2020年7月11日

デキるビジネスパーソン向けの「リーガル」はコレ!

日本を代表する革靴ブランドであるリーガル。

きっと靴にこだわるあなたなら、一度は名前を耳にしたことがあることと思います。

ところで、リーガルの中にもいくつかのブランドがあることはご存知でしょうか?

リーガルの展開するブランドはいくつかありますが、中でもデキるビジネスパーソンにピッタリのブランドはどれなのか?

今回はリーガルの歴史とともに、リーガルが展開するブランドをご紹介いたします。

歴史

http://business-shoes.com
http://business-shoes.com

1902年(明治35年)に日本製靴株式会社として創業しました。

日本の製靴業は明治の富国強兵とともに幕を開け、日本製靴もその一つとして西村勝三と大倉喜八郎によって産声を上げました。

日本製靴は1961年にアメリカのリーガル・シューと技術提携を結び、1990年に社名を「リーガル・コーポレーション」に改め、現在のリーガルとなりました。

現在では、アメリカのリーガルは商標を譲渡しており、「リーガル」の名は日本にしか存在しません。

今日では、靴の製法と言えばグッドイヤーウェルテッド製法が主流ですが、この製法はアメリカから伝わったものです。

このことからも、リーガルは日本の靴文化を発展させたと言っても過言ではない、日本を代表する靴メーカーです。

名実ともに、日本の足元を支えてきたリーガルですが、これからは企業ミッションにあるとおり「日本人の足元を健康に、美しくする」ことを目指して、日本の革靴文化にさらなる歴史を刻んでいきます。

また、現在では、REGAL TOKYOやシェットランド・フォックスといったブランドを展開し、オシャレ・エレガントさを追求した靴作りも行っています。

主なリーガルブランド

リーガル

会社名を冠しているだけあり、会社の顔としての役割を果たしています。

ビジネスシーン向けの革靴が多く、耐久性に優れ、永く履ける靴を多く出しています。

価格帯は2.5万~3万円で、グッドイヤーウェルテッド製法を中心に、一部マッケイ製法が使われています。

リーガルを象徴するデザインである、ウイングチップでゴツさを感じさせるデザインのものが多いです。

新入社員の一足目といった立ち位置のブランドです。

REGAL TOKYO

「リーガル」のハイグレードブランドとして、よりエレガントなデザインのものが多くなっています。

革自体もツヤがあり、「品がある靴」を提供しています。

価格帯は3万~4万円で、グッドイヤーウェルテッド製法によって作られています。

シェットランド・フォックス

http://www.shetlandfox.jp
http://www.shetlandfox.jp

「靴の美しさ・楽しさとともにアイロニカルなダンディズムを提案します」

リーガルの最上級ブランドとして、素材、製法、デザインのすべてを研ぎ澄ましたブランドがシェットランド・フォックスです。

1982年に、日本製靴から世界に通じる高級自社ブランドとしてデビューし、2009年に「ブランドに惑わされない、日本人のための日本製の靴ブランド」として再デビューしました。

見た目のエレガントさだけでなく、高い次元で履き心地の良さを実現させたブランドです。

流行にとらわれず永く履け、それでいてエレガントで大人のオシャレを文字通り足元から支えてくれます。

価格帯は4万~7万円で、グッドイヤーウェルテッド製法とマッケイ製法を組み合わせて作られています。

土踏まず部分のみマッケイ製法を取り入れることで、フィット感が格段に改善されています。

エレガントさを演出してくれる大人のための高級ブランドです。

まとめ

日本を代表する革靴ブランドであるリーガル。

名実ともに日本の革靴文化を支えてきたブランドであるリーガルは大人の教養として、ぜひ知っておきたいブランドです。

リーガルは、その社名である「リーガル」ブランドだけでなく、そのハイグレードブランドである「REGAL TOKYO」や「シェットランド・フォックス」などを展開していますが、デキる“匂い”を出していきたいあなたは、「シェットランド・フォックス」を選べば間違いないでしょう。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス