2020年5月25日

タリアデルフィノのジャケパン、ビジネスではアリ?ナシ?

日本での知名度はあまり高くありませんが、本国イタリアではおしゃれ上級者からゼニアやロロピアーナといったブランドよりも支持されているのが『タリアデルフィノ』です。

世界3大ミル(織物工場)の1つで、日本でも、生地そのものの質の高さを求める方はタリアデルフィノでオーダーされることが多いですね。

タリアデルフィノはスーツにももちろん、その品質に惚れ込み、ジャケパンスタイルに取り入れている男性も少なくはありません。

ただ一概に「ジャケパンスタイル」と言っても、ビジネスシーンを前提にしているのか、オフシーンでの着用なのか人それぞれ用途がありますよね。

同じブランドでも、オフシーンではとてもキマルのに、ビジネスシーンになるとちょっと浮いてしまう…。

そういったことも珍しくありません。

では、ビジネスシーンにおけるスーツには定評のあるタリアデルフィノ。

ジャケパンスタイルではどうなのでしょうか?ビジネスシーンで着用しても、問題ないのでしょうか?

今日はこれをテーマにお話したいと思います。

タリアデルフィノについて

image004

1903年、アルプス山脈のふもと、イタリア北部のスイスからほど近いビエラ地方にて創業。

日本での知名度は同じビエラ地方に本拠地を構えるゼニアやロロピアーナといったブランドよりも低いですが、本国イタリアではファッション関係者からの支持はその2つのブランドよりも高いです。

創業より高番手のウール、シルク、カシミアといった高級素材のみを最新の設備と技術で原毛から一貫生産しています。

ツヤのある繊細な色づかいと上品な柄を作るセンスが特徴で、特にチェック柄は一度手にるると、その魅力にとりつかれる男性も多いです。

ビジネスシーンにおけるタリアデルフィノ

https://static.pexels.com/photos/9635/suit-portrait-preparation-wedding.jpg
https://static.pexels.com/photos/9635/suit-portrait-preparation-wedding.jpg

結論から言うと、ビジネスシーンでタリアデルフィノのジャケパンスタイルは「アリ」です。

むしろビジネスシーンでジャケパンスタイルを着用するなら、タリアデルフィノは積極的に採り入れていただきたいブランドです。

というのも、タリアデルフィノはその生地自体の品質の高さはもちろん、ツヤがある色づかいでとても上品な雰囲気を演出してくれるからです。

タリアといえば、「チェック柄」

image008

タリアデルフィノといえば、上品でツヤのある色使いも特徴ですが、センスの良いチェックを作るデザイン力の高さに定評があります。

「ビジネスの場でチェック柄なんて!」

そう思わる方もいるかもしれません。

しかし、タリアデルフィノのチェック柄はビジネスシーンで映えるコレクションが多いです。

一見しただけでは無地に見える、うっすらさりげなくチェックがあしらわれているモデルもあり、「チェック柄」という理由だけで敬遠するはとてももったいないです。

チェック柄は柄が大きいとカジュアルに見えがちですが、チェック柄が細かいと上品さをより引き立たせる効果があります。

タリアデルフィノでジャケパンスタイルを取り入れるなら、是非、チェックにチャレンジしていただきたいと思います。

まとめ

image010 

ビジネスシーンでタリアデルフィノのジャケパンスタイルは大正解です。

その独特の発色の良さと手触りの良さはゼニアやドーメルといった高級ブランドの生地も霞んで見えるほど。

タリアデルフィノお得意のチェック柄をあしらえばより上品さをビジネスシーンで演出できるでしょう。

ビジネスシーンを想定したタリアデルフィノのジャケパンを着用することを迷われているなら…。

問題はありません!堂々とタリアのジャケパンスタイルを楽しみましょう。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス