2020年6月7日

軽い方が良いは大きな間違いです!!

重厚な雰囲気を持つ
スーツに合わせるためには
靴にも重厚な雰囲気が
必要です。
 
どんなに良いスーツを
着ていても軽薄に見える
革靴を履いているようでは
そのスーツが台無しです!!

 

58384258_2313617652217145_9204075225535217664_o[1]
 
しっかり作られた
革靴で約400~500グラムほど
あります。
この重さは人が正しい姿勢で
歩くための最適な重量だと
言われています。
 
もちろん足のサイズに
合った革靴を履いている
前提ですが
長時間歩くには
ある程度の重みが必要です。
 
適切な重みのある革靴では
その重みが振り子のような
役割を果たし
自然と足が前に出ます。
 
 
オーダーで作られた靴は
少し高額なイメージが
あるかもしれませんが
しっかりオーダーで
作られた革靴は
メンテナンスをすれば
かなりの長期間
履くことができるので
安価な靴を何足も買うより
結果的には経済的です。
 
もちろん履きごごちも
安価な革靴とは比べ物に
ならない程、良いので
満足度も遥かに上です。
 
なので少し高額であっても
オーダーで自分の足に合った
革靴をつくることは
十分に価値のあることです。

 

58608433_2313617662217144_2440108926746755072_o[1]

58443889_2313617708883806_3903300994825453568_o[1]

 

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス