2020年3月29日

15分で分かる!まわりから好印象を得る30代男性の服選び20のコツ

クローゼットの中に服は大量にあるけどイマイチ決まらない・・・
ブレンドセレクトショップに行くけど、どれを選んで良いのか正直分からない・・・
オフィススタイルはスーツで何とかなるけど、休日スタイルは自信がない・・・

あなたはそう悩んだことはありませんか?

特に休日スタイルは自由度が高く、スーツさえ着用しておけば大丈夫というわけにはいきません。

数あるアイテムの中から自分に似合った服を選ぶのは大変ですよね。

しかも残念なことにあるバイヤーが言うには、9割の人が間違った買い物をしているそうです。

そこで今回は服選び20の秘訣をお伝えします。

この秘訣を知ればオフィススタイルはもちろん、休日コーデの洒落度がアップします。

ぜひこの秘訣を活用して、同僚や友人、女性からの印象をさらにあげてください。

大人はオールシーズン長袖シャツを活用

image004

春夏秋冬と季節に関係なく活用できる長袖シャツ。

炎天下の真夏になると半袖シャツを着用するビジネスパーソンが街中に溢れています。

しかし、半袖シャツは袖の筒が大きく作られており、二の腕にフィットしません。

そのため、どこか野暮ったい印象を相手に与えてしまいます。

半袖シャツをスマートに着こなすことは無理なのです。

実際に40℃を超える真夏のイタリアでは、スーツに半袖を合わせている男性をほとんど見かけません。

「そんなこと言っても、夏になると暑いじゃないか」

という声が聞こえそうですが、その時は長袖シャツを腕まくりしたほうがセクシーに見えます。

また、腕の汗や皮脂でジャケットの裏地が汚れるのも防いでくれます。

それに、半袖は夏場しか着用できません。

半袖シャツを3~4枚購入するなら、クオリティの高い長袖シャツを1~2枚購入したほうがコスパは高いです。

大人はオールシーズン長袖シャツで決まりです。

シルエットでチノパンを選ぶ

引用 http://www.bronline.jp/item/detail/8909/?shop_mode=ring
引用 http://www.bronline.jp/item/detail/8909/?shop_mode=ring

ジーンズやスラックスなど数あるボトムスの中でも、ドレスシーンからカジュアルシーンまで幅広い場面に合わせやすいため、ついついヘビーローテーションしてしまうチノパン。

そんなチノパンの命と言えるのが、仕立てとシルエットです。

シルエットは、膝したから足元にかけて徐々に細くなっているテーパードラインがスタンダード。

さらに、プレスラインが入っているものをチョイスしましょう。

スーツのパンツをイメージしていただけると分かりやすいかと思います。

この2点を守ることで、ジャケットと合うチノパンを選ぶことができます。
(足長効果もあります)。

この2点を満たしたチノパンをセレクトショップで発見したら、それを手の取り試着ルームに入ってみてください。

その時は、ウエストのサイズ感よりもヒップと太もものフィット感に注目しましょう。
(ウエストは5cmほどお直し可能ですが、ヒップは少ししか直せないからです)。

もし、ヒップがつっていたり、ポケットが開くようなら別のサイズに換えましょう。

パンツ丈は靴下がチラッと見えるかどうかがベストです。

ちなみに現在のトレンドは、ノータック×ダブル(裾上げ)です。

コットンサテンパンツが便利

引用 https://www.playful-dc.com/products/details12052.html
引用 https://www.playful-dc.com/products/details12052.html

あなたはコットンサテンパンツをご存知ですか?

あまり知名度はありませんが、一枚持っているとカジュアルスタイルからクールビズスタイルまで対応できる便利アイテムです。

コットンサテンパンツを簡単に言うと、ジーンズの形をしたコットンサテン素材のパンツです。

サテン生地と聞くと、昭和のスターが着用する光沢感のある衣装を思い浮かべるかもしれませんが、コットンだと光沢感はほぼありません。

ジーンズやチノパンよりも優美な印象を与えることができるのです。

そのため、コットンサテンパンツ×ネイビージャケットの組み合わせは、オフィススタイルやクールビズにも対応可能です。

もちろん、休日のオフスタイルにも活用できます。

そんなコットンサテンパンツですが、Leeのウエスターナーというモデルが人気です。

しかし、ウエスターナーは生産量が少ないため、中々入手できないのが難点です。

休日はスエードチャッカブーツ

引用 http://shop.gloryguy.jp/?pid=34593611
引用 http://shop.gloryguy.jp/?pid=34593611

あなたは普段、ビジネスシーンでは革靴を履いていると思います。

相手への印象が大切なビジネスシーンにおいては見た目重視の靴を履くのがベター。

しかし、休日は見た目と機能を兼ね揃えた靴を履きたいもの。

そこでおすすめなのはスエードチャッカブーツです。

洒落者感を醸しだすスエード素材のブーツは見た目はgood。

ジーンズやスラックス、チノパンなどカジュアルスタイルからドレススタイルまで幅広いコーデにマッチします。

さらに、ラバーソールなので雨にも強いです。

使いやすいカラーは、黒と茶。

スエードチャッカブーツのカラーに合わせてベルトをチョイスすれば全体がまとまります。

クラークスのデザートブーツは汎用性抜群

引用 http://www.presence.gr.jp/shop-index/23_650.html
引用 http://www.presence.gr.jp/shop-index/23_650.html

「チャッカブーツと似ている」

あなたは一目見てそう思われたかもしれません。

チャッカブーツとデザートブーツ、このふたつは見た目が似ていますが起源が違います。

チャッカブーツは乗馬用のブーツ。
デザートブーツは砂漠で使用するためのブーツ。

そのため、デザートブーツの方がカジュアル色が強いです。

中でも、おすすめは「クラークス」のデザートブーツ。

こちらのブーツは1950年に発売されてから1995年には累計1000万足を販売して「世界で一番売れた革靴」としてギネスに認定されています。

もともと砂漠で使用するためのブーツとして開発されているため、通気性やクッション性は抜群。

スニーカー感覚で履けるのに、上品な大人コーデに仕上げてくれます。

長袖ビズポロはオールシーズンを通して活躍

引用 https://voi.0101.co.jp/voi/webshop/closeup/0483.jsp
引用 https://voi.0101.co.jp/voi/webshop/closeup/0483.jsp

クールビズが導入されて、数々のアイテムが販売されてきました。

なかでも、ビズポロは大成功したアイテムと言えるでしょう。

ビズポロを各メーカーが競って発売しているおかげで、豊富なカラーから選べます。

では、ビズポロは普通のシャツと何が違うのでしょうか?

それは“ドレス仕立てのポロシャツ”だということです。

鹿の子編みにカフス仕立ての袖、台襟が付いた襟などエレガントな仕上がりになっています。

ネクタイをキュッと締めてジャケットを羽織れば、普通のシャツと見分けがつかないほどです。

そのためビズポロは普通のポロシャツと違い、一枚で着るもよし他のアイテムとあわせるもよしの汎用性の高いアイテムです。

スーツ以外にも、カーディガンやピーコートなどカジュアルスタイルとも相性抜群。

また、通気性やストレッチ性、吸収性など機能性も抜群です。

さらにシワになりにくく、アイロンをかけなくてもいいので管理が非常に楽です。

オン・オフ兼用の長袖ビズポロはオールシーズン活躍するおすすめアイテムです。

春夏はウール×ネイビージャケットでシワ無し

引用 http://www.bronline.jp/item/detail/10962/?shop_mode=guji
引用 http://www.bronline.jp/item/detail/10962/?shop_mode=guji

蒸し暑い真夏はスーツを羽織るよりも、手にかけて持ち運ぶ時間の方が多くなりがちです。

だからこそ、夏のスーツはシワにならないのが絶対条件。

そこでおすすめは、ウール素材のジャケット。

ウールは、軽くてシワになりにくい。さらに耐久性も抜群な優秀素材。

しかも、一般的には夏用素材だと思われがちですが、冬にも活用できるのです。

そんな優秀素材のウールの中でも、特にシワになりにくいのが強撚ウール。

スーツを畳んで鞄に入れても、腕にかけて一日中歩き回ってもシワにならない優れものです。

そんな強撚ウールジャケットに王道ネイビーカラーをチョイスすると汎用性抜群。

王道×丈夫の要素を兼ね揃えたネイビー強撚ウールジャケットは5年は羽織れます。

*強撚ウール・・・通常よりも撚りの回数が多い糸を使用することで、強度とシワに対する反発力や回復力を高めたウール素材。(引用 成功している男の服選びの秘訣40 P58 講談社)

ジャケット×ベストは同素材で決まり

引用 http://bbl-shop.com/?mode=f715
引用 http://bbl-shop.com/?mode=f715

春夏からジャケット×ベストのツーピースを揃えた方が良いと聞くと、少々面食らいませんか?

しかし、セットでそろえておくと、春から秋にかけて活用できるため便利です。

夏になるとシャツ一枚で動く機会が大半だと思いますが、ウエストからシャツがはみ出してだらしのない印象を相手に与えてしまいます。

そんなときはベストを着用してみてください。

だらしのない雰囲気が一変し、途端にキチッとしたできる男の雰囲気を放つことができます。

また、スーツを着るのに抵抗がある蒸し暑い日は、ベスト×シャツが便利です。

想像してみてください。

ベストを着用し、長袖シャツを腕まくりして打ち合わせに臨む。

シャツ一枚で臨むよりも仕事ができる男という感じがしませんか?

ベストの色ですが、汎用性の高いブラックやブラウンがおすすめ。

もしあなたが休日のオフスタイルにも活用したいのなら、シアサッカーやコードレーンもgood。

ウールパンツはこの2種類を用意

引用 http://www.bronline.jp/item/detail/31702/?shop_mode=
引用 http://www.bronline.jp/item/detail/31702/?shop_mode=

夏のクールビズ用に準備しておきたいのは、ミディアムグレーとチャコールグレーのウールパンツ。

ミディアムグレーは着る人を選びません。誰にでも似合います。

さらに、どんなジャケットカラーにも馴染みます。

足元に茶系の靴を持ってくるとバランスがいいです。

チャコグレーは下半身が引き締まりスマートに見えます。

また、黒の靴によく馴染みます。

汗がダラダラと流れ出る夏場は、ミディアムグレーとチャコグレーの2色をローテーションするといいでしょう。

ウールパンツのシルエットですが、細身×ノータックがおすすめです。

サイズの合わないグレーパンツは老けた高校生のような印象になります。

サイズ感には十分注意をしましょう。

3年以上羽織れるネイビージャケットの選び方

引用 http://www.bronline.jp/item/detail/7619/?shop_mode=ring
引用 http://www.bronline.jp/item/detail/7619/?shop_mode=ring

王道中の王道アイテムと言えばネイビージャケット。

オン・オフ兼用で幅広い場面で活用できることはあなたも既にご存知だと思います。

トレンドに左右されない王道ネイビーは最低でも3年は羽織りたいもの。

そこで、経(たて)・緯(よこ)双糸の生地をチョイス。

これは、撚の強い糸を使用したモノで抜群の耐久性と独特なハリが特徴です。

3年以上羽織りたいのならイギリス製か日本製の経・緯双糸の生地を選ぶといいでしょう。

ちなみに、あなたはブレザーとジャケットの違いをご存知ですか?

両者の違いはメタルボタンか否かです。

メタルボタンならブレザー、そうでないならジャケットです。

初ハリスツイードならヘリンボーン柄が無難

引用 http://www.trad.jp/order_aw-jacket.html
引用 http://www.trad.jp/order_aw-jacket.html

スコットランド北西部の島民が自宅の機械で織った生地をハリスツイードと言います。

保温性と10年は羽織れる耐久性が特徴で2011年の秋冬にブームとなった生地です。

この生地は、コーディロイやスエードなどの起毛素材のパンツと相性抜群です。

さらにデニムやチノパンといった定番アイテムとも馴染むので、休日のオフスタイル用ジャケットとして活躍してくれます。

織物の種類は多くありますが、あなたが初ハリススイードならグレーのヘリンボーン柄がおすすめです。

これは世界で最も売れているハリスツイードの生地で、「キングオブ・ハリスツイード」と呼ばれています。

ハリスツイードは10年は羽織れるほど耐久性があるため、トレンドに左右されない王道デザインを選ぶことをおすすめします。

グレーウールパンツは薄手と厚手の2つを用意

引用 http://www.bronline.jp/item/detail/4532/?shop_mode=leon
引用 http://www.bronline.jp/item/detail/4532/?shop_mode=leon

薄手と厚手のパンツを用意するのは、トップスの素材感と合わせることができるからです。

この素材感を意識することができると、同じデザインや色のコーデでも驚くほど印象が変わり、垢抜けた雰囲気を演出できます。

素材には紡毛と紡毛があります。

紡毛は長い繊維をメインにした糸です。

紡毛は短い繊維を紡いだ糸です。

トップスが紡毛ならパンツも紡毛で、トップスが紡毛ならパンツも紡毛にあわせるとお洒落に着こなせます。

逆に、デザインや色はあっているのにどこか違和感があるのなら、それは素材感が合っていないからです。

春夏ジャケット用に薄手のパンツを、秋冬ジャケット用に厚手のパンツを。

そのためグレーウールパンツは薄手と厚手の2種類を用意しておくと完璧です。

ハイゲージニットの理想は30ゲージ

引用 http://www.ring-store.jp/fs/ringstore/36051013027
引用 http://www.ring-store.jp/fs/ringstore/36051013027

秋冬に欠かせないニットアイテム。

ニットは2,54cmの中にいくつ網目が入っているか(ゲージ)で、ローゲージ、ミドルゲージ、ハイゲージと分類されます。

ローゲージは2,54cmの中に網目が5以下
ミドルゲージは2,54cmの中に網目が6~11
ハイゲージは2,54cmの中に網目が12以上

30ゲージのニットは網目が物凄く細かくて、直接肌に着てもちくちく感をほとんど感じず、まるで皮膚のような感触がします。

30ゲージニットの特徴ですが、思わずうっとりするような滑らかな肌触りです。

さらにインナーに着用しても、モコモコともたつきません。

タートルネックもいいですが、おすすめはカーディガンです。

シャツに重ねてもよし、スーツの下に着用してもよし、ジャケットと同系色のカーディガンを羽織ってツーピースを演出してもよしと、30ゲージニットのカーディガンが一着あると幅広いコーデが決まります。

その際は、タイトなシルエットを選ぶようにしましょう。

大人だからこそピーコートが似合う

引用 http://www.albano.jp/index_58.html
引用 http://www.albano.jp/index_58.html

イギリス海軍のユニフォームとして着用されていたピーコート。

若い世代が着ているイメージがありますが、最近では大人の男性からも注目されています。

以前のピーコートは、防水性や防寒性を重視した厚手でごわごわした素材感が特徴の重量感を感じるアイテムでした。

しかし、素材感やディティール、サイズ感が以前のものと大幅に変わっています。

カシミアやフランネルを使用した柔らかい素材に、着丈の短いジャストフィットなサイズ感、タイトなシルエットとスマートかつ大人な雰囲気を醸しだすピーコートが現在の主流です。

また、インナーを選ばない魅力があります。

ニットやシャツ、カーディガンなどインナーにどんなモノを持ってきてもサマになります。

ただし、カジュアル色の強いアイテムなので、ビジネスシーンでは活用しにくいです。

休日のオフスタイル専用と割り切りましょう。

長袖シャンブレーシャツ

引用 http://www.eddiebauer.jp/
引用 http://www.eddiebauer.jp/

シャンブレーとは、縦糸に色糸、横糸に白糸を使用した薄手の平織物です。

近年は、シャンブレーを使用したシャツが、雑誌やテレビなどのメディアに頻繁に取りあげられており、トレンドになっています。

10~20代ほどの若者の間ではカジュアルシャツとして着用されることの多い生地ですが、30~40代の大人世代にはドレス仕立てで着こなすと面白いです。

台襟のあるモノをチョイスして、プレスをしてスーツにタイドアップで着用すれば、大人風のカジュアル感を醸し出せます。

また、休日にはニットの下にシャンブレーシャツを着るとスマートな雰囲気を演出できます。

白シャツやビズポロ、ネイビージャケットと同様にシャンブレーシャツも年間を通して活用できる万能アイテムなので、2~3枚入手しておくと便利です。

旅行にはサファリジャケットがおすすめ

引用 http://www.bronline.jp/item/detail/31760/?shop_mode=
引用 http://www.bronline.jp/item/detail/31760/?shop_mode=

1970年代にファッションデザイナーのイヴ・サンローランによって、人気アイテムとなったサファリジャケット。

もともとは、アフリカでの狩りの際に活用することを目的に考案されたジャケットです。

そんなサファリジャケットですが、ひじパッチや肩パッチなどの特徴的なディティールを残しつつも、タイトなシルエットや柔らかい素材感など現在のトレンドを取り入れて大幅に進化しています。

とはいえ、その機能性は薄れていません。

本来ジャケットのポケットにモノを入れるのはタブーなのですが、サファリジャケットに関しては堂々とモノを入れることができるポケットが付いているので便利です。

そのため、パスポートや財布、スマホなど旅行に必要な小物を全てポケットに入れることができるため、ホテルや空港でスッと必要なモノを取り出すことが出来ます。

さらに、カジュアル色が強いと言っても、ジャケットには変わりないためホテルのチェックイン時にも堂々と振舞えます。

チェックジャケットのベースはネイビー、グレー、ベージュで

引用 http://www.bronline.jp/item/detail/10156/?shop_mode=guji
引用 http://www.bronline.jp/item/detail/10156/?shop_mode=guji

近年、トレンドとなっているチェック柄ジャケット。

洒落者感が漂うチェック柄ですが、ドットやストライプなど他の柄と比べてカジュアル色の強いということを意識しておきましょう。

そのため、ドレスシーンやビジネスシーンではチェック柄よりもストライプの方が頻繁に活用されています。

逆に無地ジャケットをチェック柄に代えることで、途端にカジュアル色が強くなり休日のオフスタイルを華やかに彩ってくれます。

ただし、チェック柄は一歩間違えると、古臭い印象を与えてしまいます。

チェック柄を選ぶ際のポイントをお伝えします。

ベースカラーはネイビー、グレー、ベージュなどの王道カラーを選ぶと失敗はありません。

もし、レッドやグリーンなどのビビッドカラーをチョイスすると、下手をするとコスプレのようになってしまうので注意をしましょう。

チェック柄の大きさですが、初心者なら小さめのモノを、個性を表現したいなら大きめのモノを選ぶといいでしょう。

カーディガンを羽織る

引用 http://www.azabutailor.com/blogs/shibuya/2013/10/14/
引用 http://www.azabutailor.com/blogs/shibuya/2013/10/14/

休日スタイルにカーディガンを羽織ると女性受け抜群。

シンプルで大人の雰囲気を醸し出せるカーディガンを2~3枚持っていると便利です。

また、カーディガンの着こなしはシンプルです。

それだけに、フィット感と着丈が命です。

あなたも街中をあるくとカーディガンを少しゆったりめで着こなしている人を見かけたことがあると思いますが、カーディガンはジャストフィットが大原則です。

また、ネイビーやグレーが上品かつ洗練された印象を与えることができるのでおすすめです。

少々冒険したいのならパープルも魅力的です。

ユーズド加工アイテムには手を出さない

引用 http://goodtimer.exblog.jp
引用 http://goodtimer.exblog.jp

ユーズド加工アイテムと言えば、ダメージジーンズやウォッシュ加工ジャケットをあなたは思い浮かべたのではないでしょうか?

近年は、スニーカーやチノパン、シャツにまでユーズド加工を施したアイテムが発売されています。

確かに雑誌では頻繁に紹介されており、こなれ感を演出できるのがユーズド加工アイテムの強みです。

10~20代の若い世代がユーズド加工アイテムを取り入れるのは楽しいと思いますが、30~40代を超える大人が積極的に取り入れるのは少々考え物です。

なぜなら、休日のオフスタイルでさえも、ビジネスシーンに少なからず影響を与えるからです。

例えば、セミナー後の懇親会で意気投合した相手と休日にすれ違ったときに、ボロボロのダメージジーンズをあなたが着用していたら、下手をすると相手の信頼を損なうかもしれません。

また、意図的にこすったり汚したりしているユーズドアイテムは耐久性が落ちますし、プロの眼からみたら使い込んだアイテムとユーズドアイテムの差は一目瞭然です。

もちろん、人によって価値観は異なりますので一概にユーズドアイテムがダメとは言えませんが、相手への印象を考える必要がある大人男性にとっては、ユーズドアイテムは手を出さないほうが無難です。

白シャツを極める

引用 http://magazine.campus-web.jp/archives/176589
引用 http://magazine.campus-web.jp/archives/176589

あるバイヤーは「男性のファッションは白シャツにはじまり、白シャツに終わる」と言っています。

実際に、スタイリストやイメージコンサルタントなどのファッションに関するプロは、白シャツを何枚も入手している人が多いです。

そして、その白シャツが痛んできたら、同じ白シャツを購入するというこだわりを持っています。

セレクトショップを訪れると数え切れないほどのアイテムが並んでいますが、「白のドレスシャツ」を存分に着こなすことに知恵を注ぐのは、お洒落上級者の第一歩と言っても過言ではありません。

袖を内側にロールする、袖を無造作にまくしあげる、プレスをしてキチッと着こなす、グリーンパンツを合わせる、胸元のボタンをあける、シャツの襟を上げる・・・

白シャツと言っても、気分やTPOによって様々な表情を演出可能です。

街中を歩いているとき、ファッション雑誌を読んでいるとき、セレクトショップに訪れたとき・・・白シャツを着用している人を事細かに観察してみると、着こなしのヒントが見つかります。

オン・オフ兼用で活用でき、年間を通して最も着用する白シャツだからこそ極める価値があるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

今回は大人男性の服選びの秘訣を20個お伝えしました。

imasia_8052900_M

秘訣1: 大人はオールシーズン長袖シャツを活用
秘訣2: シルエットでチノパンを選ぶ
秘訣3: コットンサテンパンツが便利
秘訣4: 休日はスエードチャッカブーツ
秘訣5: クラークスのデザートブーツは汎用性抜群
秘訣6: 長袖ビズポロはオールシーズンを通して活躍
秘訣7: 春夏はウール×ネイビージャケットはシワがつきにくいので便利
秘訣8: ジャケット×ベストは同素材でまとめる
秘訣9: ウールパンツはこの2種類を用意
秘訣10: 3年以上羽織れるネイビージャケットは経・緯双糸の生地を選ぶ
秘訣11: 初ハリスツイードならグレーのヘリンボーン柄を選ぶ
秘訣12: グレーウールパンツは薄手と厚手の2つを用意
秘訣13: カーディガンは30ゲージニットを選ぶ
秘訣14: タイトなピーコートを選ぶ
秘訣15: 長袖シャンブレーシャツ
秘訣16: 旅行にはサファリジャケットがおすすめ
秘訣17: チェックジャケットはネイビー、グレー、ベージュをベースにする
秘訣18: カーディガンはフィット感とサイズ感が命
秘訣19: ユーズド加工アイテムには手を出さない
秘訣20: TPOや気分にあわせて白シャツを着こなす

服を選ぶ際は上記の秘訣を参考にするとお洒落度がアップして、まわりからの印象はさらによくなるでしょう。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス