをアピールする絶好のアイテムです。

もちろん実用性も発揮し、サインする際やメモをとるときに万年筆で筆記すると、相手にも好印象を与えます。

特にイタリアの万年筆は、オシャレなビジネスパーソンに最もマッチします。

オバマ大統領もビスコンティ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E

オバマ大統領をはじめ、アメリカの大統領がクロスの万年筆やボールペンを愛用していることは有名です。

ですが、オバマ大統領はG8の調印した際には、イタリアの老舗メーカーであるビスコンティの万年筆を使っていました。

イタリアらしい万年筆が欲しい

引用:http://www.photo-ac.com/main/detail/155582?title=Altare%20della%20Patria%E3%80%80Rome
引用:http://www.photo-ac.com/main/detail/155582?title=Altare%20della%20Patria%E3%80%80Rome
せっかくのイタリア旅行なのだから、イタリアを代表するような万年筆が欲しいと考えています。

今まで、国産ブランドばかりに手を伸ばしてきましたが、今回イタリアの万年筆を調べてみて、さすがファッション大国のイタリアと思えるような美しいものばかりに感動しました。

デザインや彩りは各ブランドによって個性もあり、見ているだけでうっとりです。

ここでは、私が実際に現地で手にしたい万年筆ブランドをピックアップしていきます。

アウロラ(AURORA)

アウロラはイタリア北部のトリノで1919年に創業されました。

実はイタリアのペンはアメリカ製のペンの影響を受けたものがほとんどです。

しかしそんな中で、アウロラはオリジナルのセルロイド製の太軸を中心にペン先からボディまで、独自の機構やデザインのものを自社の工場で作り続けています。

「Made in Italy」の精神は今もなお受け継がれています。

以下の動画はイタリア語なのですが、ひとつひとつの工程を手作業で行っている様子がうかがえます。

【Aurora Manufacturing】

アウロラの公式サイトはこちら

http://www.aurorapen.jp/

アウロラの美しさの秘密
アウロラの人気のもとになったのは、艶やかで美しい軸です。

アウロラを代表する『オプティマ』は、プラスチックではなく、アクリルレジン樹脂から作られています。

アクリルレジンは、セルロイドに似た風合いで奥行きのある色使いをすることが可能です。

多色の織り交ざった美しさが、アウロラのファンを惹きつけてはなさない秘密なのです。

記念モデルや限定が多い
引用:http://www.aurorapen.jp/limited-edition.html
引用:http://www.aurorapen.jp/limited-edition.html
アウロラは記念して製作されたものが、他ブランドに比べて多いです。

たとえば、アウロラ社の創立にちなんだ限定品は、アウロラ社80周年記念の万年筆、アウロラ社85周年記念のものなど限定発売されています。

この際には、有名デザイナーとの共作などもみられます。

引用:http://www.aurorapen.jp/limited-edition.html
引用:http://www.aurorapen.jp/limited-edition.html
同じく限定品だった『ソーレ』は、艶のある鮮やかなオレンジのボディが魅力。

イタリアの太陽をイメージしたカラーです。

限定品だったものは、どれも現在では入手困難なものばかりです。

アウロラの万年筆や、こうした需要の大きさのわりに供給が抑えてあるので、アウロラの万年筆を持つ人におおきな価値を与えていることになります。

引用:http://www.aurorapen.jp/limited-edition.html
引用:http://www.aurorapen.jp/limited-edition.html
2002年から『大陸シリーズ』として2年ごとに10年かけて発売されたものです。

それぞれのモデルで、大きく雰囲気が変わるこのシリーズはとても人気があります。

NO,1人気モデルオプティマ
引用:http://www.aurorapen.jp/product.html#optima
引用:http://www.aurorapen.jp/product.html#optima
アウロラを代表するモデル、オプティマ。

イタリアの歴代大統領も愛用しているという、由緒ある万年筆です。

内部構造も、デザインもアウロラのオリジナリティーが詰め込まれた、文句なしの仕上がりになっています。

デルタ(DELTA)

引用:http://diamond.gr.jp/brand/delta/
引用:http://diamond.gr.jp/brand/delta/
デルタは、1982年創業というとても若いブランドです。

競争が激しく、愛用する人のレベルも高い市場の中で、歴史野浅いデルタは素材、機能ともに最高のレベルのものを追求してきました。

創業当時は、他の万年筆ブランドがカートリッジやコンバーター等を手がけているなか、デルタは1900年代に採用されていたというサイドレバー式のインク吸入で世界市場へ勝負しました。

このサイドレバー式が成功し、デルタは一躍世界で有名な万年筆ブランドへと急成長したのでした。

デルタの硬くて滑らかな書き心地は、万年筆ファンを増やします。

以前公開された映画『クローズドノート』でデルタの万年筆が登場した影響で、女性に広く知れ渡り、現在でも女性愛用者が多いブランドです。

それでは、デルタの人気モデルをみていきましょう。

【Delta pen – official english video – Mobile】

ドルチェ・ビータ
引用:http://diamond.gr.jp/brand/delta/category/product/dolcevita-collection/
引用:http://diamond.gr.jp/brand/delta/category/product/dolcevita-collection/
デルタを代表するモデルです。

艶やかなイタリアの太陽を表現するオンレジと、マットなブラックのコントラストが印象的なモデルです。

クリップの先には、万年筆をポケットにさしたときに生地を傷めないよう配慮されているデザインです。

さすがイタリア、オシャレへの心配りが違います。

イタリア語で「甘い誘惑」とう意味のドルチェ・ビータは、世界の万年筆愛好家にも人気の高い万年筆です。

インディジナスピープルコレクション
引用:http://diamond.gr.jp/brand/delta/papuasi/
引用:http://diamond.gr.jp/brand/delta/papuasi/
世界の民族にフォーカスした限定万年筆です。

マサイ族、マオリ、コサック、インディオなど、民族の由来やモチーフ、伝統模様などをあしらえた歴史と息づかいを感じさせるシリーズです。

1本1本に歴史的ストーリーや根付いてきた地形にちなんで作られています。

モンテグラッパ(Montegrappa)

引用:http://www.montegrappa.com/product/isadcbpc/
引用:http://www.montegrappa.com/product/isadcbpc/
モンテグラッパが設立されたベネト地方は、伝統工芸が盛んな地域。

モンテグラッパの万年筆にも、伝統工芸が織り込まれた芸術的なデザインは、「ライティング・ジュエル(筆記具の宝石)」と呼ばれるほど高級感のある佇まいがあります。

【Montegrappa Story】

ヘミングウェイ、ジョルジオ・アルマーニなどが愛用していたことでも知られ、万年筆愛好家のあいだでも憧れの存在です。

万年筆の目利きでもうっとりするモンテグラッパの、人気モデルを挙げていきます。

リミテッド・エディション
引用:http://www.montegrappa.com/shop/limited-ed/
引用:http://www.montegrappa.com/shop/limited-ed/
モンテグラッパの中で最も美しいとされるモデルです。

目に見えない隠れた細部にも、こだわりが溢れています。

これらは熟練の職人たちによって、すべてハンドメイドで作りこんでいるものです。

高価な万年筆なので、手に入れるのは簡単ではないですが、イタリアを代表する万年筆のひとつとして一度は筆記してみたいです。

ミヤ
引用:http://www.montegrappa.com/product/ismytbfo/
引用:http://www.montegrappa.com/product/ismytbfo/
ミヤは多彩な色使いをほどこしてあり、見た目も鮮やかで手元を明るくしてくれる万年筆です。

コロンとした全体像が可愛らしくもあり、ラフな雰囲気のモデルです。

マーレン(MARLEN)

引用:https://issuu.com/marlenpen/docs/marlen_catalogue-1?e=9476803/5077771
引用:https://issuu.com/marlenpen/docs/marlen_catalogue-1?e=9476803/5077771
1982年創業、イタリアの筆記具ブランド。

他のブランドにはない、斬新なデザインが大きな特徴です。

なかでもバイタスキーが有名で、葡萄の木にちなんだネーミングになっています。

イタリアで葡萄といえばワインを想像します。

葡萄の木を思わせる深いカラーに、イタリアの人々の思いが乗せられている、そんなストーリー溢れる万年筆が、このブランドにはたくさんあります。

 
【 Spot Marlen Italy】

万年筆は楽しむものだということを、形にしてくれたブランドです。

ペン先にはシルバーとアクリルを採用し、見た目のクールさも演出しています。

手彫りでひとつひとつ仕上げる作業は、味わい深い万年筆になっています。

エレガントでありつつも、どこかに遊びココロが隠されている、そんなブランドです。

まとめ

引用:https://pixabay.com/ja/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%A0-%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E-%E5%8F%A4%E4%BB%A3-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3-1068965/
引用:https://pixabay.com/ja/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%A0-%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E-%E5%8F%A4%E4%BB%A3-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3-1068965/
イタリアの万年筆は、宝石同然。

手のひらでオーロラを包みながら筆記しているようです。

もちろん、機能性も抜群で文句なし。

イタリアの歴史とともに歩んできた各々のブランドの万年筆にも、それぞれにストーリーがあります。

私はその中のひとつの万年筆を日本に持ち帰り、夫にプレゼントし、その万年筆で夫のオリジナルストーリーを刻んでいってもらいたいです。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら