ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

40代50代がジャケパンをカジュアルに格好良く休日に着こなすポイント

 

油断するとダラダラとした服装や、

何年前のファッションかわからない服装や、

ゴルフおじさんのような服装になっていませんか?

 

40代50代の男性が休日でも格好良く過ごすためには、

カジュアル路線のジャケパンがおすすめ。

 

そこで今回は、どのようなジャケパンなら格好良くなれるのかについてご紹介していきます。

 

婚活シーンや、休日デートなどでも好感度アップ

清潔感アップにつながりますから、

ジャケパンスタイルはあなたのプラス要素になるはずです。

 

 

1. 40代50代の休日スタイル「カッコいいジャケパン」を作る方法

2. 大人のジャケパンスタイルで気をつけたいポイント

3. まとめ

 

 

1.40代50代の休日スタイル「カッコいいジャケパン」を作る方法

 

 

40代50代の男性にとって休日スタイルは悩みのタネですね。

 

休日なのでスーツは着たくないですが、スーツ以外に何を着ればいいのかわからない。

 

そんな男性も多いと思います。

そこでおすすめなのがジャケパン

休日ジャケパン

でも普通にジャケパンを着てしまうと、

ビジネスカジュアルになってしまって普段と気持ちが切り替わらないということにもなりかねません。

 

でも、次からお話するポイントを参考にしていただけると、

休日に映えるカッコいいジャケパンになっていきます。

 

ドレスシャツを変えてみる

 

一般的なビジネスカジュアルにおけるジャケパンから、

ドレスシャツを変えてみるだけで雰囲気が変わります。

ブルーシャツ

例えば、ドレスシャツの代わりにシンプルなVネックカットソーに代えるだけで、

クリエイターのようなシンプルかつ洗練された雰囲気に変わります。

 

また、休日なのでもっとカジュアルにしたい場合には、夏ならTシャツポロシャツでもOK。

ブラウン格子_ローファー_リンクコーデ

カジュアルだけど上品にしたいという方は、サマーニットインすることで、断然雰囲気が変わります。

 

また、冬ならニットなど、見た目に暖かそうな生地のものを選ぶと、

シンプルでありながら、季節感をまとった季節の移り変わりに遅れをとっていない男性になれるでしょう。

チンパン_ブラウン

でも、ジャケットのインナーは、どうもドレスシャツワイシャツでないと落ち着かない。

 

そういう方もいらっしゃると思います。

 

その場合は、無理にカットソーやTシャツを選ぶのではなく、

ドレスシャツYシャツを選ぶときに、ストライプなど柄の入ったものを選ぶことで、

かっちりとしたビジネスモードではなく、自分の個性を表現できるジャケパンスタイルができあがります。

オーダースーツ

足元を変えてみる

 

ジャケパンというと、ジャケットパンツにばかり意識が向いてしまうことでしょう。

 

しかし大人の男性が休日に楽しむジャケパンであれば、足元にも注目してもらいたいのです。

 

では、どのような足元がおすすめなのかというと、レザーを使ったスニーカー

スニーカー

一般的な布のスニーカーでは、カジュアルになりすぎるため大人の男性には不釣り合い

 

また、普段会社に行くときのような革靴だと、堅い印象になりますので、

見た感じ「フットワークが軽そうに思えない」という、残念なことにもなりかねません。

 

でも、レザーを使ったスニーカーなら、カジュアル過ぎず、

年齢に相応しい上品さ落ち着き感

そして軽快なフットワークを失うことなくカッコいいジャケパンスタイルを楽しめます。

ジャケジレコーデ

足元が重い印象だと、女性から見えても野暮ったく感じる可能性が高くなります。

 

足元は軽快にすることで、スッキリ感もアップします。

 

パンツを変えてみる

 

ジャケットに合わせるパンツはスラックス

 

これは間違いではありません。

しかし休日のジャケパンなら、もっと違った選び方を楽しめます。

 

スリムタイプのスラックス

白シャツ_カジュアル

 

デニム

どちらもカジュアルな印象と、スッキリとしたシルエットになりますので、

鏡に映った自分を見ても「これなら大丈夫」と感じられるはず。

 

ジャケットを変えてみる

 

仕事なら難しいかもしれませんが、休日なら柄の入ったジャケットでも大丈夫です。

 

また、季節に合わせた素材を使ったジャケットも選びたいですね。

 

ジャケットは見た目の大部分を占めますので、少し替えるだけで印象が大きく変化します。

ジャケパンスタイル2

 

2.大人のジャケパンスタイルで気をつけたいポイント

 

 

大人の休日ジャケパンスタイルで気をつけたいポイントを紹介します。

 

落ち着きを演出

 

柄や色が少しくらい派手でも休日なのでOKですが、チャライ感じにしてはいけません。

 

派手な配色や柄と、軽そうに見えるのは別です。

年齢相応の落ち着きを演出することを意識しましょう。

 

例えば、ジャケットがものなら、パンツはシンプルに無地

インナーもシンプルなものを選ぶようにすると、ガチャガチャとした印象になりません。

 

季節感を忘れない

 

これは大切です。

 

夏には涼しそうな素材、冬には暖かそうな素材を選びましょう。

特に婚活中の方や、休日デートジャケパンを利用される場合は、季節感は大切です。

 

女性はこういった部分に敏感ですので、気を抜かずにおきましょう。

スーツ_ブラウン

ジャストサイズを目指す

 

休日だから楽にしたい。

気持ちはわかります。

しかし、ジャケパンを選ぶときには、オーバーサイズではなくジャストサイズを選んでもらいたいのです。

 

ジャケットやパンツがオーバーサイズ気味だと、

シワが出てしまいやすいですし、ダラダラとした印象になりがちです。

 

大人のジャケパンには、スッキリとしたシルエットと清潔感が重要ですので、

できればオーダーでジャケパンを持っておかれると安心です。

ダンコレのように、ジャケパンのオーダー専門店を利用することで、

あなたのカラダにぴったりフィットした世界に一つのジャケパンを手に入れることができます。

 

自分に合ったジャケパンは、間違いなく自信を持たせてくれます。

 

残念な人の「買ったまま感」

 

ダンコレの場合は、お渡しの時に対応しますので問題ありませんが、

既製服を購入された場合、仕立て中に使っていた「」が付いたまま着ている人がいらっしゃいます。

 

これ、どんなにキメていてもカッコがつきません。

 

着るときにチェックするだけで解決できます。

ベルトと靴の関係

 

レザースニーカーではなく、ローファーなどカジュアルな革靴を選ばれる場合には、ベルトとの関係に注意しましょう。

 

この場合の関係は、ジャケパンだから特別なことがあるのではなく、スーツと同じ同色系」にすることです

ブラウンシャツ

そしてベルトは休日でも「シンプル」なデザインのものを選んでおくと、

ウエストラインがキリッとしますので、スタイルもよく見えます。

 

まとめ

 

40代50代の男性にとって休日ファッションは本当に難しいと思います。

 

アパレルショップを覗いてみても、20代30代の男性向けの服しか揃っていないことも多いです。

 

だからと言って、百貨店に足を運んで見ても、買いづらいくらい高額なものや、

ブランド名がデカデカとプリントされたものしかないこともあります。

 

そのため、せっかく「おしゃれ」したいと思っていても、「面倒だしいいか」となり、

休日はスポーツウェア、がんばってもゴルフおじさんになってしまっているという方もいらっしゃることでしょう。

 

しかし今回ご紹介しましたように「ジャケパン」なら、休日のファッションもオシャレに楽しめるはず。

また、自分に合う色や柄、サイズがわからないという場合は、

ダンコレのような「ジャケパンオーダー店」に相談いただきましたら、丁寧にご説明させていただきます。

 

ぜひ、今年は大人の休日ファッションとして「ジャケパン」デビューしてみられてはいかがでしょうか。

 

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら