ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

タキシードで結婚式に参加、正しい着こなしを知っていますか?

「ブラックタイでお越しください」

結婚式やパーティーの招待状にこう書かれていても、決して「黒いネクタイでお越しください」という意味ではありません。

ブラックタイは「タキシード着用」を意味するドレスコードです。

タキシード着用時には黒い蝶ネクタイを締めることから、転じてブラックタイ=タキシードを指すようになりました。

日本では結婚式に参加する際、ブラックスーツ=略礼服着用がマナーとされていますが、ブラックスーツは欧米のドレスコードではフォーマルにはなりません。

結婚式だけでなく、大人の男性にとってパーティーや観劇に出席する時などドレスコードとしてのタキシードくらいキチンと着こなせるようになりたいものです。

今日は、あまり知られていないドレスコートとタキシードの基本についてお話しします。

ドレスコードとは?

http://alana.io/?al_free_download=23541
http://alana.io/?al_free_download=23541

ドレスコードといわれても、タキシードしか思いつかない…。

では、タキシードってどういう場なら着用していっても良い服装なのでしょうか?

まずはドレスコードの基本について簡単にご説明いたします。

正礼装 フォーマル 昼:モーニングコート

夜:タキシードor燕尾服

準礼装 セミフォーマル 昼:ディレクターズスーツ

夜:タキシード

略礼装 インフォーマル ダークスーツ

スマートエレガンス ダークスーツ

カジュアルエレガンス ダークスーツ

ビジネススタイル スーツ

スマートカジュアル ジャケパンスタイル

タキシードはドレスコードにおいて、正装または準礼装となり、ドレスコードの格は高いです。

最も格が高い正礼装は、結婚式で新郎新婦の父親が着用する場合や、国家式典クラスの場に行かない限り、着用することはありません。

なので、一般的なフォーマルウェアとしてはディレクターズスーツやタキシードを着用する機会が多いのではないかと思います。

また、日本で略礼装とされているブラックスーツは日本独自の慣習で、欧米ではマフィアと間違われてしまうので注意しましょう。

タキシードの正しい着こなし

https://pixabay.com/photo-636021/
https://pixabay.com/photo-636021/

襟はピークドレペルかショールカラー

ピークドラペルとショールカラーは襟の形の名称です。

ショールカラーはスモーキングジャケットの流れを汲み、アメリカで生まれたのに対して、ピークドラペルは正装である燕尾服にも使われる襟の形なので、イギリスやヨーロッパではよく着られています。

シャツにもルールがある

・胸にプリーツ(ヒダ)がついていること

・袖口はダブルカフスになっていること

・胸の留めボタンの3~4つにスタッズボタンを取りつけられるようになっていること

シャツはこの3つが守られていなければいけません。

もちろん、色は白で番手の大きい細い糸で作られた素材のシャツを着用するようにしましょう。

蝶ネクタイとカマーバンド

タキシード着用時のネクタイは黒の蝶ネクタイです。

また、カマーバンドとよばれる腹巻きのようなものを装飾しますが、もともとはチケットやコインを入れておくために使われていたものなので、装着の際はヒダを上向きにして着用します。

また、蝶ネクタイとカマーバンドは同じ布で作られたものをチョイスしましょう。

ベルトではなくサスペンダー

フォーマルウェアではベルトは使用しませんので、ベルトの代わりとしてサスペンダーを着用することになります。

タキシードではカマーバンドを着けるので、腰回りをスッキリ美しく見せることが必要だからです。

サスペンダーの色はカマーバンドの色と合わせるのがおしゃれですが、フォーマルな場では蝶ネクタイもカマーバンドも黒になりますので、必然的にサスペンダーの色も黒になります。

スタッズまたはカフスボタンをつける

シャツの袖元にはスタッズかカフスをつけるのが正式な着こなしです。

タキシードは夜に着る正装なので、自然光ではなく人工照明に映える素材であるオニキスか黒蝶貝を選びましょう。

ポケットチーフも忘れずに

胸ポケットにはチーフを刺すのを忘れないようにしましょう。

色は白で、素材はシルクまたはリネンになります。

入れ方によって着こなしの印象がガラっと変わるので、鏡の前で練習しましょう。

足元はエナメルのパンプス

靴はエナメル素材がマナーになります。

というのも、エナメルは靴墨を塗らなくても光沢を保てるため、パートナーの女性のドレスやシューズを汚さなくてすむというジェントルマンな理由から考案されたからです。

しかし、現在では磨き込まれたカーフの内羽根なら失礼に当たりません。

靴下はもちろんビジネスシーンと同じく白ではなく黒になります。

まとめ

https://static.pexels.com/photos/1702/bow-tie-businessman-fashion-man.jpg
https://static.pexels.com/photos/1702/bow-tie-businessman-fashion-man.jpg

ドレスコードにおいて燕尾服の次に格が高いタキシード。

国家式典のような場所に出席しない限り、たいていのフォーマルな場ではタキシードでドレスコードはOKです。

「タキシード」と聞いて、なんとなくその姿かたちはイメージ出来るけど、意外と知られていないタキシード独特の着こなしマナーがあります。

タキシード専門店やテーラーに行けば、タキシードの着こなしに必要なアイテムが揃っていますし、スタッフは知識も豊富です。

分からないところがあれば、ドンドン聞いてみましょう。

結婚式だけではなく、パーティーや観劇といった大人の社交場に出席する機会が増えれば、タキシードを着用する機会は増えてくるかと思います。

是非、大人の嗜みとして、タキシード着こなしの基本をマスターしておきましょう。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら