2020年5月30日

伝統と革新|アットリーニVSスティレ・ラティーノ

アットリーニはイタリアの伝統サルトリア。

「古き良き」は好きだけど、時々ちょっと伝統に固執しすぎる、もう少し今風の遊びも欲しい・・・そう思ったことはありませんか?

そこでご紹介したいのがスティレ・ラティーノ。

スティレ・ラティーノはチェザレ・アットリーニのセカンドラインなんです。

もっとも、アットリーニよりイタリアらしいカラフルで洒脱な色柄と、ウエストを絞ったタイトでモダンなコレクションなので、アットリーニを期待して見てみると「あれ?」となるかもしれません。

しかし、一度知ってしまうとまるで熱にうなされたかのように、スティレ・ラティーノ一筋になってしまう人が続出。

なぜ洒落者は、正統派ナポリ仕立てのチェザレ・アットリーニではなく、キートンやブリオーニではなく「スティレ・ラティーノ」に走ってしまうのか。

今日はその秘密を少しだけ覗いてみましょう。

アットリーニはどんなブランド?

引用: http://cesareattolini.com/manufacturing/
引用: http://cesareattolini.com/manufacturing/
ヴィンツェンツォ・アットリーニといえばもはや伝説のサルトと呼ばれたナポリ仕立ての父。

ヴィンツェンツォ・アットリーニは、イギリスから影響を受けたイタリアの紳士服をナポリ人の仕様に変化させ、現在「ナポリ仕立て」と呼ばれるパルカポケットやマニカカミーチャを発明したその人です。

そしてそのブランドを受け継いだのが、息子のチェザレ・アットリーニ。

チェザレ・アットリーニの服は、ナポリの男を象徴する立体的な作りと柔らかで軽やかな生地、肩の付け根のマニカカミーチャのギャザー、4つのボタンが重なるようについているキッスボタンなど、ナポリの美意識から生まれた洒落たディテールなどが特徴です。

引用: http://cesareattolini.com/collections/fall-winter-2016-2017/#&gid=1&pid=27
引用: http://cesareattolini.com/collections/fall-winter-2016-2017/#&gid=1&pid=27
また、最高級の生地を使い、それらをハンドメイドで丁寧に仕上げるのもチェザレ・アットリーニならでは。

そのため、チェザレ・アットリーニは世界最高峰と言われるキートンやブリオーニと並ぶ、いえ、その上をいく「サルトリア」として、その名を馳せています。

そういうわけで、アットリーニはナポリで一番のサルトリアというだけでなく、ナポリ仕立ての元祖ともいうべき、他のブランドとは別格のブランドなのです。

スティレ・ラティーノについて

引用: http://stilelatino.com/about-us/
引用: http://stilelatino.com/about-us/
スティレ・ラティーノはナポリ仕立ての楚を築いたヴィンツェンツォ・アットリーニの孫が立ち上げたブランドです。

アットリーニはナポリ仕立てを確立し、その伝統を守り続けてきた、いわばナポリ仕立ての名門サルトリア。

そのアットリーニ家から新たなラインとして登場したのが、チェザレの長男でヴィンツェンツォの孫である「ヴィンツェンツォ・アットリーニ・ジュニア」が2005年に立ち上げたスティレ・ラティーノです。

なんだかややこしいですね。

つまり、現在ではチェザレ・アットリーニの長男は、チェザレの父、ヴィンツェンツォと同じ名前をもらっているため「ジュニア」、そして巨匠ヴィンツェンツォは「シニア」として区別して呼ばれています。

ヴィンツェンツォ・アットリーニ・ジュニアは、9歳の頃からヨーロッパなどに同行し、父チェザレの仕事をそばで見ていました。

そして、16歳の頃にはすでに独立し、祖父の仕立て屋で働いて着実に経験を積んでいきました。
チェザレ・アットリーニが創業して20年後、ジュニアは別ラインとしてラテンアメリカ系のエリーゴ(Eligo)というブランドを出発させます。

エリーゴは改名して、現在のスティレ・ラティーノとなっているのです。

他には目もくれず、なぜ「スティレ・ラティーノ」を選ぶのか?

ヴィンツェンツォ・アットリーニ・ジュニアはなぜ別ラインを作る必要があったのでしょう?

アットリーニといえば、伝統ある正統派ナポリの家系です。

現在ヴィンツェンツォの後を継いでいるのは、次男のチェザレ・アットリーニですが、正統派であるがゆえに新しい試みはなかなか許されない雰囲気があるのです。

伝統を受け継ぐとは、時に新しいチャレンジよりもその流れを崩さぬように、絶やさぬようにすることを求められるもの。

例えば少し形を変えてみたり、モダンなコレクションを発表したりしようものなら、「一体どうしたことだ」と世界中のファッショニスタやクラシコイタリアのファンから騒がれてしまいます。

しかし、ナポリ仕立ての基礎を発明したほどの血筋を受け継いたチェザレ・アットリーニは、その豊かな創造力を押さえておくことはできませんでした。

守るべき伝統と革新の狭間での葛藤が、スティレ・ラティーノを生みだすこととなりました。

スティレ・ラティーノはチェザレ・アットリーニのセカンドラインとも呼ばれていますが・・・いえ、ブランドの創始者である長男本人自らがセカンドラインと言ってはいますが、それで片付けられるような代物ではありません。

セカンドラインというと、ただ単に「お手軽な」「廉価版」という意味合いになりますが、スティレ・ラティーノはチェザレ・アットリーニではできなかった「革新的なコレクション」を発表する新しいブランドなのです。

遊び心のある生地やディテール、自由な形や現代的な要素をクラシコイタリアのナポリ仕立て、しかもアットリーニ系統の技術で実現できるサルトリアとして誕生しました。

スティレ・ラティーノとは、ラテンスタイルという意味です。

その名の通り、スティレ・ラティーノのコンセプトは明るさと軽快さを前面に打ち出しますが、ナポリ仕立てのポイントはしっかりと押えた、真に洒脱なジャケットやスーツを作ります。

引用: http://stilelatino.com/about-us/
引用: http://stilelatino.com/about-us/
また、チェザレでは使用できないような思い切ったデザインや素材の生地を取り扱い、着る楽しさや喜びを感じられるようなスーツやジャケットを製作しています。

スティレ・ラティーノの哲学は、「現代に生きる忙しいビジネスマンのためのスタイルを、洗練された技量と新しいサルトリアでのたゆみのない研究によって生み出す。また、第2の皮膚としてのスーツ、喜びとしてのスーツ、ライフスタイルとしてのスーツ」。

また、優雅さとともにシンプルなほど豊かであると考え、現代のビジネスマンに合ったモダンな服を発表しています。

スティレ・ラティーノが廉価版ではないもう一つの理由は、その価格。

決してお安くはないのです。

ジャケットなら日本で購入すれば20万円台で、ラルディーニやキートンが発表しているサルトリオ、カルーゾなどと堂々と並ぶことのできる品質です。

それならなぜ、注目を浴びているカルーゾやラルディーニを手に取らず、あえてスティレ・ラティーノを選ぶのでしょう。

それはやはり、このブランドでしか出せない斬新さや血統からくる伝統の技を手に入れたいからではないでしょうか。

モダンな色使いと色気のあるシルエットで台頭してきたカルーゾや、絶妙な色柄とハンドメイドで人気を誇るラルディーニもとても良いですが、やはりどこか一線は超えずに冒険しない部分があります。

しかし、スティレ・ラティーノはある意味突き抜けてしまっているのです。

これからその謎がわかるラインナップをたっぷりとご紹介します。

どこがどう違うのか、その目でお確かめください。

スティレ・ラティーノのラインナップ紹介

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
それでは、FW-2016?2017年のコレクションを中心にご紹介します。

スティレ・ラティーノの存在感のあるジャケット

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ダークグレーのウールジャケットです。

パッチポケットのラフなジャケットに、クラシカルなダアブルブレストのジレの組み合わせ。

それだけでもう斬新なのに、ダブルブレストのフロントボタンをみてください。

ボタンが5つ配されて、逆三角形になっていますね。

この辺の自由な発想が、他にはない洒落たデザインですね。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
エルボーパッチのついたカジュアルなジャケット。

エリの片側だけが変則的な独創的な作りです。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
これですね。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
そして、エリの裏についた補強布もエルボーパッチと共布になってます。

普通エルボーパッチのついたジャケットは、ぼってりしているイメージがありますが、このジャケットはとてもスマート。

スティレ・ラティーノのデザインには、こんな楽しいギャップを感じさせるデザインが数多くあります。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
こちらもジャケットとジレのセットですね。

ジレの三角形配置のボタン、斬新なデザインなのに、クラシカルな英国風の色柄の生地。

見ていて飽きないし、楽しいですよね。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
胸のラインからウエストまでの、潔いまでのシェイプライン。

チェザレ・アットリーニが発表したら、「オイオイオイ」とツッコミが入りそうなまでの絞り方です。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ジーンズ生地のジャケットかな?と思いきや、バーズアイでした。

バーズアイといえば、少しもっさりした印象をお持ちかもしれませんが、こちらはあくまでスタイリッシュ。

インディゴの色味がカジュアルですね。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
特徴的なサファリジャケットですが、何と言っても目を引くのは胸ポケットのフラップ。

波のようなギザギザが陽気です。

そう、やはり、スティレ・ラティーノは、ラテンスタイルというだけあって、楽しい服が多いですよね。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
この素材感、存在感、いかがですか。

このブランドは素材で遊んでいるジャケットも数多くあります。

ビジネス向けと言いながら、この素材のジャケット、どんなビジネスシーンで着るの?と思うような斬新な生地がたくさんあるのです。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
これはまた違った存在感のジャケットですね。

ダブルブレストのジャケットは、前半にご紹介したシングルジャケットのラペルとは大きく異なり、大きくすることで全体のバランスを取っています。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
大きく糸を依ったような織り方の生地。

ありそうでない素材感を発見した時がまた楽しいですね。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
こちらは打って変わってシンプルなウールのジャケットです。

目が詰まっていてとても上質なウール。

シンプルなものこそ質の良さや仕立ての良さが如実に出てしまいますが、さすがの安定感です。

ポケットやラペルのステッチが丁寧さを表していますね。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ベージュとダークグリーンのブロックチェックのジャケット。

決して派手な色ではないのに、大きめのチェックがハッと人目を引きます。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ジーンズ生地のジャケット。

上品なシルエットなのでカジュアルなビジネスシーンや、オフの日にタイを締めて着てみたい一着。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ブラウンにエメラルドグリーンのラインが入ったチェックのジャケット。

ありそうでない、ひねった色柄も得意ですね。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ダークブラウンのダブルブレストジャケット。

ヘリンボーンの落ち着いた生地です。

ざっくりと、そして少し崩してラフに着たい一着。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
明るい赤とダークブラウンの温かみある暖色系のジャケットです。

ざっくりとした厚めの生地ですが、タイトなシルエットなのでスマートに着られますね。

引用: http://stilelatino.com/collections/ss-2016-3/
引用: http://stilelatino.com/collections/ss-2016-3/
ジャケットの最後はFW 2016-2017ではないのですが、SS2016からの一着ご紹介。

この微妙なヴィンテージ感のあるブルーグリーンの色味。

そしてパルカポケットやフラップの上に寄せられたギャザー、ポケットの大きさ、裾に至るまで、オリジナリティあふれる味のあるデザインです。

そう来るか!スティレ・ラティーノの自由なスーツ

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ウエストを絞ったタイトなシルエットのチョーク・ストライプのダブルブレストジャケット。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ストライプも3本プラス1本のありそうでないチョーク・ストライプです。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
グレーのウールジャケット。

ダブルストライプの重厚感を逃すように、タブ感のある生地を使っています。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ラペル部分とパンツのサイドに光沢感のある別布が使われたスーツ。

ベースの生地自体もしなやかで柔らかく、光沢感のある生地ですね。

ボタンはかぶせボタンで、フォーマルな装いにピッタリです。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
目の覚めるような鮮やかなブルーにブラウンのラインが入ったウィンドウペーンのダブルブレストスーツ。

イタリアの眩しい太陽のもとなら似合うかもしれませんが、日本の街中で着用するのはちょっと勇気がいりそうですね。

パーティーや華やかなイベントなどに良いかもしれません。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
こちらはぐっと落ち着いた表情のブラウンにライトグレーのラインが入ったシングルスーツです。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
細かいグレンチェックなので、エレガントな雰囲気です。

シャツはもちろん、オフホワイトのタートルネックのセーターなども合いそう。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
シックなブラウンのスリーピースです。

ジレはクラシカルなラペル付きのジレ、ボタンは胸の広さを強調する逆三角形の配置。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
柄は濃淡で表現された面白いチェックです。

普通の端正なスーツかと思ったら、やはりどこかオリジナリティあふれるデザイン。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
グレーのグレンチェックのシングルスリーピース。

ジレもラペルなしのシングルで、見慣れたデザインなのにかえって斬新に見えますね。

ジレの背中が共布なのは、スティレ・ラティーノのこだわりでしょうか。

ジャケットを脱いでも省略していない感があります。

スティレ・ラティーノのこだわりコート

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
上部が隠ボタンのキャメルのロングコート。

斜めに配されたポケットがおしゃれですね。

花柄の洒脱な裏地がチラリと見えます。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
存在感のある生地が面白いロングコート。

大きめの織りがざっくり感を醸し出しています。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ブラウンの柔らかなウールコート。

後ろの生地がたっぷりと取ってあるのが特徴です。

着用した時に、後ろ姿にたっぷりと余裕があると素敵ですよね。

スティレ・ラティーノは男性だけでなく、女性も見て楽しめるブランド。

そこが人気の理由でもあるのかもしれません。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ラペルとかぶせボタンに光沢のある布を使用した特別感のあるコート。

タキシードやフォーマルウェアなどの上に羽織りたい一着。

 引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
カーキのベースに大柄な赤いラインのチェックが入ったクラシカルなコートですね。

ダブルブレストのビッグコートなので、肩に羽織ってダンディに決めてみては。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
リバーシブルのコート。

表はナイロン素材、裏はウール。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
凝った織りのヴィンテージのような雰囲気の生地のコート。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
ニットのような、不思議な模様ですね。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
かと思えばこちらはソフトでナチュラルな風合いのしなやかで柔らかそうなウールコート。

シンプルなデザインで汎用性の高いコートですね。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
肩の付け根が特徴的なボックスシルエットタイプのコートです。

首元を風から防ぐためのベルトや後ろの調節ボタンが印象的なデザインです。

引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
引用: http://stilelatino.com/collections/fw-16-17/
本当に色々なタイプのデザインのコートがありますね。

こちらはウエストで絞るタイプで、ゴージャスなリアルファーが大きなラペルになっているコート。

色も高級感あふれる品のあるベージュです。

スティレ・ラティーノまとめ

洒落者がなぜ、熱にうなされたようにスティレ・ラティーノを求めるのか、お分りいただけましたか?

それは、チェザレ・アットリーニが伝統という枠の中で表現できなかったことを実現するために誕生したブランドだからです。

しかも仕立てはアットリーニの系統をそのまま受け継ぎ確かな技術と豊富な経験に裏打ちされ、ナポリ仕立てのポイントは押さえたままに革新的でモダンなコレクションときています。

これはもう、セカンドラインというより「コレクションライン」と言うにふさわしいブランド。

しかしながらあまり知られていないのは、ヴィンツェンツォ・アットリーニ・ジュニアがメディアに露出したがらないシャイな性格のためとか。

まさに、知る人ぞ知るブランドです。

ラインナップもたっぷりとご覧頂きました。

・ダークグレーのウールジャケット、ジレのボタンは逆三角形
・エルボーパッチがついているのにスマートなカジュアルジャケット
・クラシカルな色柄なのに斬新なデザインのジャケットとジレのセット
・ウエストのシェイプ際立つスタイリッシュなバーズアイスーツ
・ポケットのフラップが目を引くサファリジャケット
・存在感があるのにカジュアルなダブルブレスト
・存在感があるのにカジュアルなダブルブレスト2
・上品でソフトなベージュのシンプルジャケット
・ベージュとグリーンのブロックチェックジャケット
・ジーンズ生地なのに上品に着たくなるジャケット
・エメラルドグリーンが綺麗なブラウンジャケット
・ヘリンボーンのざっくりとしたダブルブレストジャケット
・暖色系のスマートなジャケット
・ヴィンテージ感のあるブルーグリーンのジャケット
・ありそうでないチョーク・ストライプスーツ
・タブ感で軽さを出したダブルブレストスーツ
・フォーマルに決めたいしなやかなスーツ
・目の覚めるような鮮やかなブルーのスーツ
・シック&ソフトな雰囲気のグレンチェックスーツ
・変わったチェック模様のスリーピース
・グレーのグレンチェックのスタンダードスリーピース
・隠ボタンのキャメルのコート
・存在感のあるグレーのコート
・ブラウンのたっぷりとしたコート
・フォーマルウェアの上に羽織りたい、特別なコート
・カーキのクラシカルなビッグコート
・リバーシブルコート
・ヴィンテージ感漂うコート
・ナチュラルな風合いのシンプルコート
・ディテールに凝ったボックスシルエットコート
・ゴージャスなファー付きコート

どこかでスティレ・ラティーノに出会ったら、きっとあなたも覚悟しなければなりません。

熱病に浮かされてしまう危険性があるからです。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス