ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

成功する革靴選び~5つのチェックポイント~

一日中あなたの体重を支えてくれる靴。

革靴は上手に手入れすれば、一生ものの付き合いとなります。

「つま先はぴったりのものを選んだほうがいいの?」

「スニーカーと同じサイズで大丈夫?」

今回は革靴特有のチェックポイントも含めてご紹介します。

チェックポイント5つ

http://www.regal.co.jp/kutsu/fitting/index.html
http://www.regal.co.jp/kutsu/fitting/index.html

自分の足に合った革靴選びの5つのチェックポインを解説します。

お店では履いてみるだけでなく、実際に歩いて確かめてみましょう。

つま先

つま先と指の上部のゆとりをチェックします。

足は歩くときに靴の中を前後しますので、1~1.5cmほどのゆとりが欲しいです。

余裕がない靴を履いた場合、タコや魚の目の原因となってしまうこともあります。

しかし、靴選びの際に、サイズが大きいものは選ばないように注意しましょう。

というのも、革は足に馴染んで伸びてくるからです。

サイズの目安としてはスニーカーよりも0.5~1cmほど小さめのものが適しています。

靴幅と足の甲

甲まわりが自分の足にフィットしているかをチェックします。

フィットしていない靴だと長時間歩いた場合に疲れやすくなってしまいます。

目安としては、甲の革が足の形に張り出す場合、靴が小さめですのでサイズアップをオススメします。

または、つま先に体重をかけた際に、甲の革に深いシワが刻まれる時は靴幅が大きいという目安です。

土ふまず

続いて、土踏まずのフィット感をチェックします。

ベストな状態は、土踏まずのアーチ部分がかるく足に触れている程度です。

土踏まずがフィットしていない状態で歩くと、靴の形が崩れてしまいますし、疲労しやすくなります。

くるぶし

4つ目にくるぶしが履き口にあたっていないかをチェックします。

くるぶしが当たっていると、擦れて痛くなり歩きにくくなります。

最後に踵をチェックします。

まず、踵がフィットしているかをチェックします。

緩いと、歩くときに踵が浮いて歩きづらいですし、窮屈だと痛みの原因になります。

踵のフィット感、ゆとりのチェック方法としては、足をつま先の方へ押しつけた際の、踵と靴の間の隙間をチェックします。

小指の第一関節程度まで入る隙間があれば大丈夫です。

まとめ

靴を買うときには試着をして、そして実際に歩いてみて、つま先、靴幅・足の甲、土踏まず、くるぶし、踵の5点のフィット感をチェックしましょう。

フィットしていない靴を履いていると、靴の形が崩れるだけでなく、靴擦れやタコ、魚の目の原因となり、あなたの足を痛めてしまいますし、疲労の原因となります。

しかし、革は履き込むうちに伸びてくるため、はじめは多少きつく感じるくらいでも大丈夫です。

目安としては、普段履いているスニーカーよりも0.5~1cm程度小さめの靴が適しています。

とはいっても、実際に履いてみないことには何とも言えないですし、まずは試着してみて、あなたの感覚を大切にしましょう。

その上で、店員さんのアドバイスを聞いてみましょう。

靴は一日中あなたの体重を支えてくれる大切な相棒です。

今回ご紹介したフィッティングポイントが、一生ものの一足の参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら