ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

ワイン好き彼女と家飲みするなら|女性向けお勧めコンビニ系おつまみ

外でデートも楽しいけれど、週末は彼女と家でワインでも飲みながらDVDを楽しむ・・・というのも気楽でいいですよね。

そんな時欲しくなるのがおつまみ。

彼女が作ってくれるおつまみも嬉しいけど、毎回だと彼女にも負担をかけてしまいます。

たまにはコンビニで仕入れて彼女に楽をさせてあげるのもいいですよ。

そこで、コンビニでも手に入る、女性向けのワインに合うおつまみをご紹介します。

最近話題の缶詰系

(引用: http://www.kantsuma.jp/about)
(引用: http://www.kantsuma.jp/about)
ここ数年で美味しすぎる缶詰が話題になり、銀座では缶詰専門店が登場するほど。

もちろんコンビニでもおつまみコーナーがあるところは多いですよね。

しかし、ワインに合うとなるとどれをチョイスしていいか分からない、という人も多いのでは。

ちょっと贅沢な缶詰

まずお勧めしたいのが国分の「缶つま」という商品。

この商品は大手のコンビニならほとんど置いてあります。

人気のあるのは「霧島 黒豚角煮」や「広島県産 かき燻製油づけ」あたりでしょうか。

(引用: http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=108)
(引用: http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=108)
(引用: http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=108)
(引用: http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=108)
また、「缶つま★レストラン」が手に入ったらラッキー。

「厚切りベーコンのハニーマスタード味」や「牛肉の赤ワイン煮」をちょっと温めたら豪華な一品になります。

(引用: http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=001&goods_id=0417200)
(引用: http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=001&goods_id=0417200)
(引用: http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=001&goods_id=0417249)
(引用: http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=001&goods_id=0417249)
オイルサーディンやホタテの燻製油漬けもワインとの相性は抜群ですね。

(引用:http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=108)
(引用:http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=108)
(引用: http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=108)
(引用: http://shohin.kokubu.co.jp/foods/lineup/index.php?goods_category_id=001&goods_sub_category_id=108)
缶詰を開けたらそのまま出さず、お皿に移し替えましょう。

女性はそんな小さなことでもきになるものです。

おすすめコンビニ缶詰

また、コンビニの缶詰では定番の「さばのみそ煮」や「やきとり」も不動の人気です。

(引用: http://www.hoteifoods.co.jp/katei/meat/01.html)
(引用: http://www.hoteifoods.co.jp/katei/meat/01.html)
実は醤油味と赤ワインの相性はとても良いので、和風の濃い味付けのものは赤ワインのおつまみとして最高なんです。

トマト味などの定番イタリアンはもちろんおつまみとして相性抜群ですが、「醤油味」と覚えておくと、「意外と合うかも」というおつまみが見つかるかもしれませんね。

(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/process/canned/?pagenum=1&page=1&sort=f&limit=15)
(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/process/canned/?pagenum=1&page=1&sort=f&limit=15)
鶏レバーは鉄分を多く含むので、鉄分が足りなくなりやすい女性の健康にも○。

そのほかセブンプレミアムなどでは「チキンのトマトソース煮」や「鮭ハラス焼」なども人気です。

(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/process/canned/?pagenum=1&page=1&sort=f&limit=15)
(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/process/canned/?pagenum=1&page=1&sort=f&limit=15)
(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/process/canned/?pagenum=1&page=1&sort=f&limit=15)
(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/process/canned/?pagenum=1&page=1&sort=f&limit=15)

小腹が空いたら惣菜系

(引用: https://pro.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/21_30_93/products_id/2397)
(引用: https://pro.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/21_30_93/products_id/2397)
コンビニのお惣菜、買ったことあります?

最近では、お惣菜も立派な夕飯の一品にもなるような商品が揃っていて、もはやスーパーなんて行かなくても済んでしまう時代。

何もしたくない日には、自炊の一人暮らしや高齢のご夫婦なら、コンビニのお惣菜でも済んでしまいそうですよね。

そんな充実したコンビニのお惣菜も、パウチなら日持ちもするので買いだめして置いても大丈夫。

すぐに食べるトレイものでも、基本が一人分なので重宝しますよね。

いくつか購入して分けながら食べると、いろいろな味を楽しめていいですね。

各コンビニではお惣菜もどんどん充実しているので、オススメのもの、人気商品などをご紹介します。

ファミマのおすすめ惣菜

<黒酢たれ大粒肉団子>
(引用: http://www.family.co.jp/goods/famicolle/regular/souzai.html)
(引用: http://www.family.co.jp/goods/famicolle/regular/souzai.html)
隠れたファンも多い、コクのある黒酢で仕上げた肉団子。

<国産鷄のサラダチキン(3種のハーブ&スパイス )>
(引用: http://www.family.co.jp/goods/famicolle/platinum/p_souzai.html)
(引用: http://www.family.co.jp/goods/famicolle/platinum/p_souzai.html)
そのままスライスして出しても、裂いてサラダに混ぜても美味しい、味付けチキン。

ヘルシーなので彼女にも好評かもしれません。

<大人のポテトサラダ>
(引用: http://www.family.co.jp/goods/famicolle/platinum/p_souzai.html)
(引用: http://www.family.co.jp/goods/famicolle/platinum/p_souzai.html)
ブラックペッパーが香る大人のポテトサラダ。

ファミマが自信を持ってオススメする「おつまみ系サラダ」です。

女性はやっぱりサラダが食べたいのです。

<ファミチキ>
(引用: http://www.family.co.jp/goods/ff/chicken/)
(引用: http://www.family.co.jp/goods/ff/chicken/)
味が濃い目のファミチキは、ちょっと小腹が空いた時にちょうど良いおつまみ。

セブンイレブンのおすすめ惣菜

<スプーンで食べる焼きとうもろこし>
(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/dailydish/)
(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/dailydish/)
これ、好きな人多いですよね。

あの屋台の焼きもろこしの味は、文句なしにあとを引く美味しさ。

<明太ポテトサラダ>
(引用:  http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/cold/daily_dish/)
(引用:  http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/cold/daily_dish/)
白い食べ物って白ワインに合うものが多いんですよね。

ポテトサラダはもちろん、明太ポテトはファンが多い一品。

<炭火焼チキンステーキ>
(引用:  http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/cold/daily_dish/)
(引用:  http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/cold/daily_dish/)
重めの白ワインには肉料理も合いますよね。

切れているのでお皿に出すだけ、手間いらずなのが嬉しいです。

<さばの味噌煮>
 
(引用: http://www.sej.co.jp/i/itemresult.html?sort=f&limit=15)
(引用: http://www.sej.co.jp/i/itemresult.html?sort=f&limit=15)
濃厚な味噌味が、日本酒だけでなく重めの赤ワインにもぴったり。

白ワインにお肉?赤ワインに魚?と思ったかもしれませんが、それは決まりごとというよりは、ワインに合う料理を選ぶための基準にすぎません。

確か昔、あの世界的ソムリエの田崎さんも、そんなことテレビでおっしゃってましたよ。

お家で飲むんだから、「赤ワインには肉、白ワインには魚」なんて堅苦しい流儀はやめましょう。

楽しく美味しく、が一番!

ローソンのおすすめ惣菜

<国産サラダチキン(レモン)>
(引用: http://www.lawson.co.jp/recommend/original/select/)
(引用: http://www.lawson.co.jp/recommend/original/select/)
さっぱりとしたレモン風味なので、白ワインに合いますよ。

これは外せない!チーズ、生ハム

(引用: http://www.ashinari.com/2009/06/07-021831.php)
(引用: http://www.ashinari.com/2009/06/07-021831.php)
ワインのお供に外せない、チーズ&生ハム。

赤ワインには、味のしっかりとした塩気の強いおつまみが合うので、チーズや生ハムが欠かせません。

生ハムはコンビニで大抵手に入り、しかも食べやすいようにカットされているので、おつまみの一品に加えておいて損はありません。

また、生ハムはカロリーを気にする女性にも嬉しい低カロリー食品。

体に優しく、お皿に盛るだけで豪華になるのでおすすめです。

また、コンビニではスライスチーズやキューブチーズ、棒状のチーズや燻製チーズなど、種類も豊富ですよね。

特に辛口の渋みのある重めの赤ワインと、チーズの相性は抜群。

ワイン好きの友人によると、燻製チーズはワインのコクが増したように感じるとのこと。
また、チーズの中でも意外な人気を誇っているのが6Pチーズ。

カマンベールチーズなどがくどく感じる女性には、なかなか評価が高いようです。

ここでちょっと、コンビニチーズに一手間加えるだけで簡単にできる、美味しいおつまみをご紹介しますね。

・漬けアボカドのチーズ和え
種を取ったアボカドはさいの目に切り、お醤油につけておきます。

3枚重ねたスライスチーズもさいの目にカット。

お醤油につけたアボカドとチーズを混ぜ合わせ、鰹節をかけて完成。

・クリームチーズの生ハム巻き
クリームチーズを棒状にカットし、生ハムを巻くだけ!

ベビーリーフなど葉もの野菜があれば、一緒に巻くとヘルシーに食べられます。

・トマトとチーズのカプレーゼ
カプレーゼはモッツァレラが定番ですが、ワインの時にはプロセスチーズの塩気もちょうどいい具合。

プロセスチーズを半分にスライスし、トマトもスライスして半月状にしてチーズにのせ、オリーブオイルをたらせば出来上がりです。

癖になるビーフジャーキー&サラミ

(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%9F-%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF-%E8%82%89-%E9%A3%9F%E5%93%81-%E8%B1%9A%E8%82%89-%E9%A3%9F%E4%BA%8B-1119697/)
(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%9F-%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF-%E8%82%89-%E9%A3%9F%E5%93%81-%E8%B1%9A%E8%82%89-%E9%A3%9F%E4%BA%8B-1119697/)
サラミもスライスタイプと棒状タイプがあるので、開封したらそのままつまめたり、切って料理に使えたりと、選べるので便利ですね。

また、どのコンビニにも置いてあるのが「カルパス」。

ビールだけでなく、ワインにも合うんですよ。

サラミのカルパスの違いは、その材料。

サラミは豚肉と牛肉を使っていますが、カルパスはそれに加えて鶏肉も使っています。

どちらも肉をミンチ状にし、調味料と混ぜて味付けしたものを、コラーゲンでできた皮に詰めて燻製加工し、乾燥させたもの。

また、サラミはイタリア発祥なのに対し、カルパスはロシア発祥。

見た目は同じようでも、こんな違いがあったんですね。

おすすめはセブンイレブンのスモークタンスティック。

(引用: http://www.sej.co.jp/i/itemresult.html?sort=&limit=)
(引用: http://www.sej.co.jp/i/itemresult.html?sort=&limit=)
この商品は、牛タンの中にチーズが入っているという優れもの。

スモークされた牛タンと、スモークチーズが一度に味わえてちょっと贅沢ですね。

しかもカロリーが1本62kcalと控えめなので、塩気と噛み応えで満腹感も得られてとってもお得です。

スライスしてサラダにトッピングするのもいいですね。

あると嬉しいチョコレート、ドライフルーツ

(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-%E6%9A%97%E3%81%84-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-183543/)
(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-%E6%9A%97%E3%81%84-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-183543/)
ワインとチョコレートやドライフルーツのマリアージュも、ぜひエントリーさせてください。

お酒に甘いもの?とも思うかもしれませんが、ワインスクールでも教えるコンビネーションです。

ここで言うワインは「甘口の赤」のこと。

そして、赤ワインにチョコレートが合うのは、お互いにポリフェノール成分が入っているからなんです。

赤ワインとチョコレートを一緒に食べると、ワインの酸味がチョコレートの苦味成分タンニンを引き出して、チョコレートの苦味をより引き出してくれるとのこと。

また、ワインとチョコレートにはどちらも糖分が含まれているので、糖分の割合が同じなら味も調和しやすいそう。

組み合わせは重い赤ワインならダークチョコ、甘口赤ワインならミルクチョコレート。

また、ワインとチョコレートではちょっと重すぎる・・・と言う人には、白ワインを合わせるのもおすすめ。

オレンジピールをチョコレートでコーティングした「オランジェット」などの柑橘系のチョコレートなら、白ワインの持つ柑橘系な爽やかさにマッチしますよ。

ちなみにオランジェットはコンビニのチョココーナーにあります。

<オランジェット(明治)>
(引用: http://catalog-p.meiji.co.jp/products/sweets/chocolate/)
(引用: http://catalog-p.meiji.co.jp/products/sweets/chocolate/)
ワインもチョコレートも、最終的には好みですけれどね。

<ローソン・うちカフェ プレミアムシリーズ「純生クリームチョコ」>
(引用: https://www.dropbox.com/s/h8bdrv96hqxrii3/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202016-10-14%2011.40.59.png?dl=0)
(引用: https://www.dropbox.com/s/h8bdrv96hqxrii3/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202016-10-14%2011.40.59.png?dl=0)
ドライフルーツですが、これはもう文句なしの相性で、ワインの代表的なおつまみの一つです。

お皿に持ってもテーブルがパッと華やかになるので、彼女も喜ぶでしょう。

赤ワイン・・・イチジクやアプリコット、ラズベリーやブルーベリーなどのベリー系

白ワイン・・・パイナップル、マンゴー

<ファミリーマート・マンダリンオレンジ>
(引用: http://www.family.co.jp/goods/famicolle/regular/kashi.html)
(引用: http://www.family.co.jp/goods/famicolle/regular/kashi.html)
そして、コンビニには「レーズンチョコ」なるものがありますよね。

普段はあまり手に取ることがないかもしれませんが、ワインのお供には最高です。

是非一度お試しください。

ワインとの意外な組み合わせ?コンビニスイーツ

(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%83%87%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%83%8C%E6%99%AF-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%81%A7%E7%84%BC%E3%81%8F-%E7%84%BC%E3%81%84%E3%81%9F-%E3%83%91%E3%83%B3-%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD-%E8%AA%BF%E7%90%86%E3%81%99%E3%82%8B-1238688/)
(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%83%87%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%83%8C%E6%99%AF-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%81%A7%E7%84%BC%E3%81%8F-%E7%84%BC%E3%81%84%E3%81%9F-%E3%83%91%E3%83%B3-%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD-%E8%AA%BF%E7%90%86%E3%81%99%E3%82%8B-1238688/)
コンビニスイーツとワイン?!意外と思うかもしれませんが、この組み合わせで楽しむ人が増えています。

今や各コンビニでの熾烈な戦いのおかげで、スイーツも本格的なものがお手頃価格で楽しめる時代。

ケーキ屋さんに行かなくても、コンビニで美味しいスイーツが手に入りますよね。

たくさんあるスイーツの中でも、ワインに合うものをご紹介します。

レアチーズケーキ・・・ほんのりとした甘さがワインによく合います。甘すぎないので男性からも人気。

プリン・・・意外ですが、プリンを口に含みつつワインを飲むと、甘みがワインの渋みや酸味を中和して良いとのこと。

アイスクリーム・シャーベット・・・ワインを出すお店のデザートや居酒屋さんでも見かけるスイーツ。甘口のワインに合いますよ。

シュークリーム・・・甘口ワインがよく合います。フランスではシュークリームとワインの組み合わせは、本格的な楽しみ方とされているそう。

やっぱりスナック菓子系

(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%9D%E3%83%86%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%A2-%E9%A3%9F%E5%93%81-%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9-464212/)
(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%9D%E3%83%86%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%A2-%E9%A3%9F%E5%93%81-%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9-464212/)
スナック菓子というとビールのおつまみというイメージですが、実はワインに合うものもあるんですよ。

スナック菓子は塩味がしっかりついたものが多いので、時々欲しくなりますよね。

<チーザ(グリコ)>
(引用: http://www.glico.co.jp/cheeza/products.html)
(引用: http://www.glico.co.jp/cheeza/products.html)
濃厚なチーズの味がワインにぴったり。

<堅あげポテト・ブラックペッパー(カルビー)>
(引用: http://www.calbee.co.jp/shohinkensaku/product/?p=20070119104831)
(引用: http://www.calbee.co.jp/shohinkensaku/product/?p=20070119104831)
堅あげポテトシリーズは、噛むほどにジャガイモの風味が楽しめるポテトスナックですが、ブラックペッパーのピリッとした刺激がワインにも合います。

<柿の種・ワサビ風味(亀田製菓)>
(引用: http://www.kamedaseika.co.jp/item/itemDetail.html?itemId=1026)
(引用: http://www.kamedaseika.co.jp/item/itemDetail.html?itemId=1026)
軽めの赤ワインと意外な相性の良さを持つ、わさび風味の柿の種。

家飲みではこの組み合わせにはまっている上級ソムリエもいるのだとか。

<セブンイレブン・サクサクコーンチーズ味>
(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/confectionery/)
(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/7premium/confectionery/)
サクサクとした食感と、チェダー、カマンベール、クリームチーズが織りなす濃厚なチーズの味わいが楽しめます。

<柿の種・たねバル チーズ黒胡椒&アーモンド(亀田製菓)>
(引用: http://www.kamedaseika.co.jp/item/itemDetail.html?itemId=1113)
(引用: http://www.kamedaseika.co.jp/item/itemDetail.html?itemId=1113)
チーズ、黒胡椒、ナッツとくれば、説明はいらないほどドンピシャのおつまみ。

コクのあるチーズ風味に黒胡椒のピリ辛感を加えた「たね」のあられにアーモンドをミックスした、チーズ・黒胡椒・ナッツの最強トリオです。

がっつり食事系

(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%8B%E3%82%A2-%E9%BA%BA-%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%B3%E7%9A%BF-%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E9%87%91%E5%9E%8B-%E8%B2%9D%E6%AE%BB-751504/)
(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%8B%E3%82%A2-%E9%BA%BA-%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%B3%E7%9A%BF-%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E9%87%91%E5%9E%8B-%E8%B2%9D%E6%AE%BB-751504/)
食事と一緒にワインを楽しむ人も多いでしょう。

そんな時にはおつまみにもなる、コンビニのお弁当や食事系のお惣菜が大活躍。

ミートソースパスタやカルボナーラなどの定番パスタから、ハンバーグや丼物まで、なんでも揃うコンビニはありがたい存在です。

セブンイレブンの食事系メニュー

<プッツァマルゲリータ>
(引用: http://www.sej.co.jp/i/itemresult.html?sort=f&limit=15)
(引用: http://www.sej.co.jp/i/itemresult.html?sort=f&limit=15)
お家で本格的なピザが楽しめます。

<こだわりソースのエビグラタン>
(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/gratin/)
(引用: http://www.sej.co.jp/i/products/gratin/)
セブンイレブンのグラタン・ドリアシリーズのラインナップはたくさんありますが、白ワインに合わせるならコレ。

ファミリーマートの食事系商品

<ファミマプレミアムサンド ひれかつカツサンド>
(引用: http://www.family.co.jp/goods/recommend/famima_premium/index.html)
(引用: http://www.family.co.jp/goods/recommend/famima_premium/index.html)
赤ワインのお供にしたい、カツサンド。

柔らかなヒレカツが絶品です。

<7種の野菜のミネストローネ>
(引用: http://www.family.co.jp/goods/famicolle/regular/souzai.html)
(引用: http://www.family.co.jp/goods/famicolle/regular/souzai.html)
寒い日には具沢山のスープ系もあり。

パンや生ハム、チーズなどを添えれば立派な食事です。

その他おすすめ

(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89-%E3%83%81%E3%82%AD%E3%83%B3-%E9%B6%8F%E8%82%89-%E6%8F%9A%E3%81%92-%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AA-%E5%AE%B6%E7%A6%BD-%E8%82%89-250863/)
(引用: https://pixabay.com/ja/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89-%E3%83%81%E3%82%AD%E3%83%B3-%E9%B6%8F%E8%82%89-%E6%8F%9A%E3%81%92-%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AA-%E5%AE%B6%E7%A6%BD-%E8%82%89-250863/)
そのほか人気のあるコンビニおつまみをご紹介します。

【ホットスナック】
レジ横のケースにある揚げ物類です。

コンビニの唐揚げやコロッケはサクサクしていてジューシー。

持ち帰ったらすぐに食べられるので人気です。

【パン】
コンビニパンも意外と人気。

チーズ系のパンは家で数秒温めたり、トースターで焼きなおしたりすると美味しいですよ。

また、くるみパンやナッツ系のパンもおすすめです。

ワインに合うコンビニおつまみのまとめ

ワインに合うコンビニのおつまみをご紹介しましたが、いかがでしたか?

定番の組み合わせや、え?と思うような意外な組み合わせも多かったはず。

ぜひ、次の機会にトライしてみてくださいね。

・これからは定番かも?缶詰
・お惣菜は小腹が空いた時の強い味方
・やっぱり、チーズと生ハムでしょう
・噛むほどにビーフジャーキー&サラミ
・女性はあると嬉しいチョコレート、ドライフルーツ
・意外とコンビニスイーツもいける
・ついつい手が出るスナック系菓子
・食事でワインを楽しむならコンビニご飯

などをご紹介しました。

改めて調べてみると、本当にコンビニは便利ですね。

上手に活用して、彼女と美味しくワインを楽しんでくださいね。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら