ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

大統領も愛用!トップにふさわしい万年筆ブランドのシェーファー

シェーファーといえば、アメリカの歴代大統領であるニクソンやレーガン、日本の首相であった吉田茂も愛用した万年筆ブランドとして有名です。

そんなリーダー的存在がこよなく愛したシェーファーの万年筆は、社長のあなたにもぴったりのブランドだと思いませんか。

持っているだけで、存在感を示してくれる万年筆ばかりが揃っています。

今回はそんなシェーファーの万年筆を紹介します。

シェーファーの歴史

http://www.sheaffer.jp/about/index.html
http://www.sheaffer.jp/about/index.html

父親と宝石商を共同経営していたウォルター・A・シェーファー。

1907年、自分が購入した自動吸入式万年筆が使いづらかったことがきっかけで万年筆を製作するようになります。

1913年に自らの資金を全額つぎ込みアイオワ州のフォートマディソンでW・Aシェーファーカンパニーを設立します。

設立後は書きやすさを重視して手の負担を軽減するようにペン先に重心を置くように設計したものや万年筆とペンシル両機能を備えた多機能ペンなど次々と開発していきます。

「レガシー」シリーズはペン先とボディを一体化させた独自の設計で好評を得ています。

シェーファーの代表モデル

レガシーヘリテージ

http://www.sheaffer.jp/products/writing_instruments/legacy/index.html
http://www.sheaffer.jp/products/writing_instruments/legacy/index.html

モンブランのマイスターシュテュック149(価格106,920+税)に対抗して出されたモデルですが、モンブランよりも低価格で入手可能なクラッシックモデルになります。

ボディと一体化した独特なペン先に魅了される人も多いです。

適度な重みを感じて書くことができる1本。

スペック
全長: 140ミリ
軸径: 12.5ミリ
重さ: 38グラム
インクの吸入方式: 両用式
ペン先: 18金
ペン先の太さ: F・M
価格: 30,000円+税
カラー: ブラッックラッカーパラディウム、パラディウムディープカット、パラディウムトリム

プレリュード・SC

http://item.rakuten.co.jp/hougado/sheaffer-026/
http://item.rakuten.co.jp/hougado/sheaffer-026/

プレリュードとは音楽のように流れるようなペンの動きを味わえることから名付けられています。

シェーファーのスタンダードなモデル。

万年筆を使い慣れていない方でもサイズ、14金のペン先ともに使い易いでしょう。

スペック
全長: 133ミリ
軸径: 12ミリ
重さ: 34グラム
インクの吸入方式: 両用式
ペン先: 14金
ペン先の太さ: F・ M
価格: 20,000円+税
カラー: ブラックラッカー、パラディウム、ブルーラッカー、レッドラッカー

タラニス

http://item.rakuten.co.jp/hougado/sheaffer-032/
http://item.rakuten.co.jp/hougado/sheaffer-032/

ペン先のシェーファーのロゴが目を引く100周年を記念して発売されたモデルになります。

タラニスとは太陽と雷の神のことを指し、ちょっと変わったルックスの万年筆を求めている方にはオススメです。

スペック
全長: 140ミリ
軸径: 13ミリ
重さ: 34グラム
インクの吸入方式: 両用式
ペン先: ステンレス
ペン先の太さ: F・M
価格12,000〜15,000円+税
カラー: ストーミーナイト
    アイシーガンメタル
    ホワイトライトニング
    ストーミーワイン
    スリーククローム
    ダイアモンドダストブルー
    フォレストグリーン
    アメジストブリリアント

まとめ

いかがでしたか。

シェーファーの万年筆は歴代大統領ご用達とあって、高級感に溢れ洗練されたモデルばかりですよね。

ぜひ、あなたの初めての1本に、そして万年筆のラインナップに加えてみてはいかがでしょうか。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら