2020年7月11日

カジュアルコーデに革靴!選び方のポイントまとめ

一口に革靴と言っても、フォーマルなものからカジュアルなものまであります。

TPOに合わせ、革靴の中でもフォーマルとカジュアルのラインナップを

揃えるのも素敵ではないでしょうか。

いきなりドレッシーなものはハードルが高いかもしれないので、

まずはカジュアルな革靴から入ってみたらいいかもしれません。

カジュアルな革靴はマストアイテムなので、選ぶポイントについて説明していきます。

 

 

型について

 

靴のカジュアル度の大枠は型で決まりますが、カジュアル度の高い順に紹介します。

ローファ

image002

「スリップオン」とも呼ばれる型。

ヒモが無く、U字のモカステッチが甲の部分に施されています。

革靴の中で最もカジュアル度が高く、アメカジでは定番の靴の型です。

Uチップ

image003

ローファと同様にU字のモカステッチが甲の部分に施されていますが、ヒモが付いた型。

ウィングチップ

image004

ローファ、Uチップ同様に足の甲の部分に装飾がありますが、

モカステッチではなく、翼をあしらったデザインがされているもの。

フォーマルな場には少々派手過ぎるかもしれませんが、カジュアルにはもってこいのデザインです。

モンクストラップ

image005

ヒモの代わりにバックル留めのストラップで締めるタイプの靴です。

基本、甲の部分は無装飾。

このあたりからフォーマル感が増してきます。

プレーントゥ

image006

モンクストラップ同様に甲の部分は無装飾ですが、

ストラップ留めではなく、ヒモ有りの仕様となります。

フォーマル寄りではありますが、カラーによってはカジュアルにも応用できる万能な型です。

ストレートチップ

image007

甲の部分に生地の切り替えとして、左右を横切る線が入っています。

最もフォーマル向けの型とされています。

色について

image008

ブラックが最もフォーマル、ブラウンがカジュアル、とされています。

またブラウンの中でも、色が薄いほどカジュアル向けとされているようです。

羽根について

image009

羽根もカジュアル向けとフォーマル向けの区分けの一つです。

「羽根」の説明ですが、これはヒモを通す穴のある箇所の生地のことです。

この生地が本体と分かれておらず、一体化していれば「内羽根」。

本体と分かれて別パーツとなっていたら、「外羽根」となります。

そして「内羽根」がフォーマル仕様、「外羽根」がカジュアル仕様という区分けになっています。

これは元々、王室で履かれていた靴の型が「内羽根」であったという説からきています。

カジュアル用の革靴を探しているのであれば、外羽根仕様のものにしましょう。

まとめ

 

「カジュアル」というテーマの基、革靴の選ぶポイントを一通り説明しました。

「やんわりとそんなイメージはあった」という人はいるかもしれませんが、

そこまで具体的に把握されている人は少ないかもしれません。

革靴はビジネスやフォーマルな場向けの靴と思われがちですが、

型や色などの仕様によってカジュアル向けのものもあります。

それぞれの型や色の特徴を理解し、自分のイメージに合わせて靴を選べるようになれば、

あなたのコーデレベルもグッと上がる事でしょう。

またカジュアルと言ってもローファではちょっとルーズ過ぎる気が・・・という方は、

ブランの外羽根のプレーントゥ、といった具合に、

フォーマル寄りの型でカジュアルな色の物を選べばバランスが取れるのではないでしょうか。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス