ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

一瞬で洒落者の仲間入り!?男のスーツ姿を華やかに彩るカフリンクスとは

もしあなたが、「スーツスタイルをワンランク上に格上げしたい」と思っているのならカフリンクスはオススメです。

袖口からチラッと輝くカフリンクスは、上品さやセクシーさ、豪華な高級感など普通のボタンでは到底演出できない雰囲気をあなたに約束してくれます。

周りと違う印象を相手に与えたい・・・そんな洒落者のあなたにピッタリのアクセサリーなのです。

今回はそんなカフリンクスについてお話していきます。

カフリンクスとは

http://www.azabutailor.com/blogs/shinjuku-east/2011/09/
http://www.azabutailor.com/blogs/shinjuku-east/2011/09/

カフリンクスには「シャツの袖口のボタンホールを繋ぐもの」という意味があります。

袖口をボタンでとめるシャツが主流ですが、大人の洒落者はフレンチカフスシャツ×カフリンクスという一味違う楽しみ方を知っています。

カフリンクスで留められたなだらかなカーブのフレンチカフスはセクシーかつ上品な男にピッタリです。

そんなカフリンクスですが、19世紀の中ごろに使われ始めました。

当時はパリッと糊づけされたシャツが主流でした。

しかし、しっかりと糊づけされすぎていたためボタンでは留められませんでした。

そこでカフリンクスが使われるようになったのです。

カフリンクス×フレンチカフスの誕生秘話

http://www.azabutailor.com/blogs/shinjuku-east/2011/09/
http://www.azabutailor.com/blogs/shinjuku-east/2011/09/

当時はシングルのカフリンクスしかありませんでした。

しかし、時が流れるにつれメンズシャツのトレンドが変わります。

20世紀初頭には、よりカジュアルなカフスのシャツが主流となったため、シングルのカフスでは柔らかすぎてカフリンクスがかっちりと留まらないという問題がでました。

そこで登場したのが、二重に折り返すフレンチカフスです。

カフリンクスを袖口でかっちりと留めるために、シャツの袖口を折り返して厚みをつけたのです。

このような流れでカフリンクス×フレンチカフスという合わせが誕生しました。

しかし現在では、一部の洒落者の間でしかカフリンクスはつけられていません。

その原因としては、フレンチカフスのシャツを入手しにくいこと、カフリンクスよりもボタンの方が気楽につけられるということなどがあげられます。

ただ、それらの欠点を考慮してもカフリンクスを使う価値はあります。

それほどカフリンクスはエレガントで上品な雰囲気を演出したい大人の男にとって使えるアイテムなのです。

カフリンクスの種類

カフリンクスには大きく分けて以下の3つの形状があります。

・チェーンタイプ

・バーでつなぐタイプ

・留め金をまわして留めるタイプ

http://www.suit-concept.jp/fs/suitconcept/cufflinks04
http://www.suit-concept.jp/fs/suitconcept/cufflinks04
http://blog.livedoor.jp/cpiblog01513/archives/cat_50029036.html
http://blog.livedoor.jp/cpiblog01513/archives/cat_50029036.html
http://wagaraku.jugem.jp/?eid=159
http://wagaraku.jugem.jp/?eid=159

また素材に関しては、シルク、コットン、布製、シルバー、ゴールド、ストーン、ガラス、クリスタル・・・など様々なモノが存在しています。

このようにカフリンクスと一言で言っても、セクシーさを演出するモノ、高級感溢れるモノ、チョイ悪な遊び心を表現するモノ、シンプルで上品なモノ・・・などその日の気分やTPOに合わせてチョイスできるほど幅広い場面で活用できるのです。
 

まとめ

今回は男のスーツスタイルを格上げするカフリンクスについてお話しました。

現在では一部の洒落者の間でしか使われていませんが、あなたのスーツスタイルをワンランク上に格上げしたいのなら、カフリンクスはオススメです。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら