2020年6月7日

都会的なダウンジャケットでスッキリスマートになれるブランド4選

寒い冬に欠かせないのが、ダウンジャケット。

防寒性や防水性もあり、一度羽織ってしまうと春まで手放せなくなるアイテムですね。

そんなダウンジャケットですが、スッキリスマートなシルエットに見えるものが少ないという残念なことが起こっています。

毎年少しずつはシルエットに変化があるのですが、レディース用ほどシルエットにこだわっているように見えません。

しかし、今回ご紹介する4つのブランドは、メンズ用なのにタイトでスッキリスマートなシルエット。

ダウンジャケットを選びたいけれど、シルエットがダボッとしているので敬遠していた方も安心して購入できます。

それでは、スッキリスマートなダウンジャケットブランドをご紹介します。

MEN’S BIGI(メンズ・ビギ)

引用:https://pf.storespro.jp/_files/mens-bigi/eba0e1ffcc1ececbc7b4c1d56724d614.jpg
引用:https://pf.storespro.jp/_files/mens-bigi/eba0e1ffcc1ececbc7b4c1d56724d614.jpg
冬の定番、ダウンジャケットですが、グレーで今年のトレンドをおさえています。

さりげないグレーが大人の雰囲気を出ています。

クールな印象と都会的な細身のサイジングで、従来のダウンジャケットよりもおしゃれ度がアップ。

冬のおしゃれの自由度が増えた感じです。

RESOUND CLOTHING(リサウンド・クロージング)

引用:https://www.ass-inc.com/upfile/1478228536301532.jpg
引用:https://www.ass-inc.com/upfile/1478228536301532.jpg
デニムブランドらしく、デニムの聖地岡山で織り上げて作ったダウンジャケットです。

マリンテイストが楽しめる64クロスボーダーなので長く着て楽しめます。

ダウンジャケットというと、モコモコしたイメージですが、体にフィットしたシルエットになっているので、見た目がスッキリしています。

中綿はダウンが90%。

フェザーが10%。

軽いのに防寒性が高いのもうれしいですね。

TORNADO MART(トルネード・マート)

引用:http://images.parco.jp/wordpress/images/chiba/4096/2016/10/wpid-57fc29834f1d5_L.jpeg
引用:http://images.parco.jp/wordpress/images/chiba/4096/2016/10/wpid-57fc29834f1d5_L.jpeg
ダウンジャケットからキルティングを可能な限りなくすことで、都会の街中を意識した仕上げとなっています。

表地にはスウェードに似た素材を使っていますので、冬のコーデを崩しません。

裏地にはフィルムが張られているので、防寒性が高く湿気を逃がしてくれる機能面はうれしい特徴です。

GUESS(ゲス)

引用:http://guesseu.scene7.com/is/image/GuessEU/64H3031300Z-B489-ALTGHOST?wid=700&fmt=jpeg&qlt=80&op_sharpen=0&op_usm=1.0,1.0,5,0&iccEmbed=0
引用:http://guesseu.scene7.com/is/image/GuessEU/64H3031300Z-B489-ALTGHOST?wid=700&fmt=jpeg&qlt=80&op_sharpen=0&op_usm=1.0,1.0,5,0&iccEmbed=0
横ラインにキルティングが細かく入っているので、スタイル抜群に見えます。

100%ポリエステルなので、家で洗うこともできますから普段使いにガンガン使ってほしいですね。

スッキリとタイトなシルエットなので、特に寒い日はアウターの下に着込んでしまうこともできますよ。

まとめ

ダウンジャケットというと、たっぷりとしたシルエット。

暖かいけれど、モソモソとしたオシャレとは言い難いところが難点でした。

でも、今回紹介したブランドのダウンジャケットなら、スッキリとしたシルエットなので、冬のおしゃれにも問題なし。

いつでも出掛けるときに、サッと羽織っていくだけでオシャレ度がアップすること間違いないでしょう。

ダウンジャケットを敬遠していた方も、一度試してみてほしいと思います。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス