2020年7月16日

発表!ダンディな男のコレクション。秋にはやっぱりニットがオススメ

わくわくするファッションシーズンと言えば「秋」。

少し肌寒いけど、冬ほどの防寒はいらない。

かと言って、夏ほど暑くもないので、おしゃれに力も入れやすい。

おしゃれには「気合い」と「ガマン」が必要だと、誰かが言っていましたが、そんなことが気にならない季節、それが「秋」シーズンではないでしょうか。

今回は、そんなおしゃれに最適な季節。

少し重ね着もできちゃう季節。

「秋」から「冬」にぴったりな、ダンディ男の必需品とも言えるトップスである「ニット」をご紹介します。

現代ファッションの基準『ドルモア』

引用:http://drumohr.tokyo/upfiles/item/20160211114107_1.jpg
引用:http://drumohr.tokyo/upfiles/item/20160211114107_1.jpg
最古のニットブランドと呼ばれているのが「ドルモア」。

ドルモアのファッションは、業界での基準となっています。

シンプルなデザインなので、永く愛用できます。

裁断や縫製、生地の質は職人の技が光ります。

静かなロック『Valentino』

引用:http://cdn.yoox.biz/39/39680915lc_13_n_f.jpg
引用:http://cdn.yoox.biz/39/39680915lc_13_n_f.jpg
スタイリッシュでドレッシーと言えば「Valentino」です。

一見、スタンダードなデザインかとおもいきや、細部をよくみると激しいアクセントを加えて流行を取り入れています。

ロックテイストがほしいけれど、わかりやすいものはちょっと、、、。

少しだけ激しさがほしい、でも、ドレッシーさは失いたくない。

そんなあなたにぴったりなニットです。

アーティストが熱狂『glamb』

引用:http://fsimg.glamb-lodge.com/fs2cabinet/16a/16atknt01/16atknt01-m-01-dl.jpg
引用:http://fsimg.glamb-lodge.com/fs2cabinet/16a/16atknt01/16atknt01-m-01-dl.jpg
ロック、カジュアル、ラグジュアリー。

すべてが融合する1点をアイテムに落とし込むのが「glamb」です。

幅広いテイストを扱っていると、ブランド内でのアイテムの印象がバラバラになりがちです。

しかし、glambは幅広いテイストが融合する1点をハズすことなく、統一することで、非常に上質な大人感を出しています。

ストリート?モード?新しいテイスト『soe』

引用:https://www.instagram.com/p/vyWKSUQ9zm/
引用:https://www.instagram.com/p/vyWKSUQ9zm/
ストリートのテイスト。

モードのテイスト。

この2つの間を打ち出したのが「soe」です。

シルエットはモード、でも、近くで見るとストリートな遊び感。

ニットの楽しさを教えてくれる、新しいテイストです。

日常のエレガンス『sacai』

引用:http://www.sacai.jp/2016aw/sacai-man/img/img32.jpg
引用:http://www.sacai.jp/2016aw/sacai-man/img/img32.jpg
「日常の上になりたつデザイン」がブランドコンセプトである「sacai」。

普段着からエレガンスな雰囲気に気をつけたい。

遊び心と意外性が欲しい。

そんなおしゃれに敏感なあなたにぴったりなアイテムです。

まとめ

ニットは男性のセクシーなシルエットと、ほどよい遊び心が同居していますから、クリスマスへ向けての前哨戦として女子達の関心を集めたいなら、これ以上の選択はありません。

他の男性がデニムシャツやカットソーを着ているときに、ニットは断然目立ちます!

セクシー、すっきり、リラックス。

どれも女子が大好きなキーワード。

こんなキーワードをサッと着るだけで備えてしまえるニット。

今年の秋、手に入れない理由、ありませんよね?

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス