ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

シーンによってベルトを選ぶ。ワンランク上のジャケパンコーデ。

お気に入りのベルトを1本持っていると、ジャケットとパンツの組み合わせは変えるのに、ベルトはいつも同じもの。

せっかくおしゃれをしていても、最後の詰めで手を抜くと、すべてが台無し。

ベルトは靴やシャツほど注目されませんが、実はシルエットを作る上では大切なアイテム。

女性のワンピースに映える細いベルトを思い出してください。

もしあの細いベルトが、パンツのときと同じベルトだったら。

あなたは、その女性のファッションにガッカリしませんか?

それと同じで、男性のジャケパンにもベルトのコーディネイトは必須。

そこで今回は、シーンに合わせたおすすめのベルトを紹介します。

カジュアルにおすすめ、ポールスミス

http://www.paulsmith.co.jp/shop/men/accessories/belts/products/5537936000NE1501
http://www.paulsmith.co.jp/shop/men/accessories/belts/products/5537936000NE1501

ビジネルパーソンにもファンが多いポールスミス。

定番のボーダーを使用したマルチカラータイプの上品なベルトです。

カジュアルシーンで活躍する繊細な発色のベルトですから、遊び心を出しながらも、腰まわりをすっきり上品に見せてくれます。

ビジネスシーンなら、ダンヒル

https://www.dunhill.com/jp/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88_cod46438942jv.html
https://www.dunhill.com/jp/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88_cod46438942jv.html

紳士のためのハイブランド、ダンヒル。

ビジネスでかっちりジャケパンを着こなしたい。

そんなときに重宝するのが、このシンプルなブラック皮のベルトです。

「Dunhill」のロングテール型ロゴがあしらわれているデザインが、洗練された大人にふさわしい雰囲気を表現しています。

ちょっと目立ちたいなら、グッチ

http://www.gucci.com/jp/styles/414516CVE0N6438
http://www.gucci.com/jp/styles/414516CVE0N6438

イタリア高級ブランドのグッチは、ブランドの存在感をアピールしながらも、今までのグッチにはなかった、古き良きアメリカをイメージさせるデザインのベルトを発表しました。

バックル部分に「GG」をあしらったベルトは目立てること間違いなし。

アクセサリー的に使うことでカジュアルはもちろん、ビジネスカジュアルでも使えるベルトです。

まとめ

ベルトと言っても、シーンによって使うべきベルトは変わってきます。

素材であったり色であったり、バックルの大きさであったり。

ジャケットをシーンで選ぶのと同じように、ベルトもシーンによって選んでほしい。

ベルトが違うだけで、上品でおしゃれな中にピリッとスパイスを効かせることができます。

これからの季節、ジャケットを脱ぐ機会も増えますから、チラ見せできるベルトを選んで、ワンランク上のコーデを楽しんでくださいね。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら