2020年5月28日

スペインの古くて新しい魅惑のロエベ、そのカフリンクス

ロエベといえば、女性ならそのエレガントなロゴをすぐに頭に思い描くことが出来るほど、有名な高級ブランドです。

ロエベは革製品から出身していますが、どちらかというとプレタポルテの方が知られているかもしれません。

ルイ・ヴィトンと肩を並べるそんなロエベのカフリンクスをつけていたら、きっと女性は見逃さないはず。

あなたを相当な洒落者だと評価するでしょう。

ロエベに関するミニ知識を身に付けて披露すれば、女性はもうメロメロかも。

皮革工房が原点、ロエベの歴史

http://www.loewe.com/jp_ja/about/
http://www.loewe.com/jp_ja/about/

1846年、数人のスペイン人皮革職人によって、ロエベのルーツとなる工房が、マドリード市内に開かれました。

当時はレザーケースやバッグ、財布、煙草入れなど、レザー製品のみを扱っていました。

1872年、ドイツの職人エンリケ・ロエベ・ロスバーグがマドリードのエチェガライ通りにあるこの工房を見学し、職人たちの卓越した技術や製品の品質の良さに感銘を受け、ともに工房で働くようになりました。

その後この工房で作られる製品がマドリードの貴族たちを魅了するようになり、工房の規模の徐々に拡大して1892年、マドリード市内の当時の流行発信地であるプリンシベ通りに、店舗併設型の工房「E.ロベエブティック」を開きました。

また、この頃から婦人用ハンドバッグも手掛けるようになりました。

1905年には、固定客の一人、コンキスタ公爵夫人によってスペイン王室に紹介され、その製品が高く評価されたことにより、王室御用達の称号を授かりました。

1910年代頃よりバルセロナ他国内主要都市に次々と店舗をオープンし、同時にトラベル用品やインテリア小物、靴、ギフト製品などの商品も展開していきました。

加えて海外ブランドのOEMも開始し、シャルル・ジョルダンやロジェ・ヴィヴィエ、クロエ、クリスチャン・ディオールなども手が照るようになりました。

1939年、ビジネスの中心地グラン・ビア8番地において、独創的な半円形のショーウインドウを持つブティックをオープンします。

この建設には高名な建築家であるフランシスコ・フェレ・バルトロメが携わっており、ロベエの洗練されたイメージをより確固たるものにした形になりました

その後の店舗建設にはデザイナー兼アートディレクターであるホセ・ペレス・デ・ロサスが携わり、商品のディスプレイにとどまらない、エレガントでゴージャスにして洗練された、夢のような舞台を演出したショーウインドウが話題となりました。

この頃からヨーロッパを中心に、様々な国の貴族たちがロベエを訪れるようになり、当時モナコ王妃であったグレース・ケリーなども、ゲストブックに名を連ねています。

1959年に建設された、マドリードの新たな店舗には、スペインで最も権威のある建築家、ハビエル・カルバハルが携わっており、スカンジナビアスタイルという内装と外装にコントラストを利かせた新しいコンセプトが、アバンギャルドなブランドというロベエの新たな評価につながりました。

モダンでクラシカル、ロエベのイメージ

http://www.loewe.com/jp_ja/lookbookroot/aw16-men-s-lookbook.html
http://www.loewe.com/jp_ja/lookbookroot/aw16-men-s-lookbook.html

皮革工房から始まったエンリケ・ロベエですが、3代目のエンリケ・ロベエ・リンチが事業に参画するとウィメンズ・プレタポルテを開始し、新たな風を吹き込ませました。

その後メンズ・プレタポルテも展開し、1987年には初の紳士もの専門ブティックがマドリードにオープンしました。

現在はルイ・ヴィトン等数多くの高級ブランドを抱えるコングロマリットLVMHグループの傘下に入っており、その実力を世界に知らしめています。

ロエベのイメージは常に変化し続けますが、一貫しているのはトレンド感を大事にしながらも、長く身に付けられるようなデザインと機能です。

常にアーティストとコラボレーションしながら新鮮さを失わず、コンテンポラリーでありながらクラシカル、という風に時代に即しながらも160年という伝統も忘れません。

また、最先端技術を用いた素材を用い、ヘビーユースに耐えうる高品質を提供し続けています。

洗練されたカフリンクス

http://www.loewe.com/jp_ja//store-locator/
http://www.loewe.com/jp_ja//store-locator/

ロエベのカフリンクスはその特徴を生かした皮をあしらったものやロゴを模したものが中心ですが、シンプルなのにモダンな雰囲気を感じるファッション性に富んだデザインです。

http://www.loewe.com/jp_ja/leather-button-cufflinks-red-gold-nappa-brass-111-25-700.html
http://www.loewe.com/jp_ja/leather-button-cufflinks-red-gold-nappa-brass-111-25-700.html

ナパという強い皮製のリボンを結んだシンプルでスタイリッシュなデザイン。

目の覚めるような真っ赤な色が、シャツやスーツをより引き立てます。

http://www.loewe.com/jp_ja/leather-button-cufflinks-red-gold-nappa-brass-111-25-700.html
http://www.loewe.com/jp_ja/leather-button-cufflinks-red-gold-nappa-brass-111-25-700.html

ゴールドメッキの施された真鍮で出来た留め具は裏側も主張しています。

http://www.loewe.com/jp_ja/l-cufflink-palladium-111-08-792.html
http://www.loewe.com/jp_ja/l-cufflink-palladium-111-08-792.html

ロエベのロゴマーク「L」をあしらったシルバーのモデル。

クリエイティブ・ディレクター、ジョナサン・アンダーソンがこだわったロゴマーク。

シルバーのシャープさと優しくしなやかな曲線が共存するカフリンクスです。

http://www.loewe.com/jp_ja/round-cufflink-with-anagram-smoke-grey-111-09-794.html
http://www.loewe.com/jp_ja/round-cufflink-with-anagram-smoke-grey-111-09-794.html

アセテート素材のラウンジ型カフリンクス。

スモークグレイトホワイトのマーブル模様になっており、アースカラーを思わせる色遣いは、ダイナミックにもシックにも使いこなせそうです。

http://www.loewe.com/jp_ja/round-cufflink-with-anagram-smoke-grey-111-09-794.html
http://www.loewe.com/jp_ja/round-cufflink-with-anagram-smoke-grey-111-09-794.html

バックにはロエベの「L」を4つ組み合わせたロゴが入っています。

まとめ

ガウディ建築でも有名なスペインで、建築アートと共にその歴史を刻んできたロエベ。

日本では2014年に表参道ONEビルにリニューアルオープンしました。

店内には日本の益子焼やアンティーク家具などを配置し、スマートで意外性のあるその落ち着いた空間は、一見の価値ありです。

女性と一緒の表参道散策の際には足を運んで、その世界観を体験してみるのも楽しいでしょう。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス