2020年7月5日

いざ購入!に備えて夫婦で知っておきたい‘最低限’の万年筆基礎知識

公式の場やセミナーなどでバシッとスーツで決める。

そんな時に、実用でもオシャレにも大活躍するのが万年筆。

胸のポケットからシンプルでさりげないクリップの先端が見えると、それだけでアクセントになりパートナーの存在感を強めてくれます。

万年筆の世界は歴史もあり奥も深く、そこへ毎年新しい物が発売されているので、購入の際の知識がなかなか追いついていかないのも現実。

ここでは、万年筆を購入する際に「これだけ知っておけば恥ずかしくない」という内容をお届けします。

万年筆の美しさを再確認

まずは動画で万年筆の美しさを御覧ください。

ペン先を選ぶ基準

http://www.jtw.zaq.ne.jp/iichan/muda/sailorpen/salorpen.html 
http://www.jtw.zaq.ne.jp/iichan/muda/sailorpen/salorpen.html

ペン先は万年筆を使う用途を考えて選んでいくとよいでしょう。

一番重要なのは、試し書きを必ずしてみるということです。

同じメーカーの同じ型の万年筆でも個体差があるからです(特に海外メーカーの万年筆は個体差が大きいようです)。

・極細(EF:エクストラファイン)

一番細い線が書けるものです。

手帳などへの細かい字を書き込む用として人気があります。

簿記などの記帳にも適しています。

・細字(F:ファイン)

日記や手紙、履歴書などにおすすめです。

一番用途が広く、はじめの1本を手に入れる際にこのサイズのペン先を選ぶ人が多いようです。

きめこまかい文字が楽しめます。

・中字(M:ミディアム)

一番の定番として使われる字幅です。

少し大きめの文字を書くときや手紙、ノートなどにおすすめ。

極細や細字よりもインクの出る量が多いので、初心者の人でも万年筆で書く文字の濃淡の楽しみを味わえます。

・太字(B:ブロード)

宛名書きなどに使われます。

大きくしっかりとした字を書きたいときにおすすめです。

インクの濃淡が大きく出せるので、個性的に文字を書くことができます。

【国産メーカーと海外メーカーの違い】

トメ、ハネ、ハライなどが特徴の漢字やひらがなを常用する日本人向けに作られている国産メーカーと、アルファベットを書くことを考えて作られている海外メーカーのペン先とでは、同じ表記でも太さが違っていることが多いです。

国産メーカーの方が、海外メーカーよりも細めの文字に仕上がるように設計されています。

ペン先の素材

http://tsujilab.net/fountain-pen/ 
http://tsujilab.net/fountain-pen/

ほとんどの万年筆のペン先は、金、またはそれに似たものでコーティングされているものです。

一般的に金の割合が多いペン先の方が、やわらかくなります。

やわらかい書き味は万年筆を楽しむための醍醐味なので、ペン先を無視して購入を検討するのはおすすめできません。

ペン先のしなる様を楽しむためにも、ぜひこだわって選んでみてください。

インクの交換方法

インク交換には主に次の3つの方法があります。

1. カートリッジ式

万年筆というと、インクの補充が面倒なイメージがありますが、カートリッジを使用すれば簡単に交換できます。

初心者の人はカートリッジからはじめてみるのもいいですね。

2. コンバーター式

コンバーターはカートリッジに代用できて、ボトルタイプのインクを吸入して使用することができます。

カートリッジとコンバーターの両用式の万年筆が一般的です。

インクの小瓶もインテリアになるようなかっこいいものもあるので、コンバーターを使って万年筆を楽しむ人が増えています。

3. 吸入式

インクボトルから軸の中へ直接インクを入れるタイプです。

ボトルインクはカートリッジに比べると、圧倒的に色の種類も多く、なによりも万年筆を使っているという充実感に満たされます。

お手入れはカートリッジに比べると手間がかかりますが、この作業で一層万年筆への愛着がわきます。

お手入れ方法

万年筆を久しぶりに使うときや、しばらく万年筆を使う予定のないとき、またはインクを入れ替えるときは一度洗浄すると、後々まで万年筆が長持ちします。

万年筆の調子がおかしい・・・と思うことの原因のほとんどはインク詰まりだと言われています。

お手入れといっても、それほど難しいことではないので3ヵ月に1度くらいの頻度でお手入れすることをおすすめします。

まとめ

万年筆は使うほどに手に馴染み、使う人の書きクセどおりに変化していく筆記具です。

自分に合った書き心地になるので、手放せない1本へと育てていくことができます。

自分の愛用していた万年筆を子供へ譲った、なんている話もときどき聞きますよね。

万年筆を通してそこに自分の歴史を刻めるのは、とてもステキなことだと思いませんか?

あなたや、あなたのパートナーの手に馴染んだ最高の1本を作り上げてみてはどうですか?

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス