2020年8月8日

それNG。女子しか知らないワイシャツから透けないインナー選び!

夏になるとジャケットを脱ぐ機会が増えますよね。

お聞きします!

あなたはワイシャツのインナーにどんな下着をつけているでしょうか?

もしかすると「清潔感があっていい」という使い古された感覚で、白色のインナーを着ていることはありませんか?

実は、キレイを目指す女子達の間では「透けない」を意識した場合、インナーに白を選ぶのは絶対にNGだとか。

えっ、理由ですか?

続きを読んでみてくださいね。

白のインナーがNGな理由

http://www.gunze-store.jp/products/31MC1815H
http://www.gunze-store.jp/products/31MC1815H

 

白は光の反射率がかなり高い色なんです。

たとえインナーに白を着ていたとしても、ワイシャツを通過した光をインナーの白シャツが反射して、白シャツの形をくっきり浮き上がらせてしまうのです。

これが「白なのに透けて見える」原因です。

そして、透けて見えるインナーは、一昔前のオジサンの典型。

キレイめ女子達からすると、清潔感はあるけれど、オシャレとしてはNGだそうです。

オススメなのは、コレ!

http://www.gunze-store.jp/products/31MC1815H
http://www.gunze-store.jp/products/31MC1815H

 

ワイシャツに浮き出さない、ワイシャツから透けないインナーの色。

女性ファッション的に言うと「アウターにひびかない」色。

それは、黒かグレーです。

この2色は、白よりも光の反射率が低いので、インナーの形がわかりづらくなります。

うっすらと透けることはありますが「あ~、黒のインナーなんだ」とわかる程度の透け感なので、まずはOK。

もっとオススメなのは、こっち!

http://www.gunze-store.jp/products/31MC1812H
http://www.gunze-store.jp/products/31MC1812H

 

いやいや、男たるもの、やるなら完璧に透けないようにしたい。

そんなあなたには、ベージュが最適です。

インナーが透けない鉄則は、

・肌色よりも濃い色を着る

・ベージュでもより濃い色を選ぶ

・ベージュがない場合は、マロン色、暗めのグレーを選ぶ

当然ですが女子達は既に何年も前から、透け感の対策を完璧に取っています。

インナーがよくても、ここがダメなら意味なし

image009

インナーの色はバッチリ。

ここで油断してはいけません。

最後の詰めを意識しましょう。

これは仕事でもファッションでも同じです。

最後の詰めを怠ると、すべてがガラガラと音を立てて崩れていきます。

大事なことをお話します。

これを守らないと、完璧NGです。

絶対に守らないといけないこと、それは、

ネックラインからインナーがはみ出していないこと。

せっかく透けないインナーを着ていても、中のシャツがワイシャツの襟元から見えていては、、、すべて台無し。

最後の詰め、気をつけてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

男性からすると、驚愕の話だと思います。

だって、長い間ワイシャツの下には白のインナー。

これが基本だと思ってた。

若い人の中には、柄もののTシャツを着て出社する人もいますが、それは根本的にビジネスとしてNG。

でも、白のインナーも、キレイめ女子からはNGだったとは、、、。

まぁ、この記事で新しいインナーの基本がわかったのですから、明日からはキレイめ女子からもOKが出るインナーをさっそうと着て出社してください。

きっと職場の女子達も、あなたのおしゃれセンスが変わったことをわかってくれるはずですから。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス