ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

【30代メンズへ】オススメファッションスタイルとブランドを紹介

スーツファッションはある意味、選択の余地が少なく、選びやすいファッションと言えるかもしれません。

決められた上着とパンツ、そしてスーツ売り場の近くで売られているシャツ、ネクタイ、靴、カバン。

これで大まかに一通り揃いますから。

ですが何らかの集まり、セミナー、講演会、イベントなどはスーツだと堅苦しく思われる場合もあり、そういった場合は自分で私服をコーディネートする必要があります。

私服はスーツと違い、組み合わせが自由なので人によっては戸惑うかもしれません。

それもプライベートならまだしも、何らかのイベントに参加する場合や、人前に出る前なら尚更です。

そこで今回は30代のメンズにターゲット絞り、お勧めのファッションを紹介しようと思います。

30代のメンズにお勧めのファッションとは?

image002

20代の頃は「自分が好きだから」という理由で選んだ服で問題無かったかもしれませんが、30代になると世間の見る目もかわってくるもの。

特に人前に出る時はマナーとして恥ずかしく無いファッションを心がけたいところです。

そこでお勧めなのが、スーツスタイルをベースにした「ジャケパン」。

スーツスタイルの様にジャケットを羽織る事で、大人っぽい責任感のあるイメージになりますし、一方でパンツは自由に選べるのでスーツの様な堅苦しさが無いのが特徴です。

また、ジャケットとパンツを一つの組み合わせでしか着ることのできないスーツと違い、ジャケパンはジャケットとパンツの組み合わせが自由なのでコーディネートのバリエーションが増えるのもメリットですね。

最初はとっつきにくいかもしれませんが、慣れてくるとアイテム選びが楽しくなり、どんどんのめり込んでいく人も多いようです。

30代のメンズに求められる大人っぽさを醸し出しつつ、スーツの様な堅苦しさがない。

ジャケパンはファッションでお悩みの30代メンズに是非お勧めしたいスタイルなのですが、ここから各アイテムについてお話していきます。

まずはジャケットから

image003

「テーラードジャケット」、「ブレザー」とも呼ばれますが、上着として羽織るアイテムですね。

目に見える面積も大きく、コーデの顔とも言えるアイテムですが、選ぶ際のポイントとして一つ紹介したいのが「生地」。

生地によって通気性、保温性といった実用面から、外観面まで変わってくるので、着る季節を念頭において選ぶと良いかもしれません。

例えば気温の低い秋冬にお勧めなのが、起毛素材を使用した「フランネル」、「メルトン」、「ツイード」など。

これらの生地は織る工程で起毛処理が施されているのでマフラーのような冬のアイテムを彷彿させる、暖かみのある外観と触り心地が特徴です。

一方で気温が高くなってくる春夏にお勧めなのが「麻」、「モヘヤ」、「ウール」といった素材を使用した生地。

どれも通気性に優れており、サラっとした肌触りで清涼感が特徴。

「ウール」はスーツとしても主流の素材で、オールシーズンとしてよく使われるもの。

季節を選ばず着たいのであればウール材がお勧めです。

30代メンズに勧めたいジャケットはこれ!

image004

まず紹介したいブランドが「Banana Republic」。

30代メンズにピッタリな大人向けのアイテムを中心に扱っているブランドなのですが、実はカジュアルブランド”GAP”の最上位ラインという位置づけです。

そのため大人っぽいキレイ目なアイテムを、比較的リーズナブルな価格で手に入れる事ができるのがお勧めの理由の一つ。

例えばこちらのジャケットはいかがでしょう。

引用:http://bananarepublic.gap.co.jp/browse/product.do?cid=84531&vid=1&pid=388718006
引用:http://bananarepublic.gap.co.jp/browse/product.do?cid=84531&vid=1&pid=388718006
素材はウール67%+リネン33%という構成と爽やかなネイビーカラーなので、春夏に爽やかに着る事ができます。

お値段も30,000円ですし、テーラードアイテムとしては手が届きやすいアイテムではないでしょうか。

もう一つお勧めなのが「Brooks Brothers」。

「Brooks Brothers」は1818年創業のアメリカンブランドで、ジョン・F・ケネディ大統領が愛用していた事も有名です。

1979年に日本にも上陸しており、ビジネスウェアを中心に人気の高い高級ブランドの一つとして知られています。

引用:http://www.brooksbrothers.co.jp/top/detail/asp/detail.asp?scode=2541765258&s_cate1=&s_cate2=&s_cate3=8&s_cate4=&s_cate5=&s_price1=&s_price2=&s_scode=&s_sname=&s_keywords=&sort=1&s_size=&pagemax=24&getcnt=0&cate_new=&s_stock=
引用:http://www.brooksbrothers.co.jp/top/detail/asp/detail.asp?scode=2541765258&s_cate1=&s_cate2=&s_cate3=8&s_cate4=&s_cate5=&s_price1=&s_price2=&s_scode=&s_sname=&s_keywords=&sort=1&s_size=&pagemax=24&getcnt=0&cate_new=&s_stock=
こちらは柔らかなストレッチコットン素材を使用したBrooks Brothersのジャケット。

裏地、芯地、肩パッドといったパーツの使用を最小限に抑え堅苦しさのないリラックスしたフォルムや、ガーメントダイ製法による独特のヴィンテージ感が特徴の一着となっています。

インナーにはシャツがオススメ

image007

一般的にジャケットの内側に着るアイテムを「インナー」と呼びますが、インナーにはTシャツを着たり、カットソーを着たり、シャツを着たり、といった選択肢があります。

リラックスしたカジュアルコーデにはTシャツやカットソーもお勧めですが、大人っぽさを出したい時はシャツがお勧めです。

シャツはスーツスタイルのインナーでもありますし、フォーマル感であったり、ビジネス感であったり、そういった雰囲気を出したいのであればシャツを選びましょう。

尚、そんな「大人っぽい」部類に入るシャツにも「ドレスシャツ」と「カジュアルシャツ」に分かれているので紹介します。

二つの違いは襟の仕様や、着丈の長さなど。

ドレスシャツは衿に硬めの芯やカラーキーパーが入っているのと、タックインすることが前提なので着丈が長いのが特徴です。

一方でカジュアルシャツは柔らかい襟が主流な上、タックアウトで着用することも想定されているので着丈は短めに設定されています。

ビジネスコーデも、カジュアルコーデもシャツで決めよう

image008

お勧めしたいシャツはいくつかあるのですが、まずは”Paul Smith”から。

引用:http://www.paulsmith.co.jp/shop/men/dress_shirts/products/2632217100800PAK__?brand=Paul+Smith&size=L
引用:http://www.paulsmith.co.jp/shop/men/dress_shirts/products/2632217100800PAK__?brand=Paul+Smith&size=L
こちらはロンドンストライプのドレスシャツです。

特殊加工を施した生地にテープ縫製を行い、安定した形状を実現した機能性もメリットですが、遊び心を忘れないのがPaul Smithの特徴。

引用:http://img.paulsmith.co.jp/shop/front_product_properties_images/1998/3864/2632217100800PAK__151_07_pc_xx_large.jpg?1484586138
引用:http://img.paulsmith.co.jp/shop/front_product_properties_images/1998/3864/2632217100800PAK__151_07_pc_xx_large.jpg?1484586138
例えばボタンホールにコントラストが印象的な赤糸を使っていたり、カフス裏には花柄をあしらった裏地を使用していたり、さりげないポイントにオシャレが隠されているPaul Smithのドレスシャツです。

もう一つ紹介したいのが、ドレスシャツで有名な”Finamore”。

引用:https://www.bronline.jp/mall/brshop/item/detail/45007/?shop_mode=
引用:https://www.bronline.jp/mall/brshop/item/detail/45007/?shop_mode=
イタリア発祥のFinamoreですが、高級シャツブランドとして知られています。

金額も3万円代からと今まで紹介してきたブランドよりも割高ですが、その端正な作りと、着心地の良さは別格と言われているので、一度試してみてはいかがでしょうか。

ちなみにFinamoreは高級シャツブランドの中でもカジュアルシャツが人気で、上記画像は洗い加工が施されたカジュアルライン。

カジュアルラインながらも大きく開いた襟によりイタリアテイストの大人っぽい雰囲気は健在ですし、特別な一着をお探しの方にお勧めの一着です。

ジャストサイズできれい目のパンツを履こう

image012

ジャケット、シャツとお話しましたが次はパンツについて。

パンツは種類によって印象が大きく変わるので、コーデに合わせた種類選びが重要です。

例えば、ビジネスの場などフォーマルな雰囲気のコーデにしたいのであればスーツパンツにも通ずる雰囲気のスラックス。

カジュアルなパーティや、親しみやすいカジュアルなイメージのコーデならデニム。

また、フォーマルにもカジュアルにも万能なパンツとしてチノパンもお勧めです。

尚、どの種類であってもジャストフィットが基本で、膝から裾にかけて細くなるテーパードシルエットがジャケパンコーデには主流と言われています。

ジャケパンにお勧めのイタリアンブランドパンツ

image013

ジャケパンコーデでお勧めなのがイタリアンブランドのパンツ。

ジャケットスタイルのコーデを前提にしているブランドも多く、パンツの種類に関わらずテーラード仕様になっているのが特徴です。

まずはイタリアのパンツ2大ブランドと言われている「PT01」。

引用:http://cdn.beams.co.jp/img/goods/21230426512/O/IMG_6229.jpg
引用:http://cdn.beams.co.jp/img/goods/21230426512/O/IMG_6229.jpg
50年以上の歴史を持つパンツメーカーが母体になっており、イタリアの中でも人気のテーラードブランドとなっています。

ちなみに上記画像はコットンとリネン素材を使用したスラックス。

清涼感のある仕上がりで春夏のジャケパンにピッタリですね。

そして、チノパンの魅力的なPT01。

引用:http://cdn.beams.co.jp/img/goods/21230413512/S1/21230413512_D_2.jpg
引用:http://cdn.beams.co.jp/img/goods/21230413512/S1/21230413512_D_2.jpg
さり気なくボタニカル柄がほどこされた、ストレッチ入りの2アウトプリーツ仕様で程よいテーパードシルエットとなっています。

そして最後はデニムについて。

カジュアルウェアに思われがちなデニムですが、「テーラードデニム」として知られているのが、こちらもイタリア発祥の「Jacob Cohen」。

引用:http://cdn.beams.co.jp/img/goods/24217083210/O/24217083210_C_1.jpg
引用:http://cdn.beams.co.jp/img/goods/24217083210/O/24217083210_C_1.jpg
ブランドのコンセプトが「仕立ての良いテーラードジャケットに合わせるジーンズ」というもので、まさにジャケパンのためのデニムとなっています。

ウエストに取り付けられたベルトピンフック、美しいテーラードシルエット、日本の岡山県から取り寄せたデニム生地、こういったこだわりをイタリアの工場にて”Made In Italy”で作り上げているJacob Cohenです。

足元でも大人っぽさをアピール

image017

靴もコーデの重要な一部。

ここでスニーカーを合わせるのもアリかもしれませんが、大人っぽさを求めるなら革靴がお勧めです。

だからと言ってスーツコーデの靴を合わせるのもなんだか違うような・・・。

そこでお勧めなのが、カジュアル要素のある革靴。

例えば、ヒモの無い「ローファー」。

引用:http://nord.imgix.net/Zoom/6/_6797986.jpg?fit=fill&bg=FFF&fm=jpg&trim=color&trimcolor=FFF&trimtol=20&w=860&h=924
引用:http://nord.imgix.net/Zoom/6/_6797986.jpg?fit=fill&bg=FFF&fm=jpg&trim=color&trimcolor=FFF&trimtol=20&w=860&h=924
鳥の翼の様な模様があしらわれた「ウィングチップ」。

引用:http://www.regalshoes.jp/img/goods/L/42LRAGW____B____240_0de9af5c14ac4f969cb69cd2d7eda858.jpg
引用:http://www.regalshoes.jp/img/goods/L/42LRAGW____B____240_0de9af5c14ac4f969cb69cd2d7eda858.jpg
つま先にU字型のチップが取り付けられた「Uチップ」。

引用:http://www.regalshoes.jp/img/goods/L/02LRDJ_____B____235_82e93f988b8842e786f8867532453ac0.jpg
引用:http://www.regalshoes.jp/img/goods/L/02LRDJ_____B____235_82e93f988b8842e786f8867532453ac0.jpg
こういったものが革靴の中でもカジュアル要素があるものと言われており、ジャケパンのようにスーツスタイルをカジュアルダウンしたコーデにお勧めです。

また色についてお話すると、一般的にはブラックがフォーマル寄りの色で、ブラウン、グレイなどの色がカジュアル寄りと言われています。

またブラウンやグレイでも色が薄まる程カジュアル寄りのイメージになると言われているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

アメリカ、イギリス、そして日本のお勧めブランドを紹介!

image021

革靴の中でも最もカジュアル度が高いと言われているローファーですが、紹介したいのが「G.H.Bass」の ローファー。

引用:https://www.ny-onlinestore.com/item/81973903/
引用:https://www.ny-onlinestore.com/item/81973903/
マイケル・ジャクソンが愛用していたことでも知られており、一説によると彼は気に入ったG.H.Bassのローファーを100足以上持っていたとのこと。

また、G.H.Bassはローファーの元祖ブランドとしても知られており、ローファーを探しているのなら断然お勧めのブランドです。

もう一つ紹介したいのが、ウィングチップシューズが人気の「Tricker’s」。

引用:http://www.tradingpost-online.jp/fs/tradingpost/trickers/TRIM5633032_ACORN
引用:http://www.tradingpost-online.jp/fs/tradingpost/trickers/TRIM5633032_ACORN
Tricker’sは1829年創業で、180年以上の歴史を持つ老舗のシューズブランド。

英国王室チャールズ皇太子も愛用していることで知られ、ロンドンの直営店には王室の紋章が掲げられています。

上記画像の一足は近年人気のモデルで、ウィングチップの装飾が印象的な一足です。

そして日本のブランドも負けていません。

“Scotch Grain”は自社工場を東京の墨田区に構える、メイド・イン・ジャパンブランド。

引用:http://www.scotchgrain-shop.com/images/promo/2/osaka_03.jpg
引用:http://www.scotchgrain-shop.com/images/promo/2/osaka_03.jpg
社長自ら厳選した「素材」、ミリ単位で調整された「木型」、直し続けながら何十年も履き続ける事ができるこだわりの「グッドイヤー・ウェルト製法」など、「日本製」に相応しい靴作りを実現しているブランドです。

尚、自社の修理専門工場も運営しているので、修理時は全て純正パーツと交換可能というメリットもあります。

バッグはトートバッグがお勧め

image025

これで「服」については紹介を終えましたが、実際外出する時は手ぶらでは出かけないもの。

ですので、ファッションコーデに欠かせない物の一つとして、最後にバッグを紹介します。

そしてバッグは服装同様に迷いがち。

カジュアルなコーデならばリュックサックが便利ですが、ジャケパンにはちょっと違うような気もしますよね。

だからとサラリーマンご用達のブリーフケースもちょっと違うし。

そんな時にお勧めなのが「トートバッグ」です。

トートバッグは間口が広くて物の出し入れもしやすいですし、出回っているデザインが豊富なので、ジャケパンにちょうどいいテイストの物も見つけやすいのです。

それでは具体的にお勧めのトートバッグを紹介します。

オススメのトートバッグを2つ紹介

image026

紹介させて頂きたいブランドは「Orobianco(オロビアンコ)」。

Orobiancoは1996年にイタリアにて創業したバッグブランドで、ヨーロッパを中心に高級ブランドのOEM生産も手掛け、日本でも多くのセレクトショップで取り扱われている人気ブランドです。

引用:http://orobianco-jp.com/category/BAG_TOTE/161102034.html#ITEM_BAG=BAG_TOTE&pointercat=ITEM_BAG
引用:http://orobianco-jp.com/category/BAG_TOTE/161102034.html#ITEM_BAG=BAG_TOTE&pointercat=ITEM_BAG
こちらのモデルはプライベート・ビジネス問わず兼用できそうな万能モデル。

かさばらないサイズ感ですが、幅が広めに取られているので荷物を多めに詰める事もできます。

またショルダーストラップの装着や、ハンドルの長さ調整も可能なので使うシーンに合わせて使い方を変えられるのも魅力ではないでしょうか。

また国産ブランドは「PORTER」がオススメ。

引用:http://img.idcws.net/yoshida/image_item/103/103015/10301537_s.jpg
引用:http://img.idcws.net/yoshida/image_item/103/103015/10301537_s.jpg
「Porter」は吉田鞄製作所の自社ブランドですが、シンプルなデザインと国内ブランドの品質の良さで知られる人気ブランドです。

上記画像のトートバッグは牛ステアとスムース革を組み合わせた個性的な色合いが特徴。

内装は視認性を高めるためにグレイで統一されており、PC収納も付属しています。

ネイビーが印象的な鞄ですが、ジャケパンの差し色アイテムとしてもオススメです。

まとめ

30代のメンズにオススメなファッションとしてジャケパンを紹介し、また各アイテムのオススメブランドも紹介しました。

20代の頃と違って30代になると大人っぽさや責任感も求められてきますし、1パターンでもジャケパンコーデが揃っていれば、何かの時に安心です。

ということで紹介したアイテムは

・ジャケット
・シャツ
・パンツ
・シューズ
・バッグ

の5つ。

服に加えてバッグも紹介したので、是非コーデ全体を考える際に参考にして頂けたらと思います。

尚、ジャケットで紹介したブランドは

-ラグジュアリーブランドながらリーズナブルな価格設定が魅力的な”Banana Republic”

-ジョン・F・ケネディ大統領も愛用していた”Brooks Brothers”

の2つ。

シャツは

-遊び心を忘れないブリティッシュブランドの”Paul Smith”

-カジアルシャツが人気の高級シャツブランド”Finamore”

の2つを紹介しましたPaul Smithはシャツのみならず、トータルブランドとして展開しているので、ジャケット、パンツといったアイテムもシャツ同様にオススメです。

そしてパンツブランドは

-イタリアを代表するパンツブランドの”PT01”

-「テーラードデニム」とも称される”Jacob Cohen”

の2つを紹介。

PT01はスラックスとチノパンを、Jacob Cohenはデニムを紹介しましたが、どちらのブランドも紹介した種類のパンツ以外も扱っているので、よければチェックしてみてください。

そして靴は

-マイケル・ジャクソンが愛した”G.H.Bass”

-ウィングチップシューズが人気の”Tricker’s”

-国内人気ブランドの”Scotch Grain”

の3つを紹介しました。

そしてオススメのトートバッグブランドとして紹介したのは

-イタリアを代表するバッグブランド”Orobianco”

-人気の国内ブランド”Porter”

の2つ。

服のみならずバッグまで紹介しましたが、30代メンズのファッションに関する悩みに少しでも役に立てたら幸いです。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら