2020年5月28日

憧れる40代になる|きれいめ大人メンズファッションの極意

40代になると、体型に変化が出て来る人が多いと思います。

体型のみならず、髪や肌、背格好もだんだん変わってきて、今まで着ていたファッションが似合わなくなって来たと感じている人も多いのでは。

男性は平日スーツを着ている人が多いので、女性よりもカジュアルウェアを着る頻度が少ない男性の方が、より今までの服装に違和感を持ちやすいのかもしれませんね。

見た目の変化に応じて服を買い換えるとなると、どんなファッションがいいのか分からず、困っている人も多いでしょう。

事実、30代から40代に切り替わると、なぜか一気におじさん臭いファッションなってしまう人と、おしゃれな人に二極化されます。

街を歩いていて観察しても、おしゃれな大人の男性はまるでファッション誌から抜け出たようにおしゃれで、歳をとることさえ楽しんでいるかのようです。

でも、それはほんの一握りの人。

できればそんな一握りのうちの一人になって、若者ファストカジュアルからおしゃれな大人ファッションへとスマートに移行したいですよね。

ここでは、そんな大人ファッションへの移行期に差し掛かっている40代男性に、大人のキレイめファッションを提案します。

おしゃれな大人ファッションにすんなり移行することができれば、そのまま歳を取ってもおしゃれな大人でい続けられますよ。

40代の大人ファッションで気をつけるべきこと

引用: https://www.instagram.com/bananarepublic/
引用: https://www.instagram.com/bananarepublic/
40代の大人ファッションで気をつけるべきこと、それは「きれいさ」と「清潔感」です。

若い頃は何もしなくてもきれいさも清潔感も持っていました。

だから、気楽でカジュアルな服装でも似合っていたのです。

しかし、ファッションに気を配っていた20代30代を過ぎると、仕事が忙しくもなっていき、平日は制服のようなビジネススーツ、休日は家で休みたいので気楽なトレーナーやジャージで過ごしている人も多くなります。

たまに出かける時も、若い頃のままでファッションが止まっているので、若い頃と同じような服装になりがち。

ファッションにまで気が回らなくなってしまうんですね。

おそらく出入りするお店も変わらないし、服のテイストも変わっていないと思います。

見た目は変わっていくのにファッションだけが若い頃のままというのが、なんとなくちぐはぐになり、違和感へとつながる原因です。

おしゃれな大人になるためには、歳とともにファッションも変わっていかなければなりません。

若い時に何を着てもそこそこそれなりに見えるのは、フレッシュさがカバーしているから。

しかし、大人になったら少し気を配って着るものを選ぶ必要があります。

大人には大人にしか似合わない、フレッシュさに変わるものがあるのです。

「カジュアル」と「きれいめ」

カジュアルときれいめの違いはなんでしょう?

カジュアルとは、「格式張らず、くつろいでいる感じ」と辞書にはあります。

つまり、着古したクタクタの味のあるジーンズに見られるような、着ていて楽なくつろいだ服装です。

こだわりの重ね着や穴の空いたダメージジーンズ、前面に文字の入ったTシャツやトレーナーなどが当てはまります。

それに対してきれいめとは、少しフォーマルな雰囲気が漂う装いです。

ジャケットやセンターラインの入ったパンツ、スーツなど。

女性に人気が高いのも、このきれいめファッションです。

40代のファッションは、この「きれいめ」を狙います。

きれいめファッションは、自然と清潔感を醸し出すことができ、若い人には出せない大人の貫禄や色気もプラスすることができるからです。

全身をカジュアルアイテムでまとめてしまうと、雰囲気が子どもっぽくなり、顔と合わなくなりがちです。

例えば、大きなロゴの入ったトレーナーにふくらはぎ位までの中途半端な丈のアーミーパンツ、斜めがけナイロンバッグにスポーツメーカーのスニーカーというファッションを思い浮かべてみてください。

この格好を40代の男性がしていたら、違和感を感じますよね?

40代を迎えたら、カジュアルからは卒業してきれいめファッションに移行しましょう。

スーツも着慣れた40代男性なら、いつの間にかジャケットも上手に着こなせるようになっています。

休日も大人のきれいめファッションで大人の雰囲気を出し、体とファッションの一致を図りましょう。

きれいめアイテムとは

きれいめアイテムと聞いて、何を思い浮かべます?

あまり思い浮かばないという人は、この画像をご覧ください。

引用: http://isetan.mistore.jp/onlinestore/product/0110900000000000000000471424.html?rid=5d0b029bc6b4490aa6c7e72709740c5f
引用: http://isetan.mistore.jp/onlinestore/product/0110900000000000000000471424.html?rid=5d0b029bc6b4490aa6c7e72709740c5f
きれいめというのは、きれいな色を使うファッションというわけではなく、見た目がなんとなくこざっぱりしている、大人っぽいということです。

なんとも抽象的ではありますが、画像を見て気がつかれたでしょうか。

白い襟付きのシャツは、間違いなくきれいめアイテムの代表選手です。

襟のあるシャツはフォーマルな印象を思い出させるため、Tシャツのような襟のないものと比べるときれいめに見えます。

また、白い色は清潔感を出してくれる色。

これを活用しない手はありませんね。

次にこちらをご覧ください。

引用: http://www.at-scelta.com/mens/designworks/item_03330020002/
引用: http://www.at-scelta.com/mens/designworks/item_03330020002/
襟のついたシャツではありませんが、Tシャツでもスマートに見えますよね。

ポイントは、無地のアイテムということです。

無地のアイテムはスッキリとまとまり、大人の雰囲気を演出できます。

また、パンツにもご注目。

パンツはジーンズなどではなく、ウールのセンターラインが入ったパンツですね。

これがTシャツにジーンズだと、カジュアルになり過ぎてしまいます。

上下どちらかがカジュアルアイテムなら、もう片方はフォーマルなテイストを入れると覚えておくと、組み合わせやすいですよ。

Tシャツならウールのパンツ、ジーンズなら襟付きのシャツという具合です。

パンツの話に戻りますが、この画像のパンツのシルエットは、テーパードと呼ばれる裾に向かってだんだん細くなっていくタイプのもの。

パンツはカラージーンズやチノでも、テーパードを選ぶときれいめに見えるんです。

街でよく見かけるジャケパン姿の40代男性で、チノパンを合わせている人がいますが、普通のチノパンはゆったりしていておじさん臭く見えてしまいます。

特にタッグの入ったチノパンは、ダブッとした印象を与えてしまうので注意が必要。

テーパードパンツはストレッチが効いたものが多いので、履いてしまえばフィットして意外と動きやすく、履き心地も楽なものです。

また、購入しやすいアイテムでお勧めしたいのが、カラージーンズ。

カラージーンズもゆったり目のスリムなどが出ていますので、選びやすいですよ。

上下とも、白やグレー、ベージュ、ネイビー、黒などの落ち着いた色をチョイスすれば、簡単にきれいめファッションが楽しめます。

また、コーディネートの中に、きれいめアイテムを一つか二つ必ず入れることで、カジュアルなアイテムを使っても全体としてきれいめコーデになりますよ。

きれいめアイテムのポイントは、

・襟付きのシャツ
・Tシャツでも無地
・パンツはテーパード
・上下でカジュアルとフォーマルテイストのバランスをとる
・色は白、グレー、ネイビー、黒を中心に
・ゆったりサイズのチノパンは選択肢に入れない

以上のことに気をつければ、きれいめファッションの基本が出来上がりです。

ジャケットを活用すべし

image010

もう一つ、便利なアイテムとしてお勧めしたいのがジャケットです。

ブルージーンズにTシャツでも、ジャケットを羽織ると一瞬にしてきれいめファッションに変わります。

特に使いやすいのでお勧めしたいのが、ネイビージャケット。

いわゆる、紺ブレと呼ばれるものです。

ネイビーはほとんどの色に合わせやすく、大人っぽい雰囲気に仕上げることができます。

なぜなら、紺という色自体が、「きちんと感」「清潔感」「信頼感」などを持つ色だから。

その証拠に、警察や学校の制服でも紺色が多用されていますよね。

さて、ネイビージャケットの中でも着ていて楽なのが、楽ジャケと呼ばれる簡略化されたジャケットです。

通常のジャケットは裏地や肩パッドが入ったものが一般的ですが、楽ジャケは肩パッドが入っていないか、ごく薄いものが採用されています。

また、裏地も背中だけ付いているものや、付いていないものもあります。

素材はニットやジャージなどの柔らかいものがお勧め。

軽くて着心地がよく、着ていてもストレスになりません。

休日に着るなら、楽な方がいいですよね。

引用: http://www.paulsmith.co.jp/shop/men/jackets/products/26305120001545L___
引用: http://www.paulsmith.co.jp/shop/men/jackets/products/26305120001545L___
例えばコレ。

ポールスミスのウールジャージジャケットです。

裏地ありですが、全体的にソフトな生地なので着心地がよく、しかもビジネスシーンでも着用できるのでオン・オフで使えてとても便利です。

また、ネイビー以外にはグレーが使いやすいので、グレーのジャケットもおすすめ。

グレーのジャケットというと、一歩間違えればスーツの上着のような雰囲気になってしまう危険なアイテムなのですが、ジャージ生地やニットでできた楽ジャケならその心配もありません。

引用: https://www.ny-onlinestore.com/item/81196201/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=google_shopping
引用: https://www.ny-onlinestore.com/item/81196201/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=google_shopping
ニットやジャージ生地は自然な柔らかいシワができるので、適度に抜け感が出ておしゃれな印象になるんです。

引用: https://www.dropbox.com/s/r65so05casmem3s/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202017-02-03%2010.12.42.png?dl=0
引用: https://www.dropbox.com/s/r65so05casmem3s/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202017-02-03%2010.12.42.png?dl=0
また、ジャケットも様々な形があるので、形に工夫すればグレーでもスーツの上着のような雰囲気になってしまわずにおしゃれに着こなせますよ。

楽ジャケはこちらの記事で詳しく特集しています。

もっと知りたいという方は、ぜひお読みくださいね。

「見た目を裏切る楽な着心地!軽くて動きやすいメンズジャケット特集」https://dandyism-collection.com/suits/13321/

小物で差をつける

カジュアルファッションと差をつけるのは、小物類です。

小物で気をつけたいのが素材感。

一般的にレザーを使うとグレード感が上がります。

例えばジャケットにパンツというなんの変哲も無いイデタチでも、スニーカーと革靴では受ける印象が全く異なります。

引用: http://www.gloryguy.jp/souko/2016/04/circolo-1901-6.html
引用: http://www.gloryguy.jp/souko/2016/04/circolo-1901-6.html
上下ネイビー同士のジャケパンです。

足元を写さなければ、インに着ているカットソーがラフなものでも、大人の印象ですよね。

引用: http://www.gloryguy.jp/souko/2016/04/circolo-1901-6.html
引用: http://www.gloryguy.jp/souko/2016/04/circolo-1901-6.html
ところが、足元がスニーカーというだけで、一気に軽い雰囲気になってしまいます。

引用: http://circolo1901.it/en/collections/ss17-uomo/
引用: http://circolo1901.it/en/collections/ss17-uomo/
こちらはどうでしょう。

スニーカーなら休日のリラックスした装いです。

引用: http://circolo1901.it/en/collections/ss17-uomo/
引用: http://circolo1901.it/en/collections/ss17-uomo/
しかし、足元にレザーシューズを持ってくるだけで、全体がとても引き締まりますね。

こんな風に、靴はコーディネートの印象を変える事ができるアイテムなので、上手に利用して大人感を出しましょう。

休日なのにレザーシューズを履くのはちょっと・・・という人には、スウェード素材の靴がおすすめ。

引用: http://strasburgo.co.jp/brand/edwardgreen/item/STB0199A0030?areaid=ebA0009
引用: http://strasburgo.co.jp/brand/edwardgreen/item/STB0199A0030?areaid=ebA0009
履き心地も柔らかく、ローファータイプなども充実しているのでリラックスして履くことができますよ。

そのほかにお勧めしたい小物として、バッグがあります。

素材はもちろんレザー。

引用: https://www.dropbox.com/s/n3iopwunsroea37/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202017-02-03%2010.55.50.png?dl=0
引用: https://www.dropbox.com/s/n3iopwunsroea37/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202017-02-03%2010.55.50.png?dl=0
トートバッグでも帆布製とレザーとでは、グレード感が違います。

素材でグレード感を出すことで、大人の雰囲気をかもし出せるのです。

引用: http://www.tsuchiya-kaban.jp/products/detail.php?product_id=2735&tp_category_id=336
引用: http://www.tsuchiya-kaban.jp/products/detail.php?product_id=2735&tp_category_id=336
例えば自転車に乗るときも、ナイロンのリュックよりは、このような肩掛けのショルダーバッグの方が、ファッション性がありますよね。

ちょっとした持ち物に気を配れるのも、大人の余裕。

目につく場所にレザーを添えて、大人感を出しましょう。

バッグは持たないんだけど・・・という人には布小物で勝負することをご提案します。

布小物といえば、ストールやチーフです。

ストールはインパクトを与える上、マフラー感覚で一年中使える優れもの。

特に秋冬は防寒にもなり、夏でも冷蔵の肌寒さから首を守ってくれますよ。

引用: http://www.pittimmagine.com/corporate/fairs/uomo/media-gallery/2017/uomo91/popup.html
引用: http://www.pittimmagine.com/corporate/fairs/uomo/media-gallery/2017/uomo91/popup.html
ストールは歩くだけでふわりと揺れて動きが出るので、自然と人の視線を集めます。

引用: http://www.strada-est.com/fs/items/OTHERM/MRAG16A1003-N
引用: http://www.strada-est.com/fs/items/OTHERM/MRAG16A1003-N
凝った柄でなくても首元に巻いているだけでおしゃれ感も出るので、扱いやすいですよ。

また、ジャケットを着たならチーフで遊ぶというのも一つの方法です。

ネクタイをしていなくても、チーフがポケットに挿してあるだけで、華やかで明るい印象になります。

引用: http://circolo1901.it/en/collections/ss17-uomo/
引用: http://circolo1901.it/en/collections/ss17-uomo/
柔らかなチーフは派手な色がらでなくても、直線の多いジャケットの構造に映えるので、まずはおとなし目の色から使い慣れていくのがいいでしょう。

引用: http://shop.brunellocucinelli.com/ja-jp/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E6%98%A5%E5%A4%8F/%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%BC/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%95-171MD8150091.html?dwvar_171MD8150091_color=CP836&cgid=man-ss17-collection-accessories
引用: http://shop.brunellocucinelli.com/ja-jp/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E6%98%A5%E5%A4%8F/%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%BC/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%95-171MD8150091.html?dwvar_171MD8150091_color=CP836&cgid=man-ss17-collection-accessories
ポケットチーフというとツルツルした、裏地のようなサテン生地を思い浮かべる人も多いと思いますが、リネンやコットン素材のものもたくさん出ています。

普段使いなら馴染みがあって使いやすいコットンがお勧めです。

きれいめ大人ファッションのコーディネート例

では、実際のコーディネート例を見てみましょう。

もしご自分で考えるのが面倒だという人は、マネキン買いのように一つのコーディネートを丸ごと真似してみるのも手ですよ。

引用: https://www.instagram.com/globalwork_official/?hl=ja
引用: https://www.instagram.com/globalwork_official/?hl=ja
ネイビーとグレーを使ったコーディネートです。

この場合のポイントはウールのパンツ。

他がカジュアルでもパンツをフォーマルなものにすることで、全体的にきれいめコーデになっています。

グレーとネイビーを交互に使っているのがポイント。

引用: https://www.instagram.com/globalwork_official/?hl=ja
引用: https://www.instagram.com/globalwork_official/?hl=ja
ネイビージャケットを使ったコーデ。

Tシャツにジーンズでも、ネイビージャケットをプラスすると、大人コーデになるという好例です。

腕まくりもポイントですね。

引用: https://www.instagram.com/globalwork_official/?hl=ja
引用: https://www.instagram.com/globalwork_official/?hl=ja
テーパードのチノパンを使った夏のコーディネートです。

テーパードのパンツはくるぶしを出すとカッコよく着こなせますが、夏だからさらに裾をロールアップして、足首まで見せてしまったというコーデですね。

チノパンもこんな風にロールアップするとおじさん臭くなりません。

引用: https://www.instagram.com/globalwork_official/?hl=ja
引用: https://www.instagram.com/globalwork_official/?hl=ja
白と黒のモノトーンコーデ。

シャツが黒の地ですが、白いパンツを合わせることで、重くならずにスッキリとしています。

身につけているものは、シャツ、パンツ、靴だけ。

アイテムのチョイスだけでこんなに雰囲気が作れるんですね。

引用: https://www.instagram.com/bananarepublic/
引用: https://www.instagram.com/bananarepublic/
ネイビーを基調としたコーディネートです。

ライトグレーと白の細いボーダーTシャツとネイビージャケットの間に、薄いグレーのストールを挟むことでグラデーションのような役割を果たしています。

Tシャツとジーンズだけではカジュアルなファッションですが、これにジャケットとスウェードのシューズを合わせることで、きれいめファッションになっていますね。

引用: https://www.instagram.com/bananarepublic/
引用: https://www.instagram.com/bananarepublic/
いろいろな種類のグレーを使った微妙なコーディネート。

Tシャツにカーディガン、ウールのチェックのパンツの組み合わせですが、下半身だけ見てみると、全くのフォーマルスタイルである事がわかります。

こんなメリハリコーデもすぐに真似できそうですね。

引用: https://www.instagram.com/bananarepublic/
引用: https://www.instagram.com/bananarepublic/
ジャケパンにニットを取り入れることで、柔らかな印象になったスタイルです。

ニットは帽子とカーディガン、パンツもコーデュロイでカジュアルなアイテムですが、ジャケットとレザーブーツがグレード感を出しています。

引用: https://www.instagram.com/bananarepublic/
引用: https://www.instagram.com/bananarepublic/
こちらは春夏に真似できそうな、ジャケットなしのコーディネート。

ネイビーのドット柄のシャツにネイビーのネクタイ、茶系のパンツに焦げ茶色のタッセルシューズです。

ネイビーとこげ茶の組み合わせは、イタリアでは定番の青と茶色の組み合わせの応用。

この色使いを覚えておくと、おしゃれなコーディネートが作りやすくなりますよ。

40代メンズファッションまとめ

体型が変わってくる40代の男性のための、きれいめファッションについて解説してきました。

若い頃のカジュアルファッションから脱出して、大人のきれいめファッションに移行する鍵は、きれいめアイテムをコーディネートに1つか2つほど盛り込むこと。

きれいめアイテムは、

・襟のついたシャツ
・ジャケット
・テーパードパンツ
・無地のもの
・落ち着いたオーソドックスな色を使ったもの

などです。

また、レザーを使ったバッグやシューズでグレード感を出したり、ストールやポケットチーフで大人感を演出したりするのもお勧めです。

若者カジュアルから急におじさんファッションにならないように、いつまでもファッションに気を配って素敵に歳を重ねましょう。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス