ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

まさにスーツのエクスカリバー、ドーメルのヴィンテージ生地たち

ドーメルのスーツでヴィンテージ生地と言えば、「スポーテックス」と「トニック」。

スポーテックスは1922年、トニックは1957年に発売されました。

共通点はどちらも爆発的なセールスを記録したこと。

トニックにいたっては、おそらく世界で一番売れた生地だと言われています。

なんと、このトニックという生地は世界中で80万メートル(800kmだいたい東京から広島ぐらいの距離)を販売し、注文してから納品まで数カ月待ちだったとのこと。

ここで、「そんなに売れて数があるのにヴィンテージ生地?」と少し疑問をもつ方もおられるかもしれません。

しかし、皮肉にも大ヒットしたがゆえに、ほとんどの生地がスーツやジャケットに仕立てられたため、現在生地として残っているものは本当にわずかなのです。

ところで、この「ヴィンテージ」というワードに、ちょっとテンションがあがってしまうのは私だけでしょうか。

もともと「ヴィンテージ」とは、「当たり年のワイン」をさす言葉だったようです。

いまでは、「価値の高い年代物のアイテム」などにも、この言葉が使われています。

まさに170年以上の歴史を持つドーメルの、「スポーテックス」と「トニック」は、価値の高い年代物の生地、と言えるのではないでしょうか。

今日はそんなドーメルのヴィンテージ生地、「スポーテックス」と「トニック」。

そして、そのヴィンテージ生地の後継生地も紹介します。

余談ですが、今日紹介する「スポーテックス」の後継生地である、「スポーテックスヴィンテージ」は、スマップの木村拓哉さんが数年前のドラマ、「南極大陸」で着用していたとのことです。

それでは、紹介していきます。

ドーメルの歴史

引用:http://www.dormeuil.com/wordpress/wp-content/themes/dormeuil/medias/timeline/1842.jpg
引用:http://www.dormeuil.com/wordpress/wp-content/themes/dormeuil/medias/timeline/1842.jpg
・1842年、ジュールス・ドーメルがイギリスから毛織物を輸入し、フランス国内販売する服地商として始まる。

・1922年、ピエール・ドーメルが、耐久性の高い世界初のスポーツ用服地「スポーテックス」をデザイン。

・1926年、「ハウス・オブ・ドーメル」ビルを、ロンドンのゴールデン・スクエアに建設。

・1957年、5年にわたる研究により、当時難しいとされていたモヘアとウールの混紡生地「トニック」を発売。

ドーメルのヴィンテージ生地たち

ドーメルのヴィンテージ生地と言えば、「スポーテックス」そして、「トニック」です。

偉大なゴルファーたちに愛された、スポーテックス(SPORTEX)

引用:https://www.facebook.com/dormeuiljapon/photos/a.328665140528489.75564.324372010957802/752639024797763/?type=3&theater
引用:https://www.facebook.com/dormeuiljapon/photos/a.328665140528489.75564.324372010957802/752639024797763/?type=3&theater
「スポーテックス」は、耐久性と快適性に優れた世界初のスポーツ用の生地、特にゴルフ用のジャケットとして、多くのゴルファーに愛用されてきました。

人目をひくキャッチフレーズ、そして大胆かつ独創的な広告で最新パターンが毎年発表されていました。

現在では当たり前になっていますが、世界ではじめて織物の耳にブランド名を織り込んだのが、この「スポーテックス」です。

生地完成をジントニックで祝ったことから、トニック(TONIK)

引用:http://www.dormeuil.com/wordpress/thumbs/wordpress/wp-content/uploads/2012/10/tonik.jpg?w=342&q=80
引用:http://www.dormeuil.com/wordpress/thumbs/wordpress/wp-content/uploads/2012/10/tonik.jpg?w=342&q=80
当時難しいとされていたモヘア高混率の生地、それを実現させたのがドーメルの「トニック」。

驚くほどの光沢と見事なドレープ感、そして華やかでシワになりにくいことがテーラーに高く評価され、瞬く間に大ベストセラーになりました。

007のジェームズ・ボンドは、当時の鮮烈なトニックの広告が元になって生まれたキャラクターだと言われています。

後継の生地たち

偉大なヴィンテージ生地の後を継ぐ生地たちを紹介します。

より軽くより機能的に、スポーテックスヴィンテージ(SPORTEX VINTAGE)

引用:https://www.facebook.com/dormeuiljapon/photos/a.328665140528489.75564.324372010957802/774556469272685/?type=3&theater
引用:https://www.facebook.com/dormeuiljapon/photos/a.328665140528489.75564.324372010957802/774556469272685/?type=3&theater
1922年当時の「スポーテックス」の耐久性を失うことなく、現代的な軽さ(380g)を実現した服地。

半世紀の時を越え、トニック2000(TONIK 2000)

引用:https://www.facebook.com/dormeuiljapon/photos/a.328665140528489.75564.324372010957802/701057909955875/?type=3&theater
引用:https://www.facebook.com/dormeuiljapon/photos/a.328665140528489.75564.324372010957802/701057909955875/?type=3&theater
当時の「トニック」の製法を現代風にアレンジし、モヘア30%で復刻。

横糸にウールとモヘアのブレンド糸を使用、しっかりした打ち込みながら軽量化に成功した服地です。

伝説は立ち止まらない、ニュートニック(NEW TONIK)

引用:https://www.facebook.com/dormeuiljapon/photos/a.328665140528489.75564.324372010957802/872589696136028/?type=3&theater
引用:https://www.facebook.com/dormeuiljapon/photos/a.328665140528489.75564.324372010957802/872589696136028/?type=3&theater
90%キッドモヘアを使用。

エレガントなスーツ、またはサマージャケットとしても最適。

まとめ

引用:http://www.dormeuil.com/wordpress/wp-content/themes/dormeuil/medias/timeline/1974.jpg
引用:http://www.dormeuil.com/wordpress/wp-content/themes/dormeuil/medias/timeline/1974.jpg
ドーメルのヴィンテージ生地はいかがだったでしょう。

・「スポーテックス」は、耐久性と快適性に優れた「世界ではじめて」のスポーツ用生地。

そして、「世界ではじめて」織物の耳にブランド名を織り込んだのも、この「スポーテックス」。

・「トニック」は、当時難しいとされていたモヘア高混率の生地を「世界ではじめて」実現させました。

170年以上の歴史と伝統を持ちながらも、新しいことに挑戦し続けるドーメル。

「スポーテックス」そして、「トニック」の後継の生地にもそれはいかされています。

まさにスーツのエクスカリバー、ドーメルのヴィンテージ生地のシリーズに袖を通してみてはいかがでしょう。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら