ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

意外と知らない!メンズ長財布の牛革素材3選

鞄や靴、ベルトに財布など、大人の男性なら誰もが少なからず身につけている革製品ですが、その素材となる革の中でも、特に牛革はポピュラーな存在です。

しかし、ひとえに牛革といっても、素材のもととなる牛の性別や年齢、使われている部位などが異なっていて、光沢感などの革表面の見た目や手触りなど、それぞれ特色があります。

この記事では、革製品のなかでも、とりわけビジネスパーソンによく使われている長財布について、代表的な3つの牛革をご紹介します。

この中から、きっとあなたにぴったりな牛革長財布が見つかりますよ!

ボックスカーフ

ドイツの「カールフロイデンベルク社」が開発したのが発祥で、現在では、他社でも作られるようになっています。

ボックスカーフの原皮は、牛革の中でも最高級の部類に入るカーフ(生後3から6ヶ月以内の仔牛)で、素材原価は、ブライドルレザーよりも高く、希少価値のある皮革と言えます。

ボックスカーフは、薄く、柔らかく、キメが細かいのが特徴で、他のカーフに比べると、張りがあり、硬く頑丈なため、傷がつきにくいです。

鉱物から精製されたクローム化合物を「なめし剤」として使い、皮を革にする「クロームなめし」と呼ばれる作業を短時間で行うことにより、ボックスカーフができあがります。

最小限の仕上げ加工により、革本来の風合い(筋やシワなど)が残っていて、表面の光沢感(艶)や色鮮やかさが魅力的な革です。

ボックスカーフは、使っていく上での経年変化が少ないので、購入時の高級感を持続させたい人には向いている反面、革の醍醐味の一つとも言える、使い込んでいくごとの経年変化を楽しむ、という点では物足りなく感じる人もいるかもしれません。

もともとボックスカーフは、「シボ」と呼ばれる四角形(ボックス)のしわ模様が施されていたのが、名前の由来とも言われていましたが、その後、「シボ」が水平の細い線状のものや、「シボ」が滑らかになっていて、表面がツルツルのものまで、種類の幅が拡がりました。

ボックスカーフは、主に革財布や紳士靴などに使われています。

CYPRIS COLLECTION 長財布(マチなし束入) ボックスカーフ

http://www.noi-japan.com/noijapan/7.1/104503/ 
http://www.noi-japan.com/noijapan/7.1/104503/

素材 ボックスカーフ(フランス産)
サイズ 幅190mm 高さ90mm 厚さ10mm
札入れ1 ポケット2 カード入れ6
日本製

ブライドルレザー

もともとブライドルレザーは、高い強度が求められる、馬具(ブライドル)に使用する革として開発されました。

ブライドルレザーの原皮は、ステアハイド(生後2年以上の去勢された雄牛の皮)で、なかでももっとも硬い部位のショルダーを使用しています。

植物の樹皮などから抽出した水溶性化合物(タンニン)を使い、皮を革にする「タンニンなめし」と呼ばれる作業をした後に、「蜜ロウ」を時間と手間をかけて、何度も丁寧に塗り込み、革に染みこませて作られます。

そのため、ブライドルレザーは、完成までに半年もの期間を要する、手間もコストもかかる天然皮革となっています。

また、硬く丈夫な革質のため、縫製には高い技術が要求されます。

こうしてできたブライドルレザーは、耐久性に優れ、頑丈なため、大きな傷がつきにくく、汚れにも強い革となっています。

「蜜ロウ」を塗り込んでいるため、新しいブライドルレザーは「ブルーム」と呼ばれる白いロウの粉が表面に浮き出ていますが、使っているうちに取れていくとともに、革の表面は非常に艶のある光沢感となっていき、革特有の経年変化が楽しめます。

高級感があるためスーツやブレザーと相性がよく、ビジネスシーンに最適で、男性に人気があります。

ETTINGER OH086AJR WALLET

http://ettinger.jp/shop/products/detail.php?product_id=53 
http://ettinger.jp/shop/products/detail.php?product_id=53

素材 ブライドルレザー
サイズ 幅180mm 高さ100mm 厚さ10mm
札入れ3 ポケット1 カード入れ8
イギリス製

ミネルバボックス

イタリアにある、世界的にも有名な「バダラッシカルロ社」で製造されています。

ミネルバボックスの原皮は、カウハイド(生後2年以上の雌牛の皮)です。

ミネルバボックスは、10世紀に渡る長い歴史を持つ、イタリアの伝統「バケッタ製法」で作られています。

「バケッタ製法」とは、植物の樹皮などから抽出した水溶性化合物(タンニン)を使い、皮を革にする「タンニンなめし」と呼ばれる作業をした後に、牛脚の脂をじっくりと時間をかけて皮に加え、手染めを施していく、といった非常に時間もコストもかかる製法です。

ミネルバボックスの最大の特徴は、製造工程できる革表面の「シボ」で、革の自然な表情が楽しめます。

たっぷりと牛脂を含んでいるため、柔らかく、しっとりとした、触り心地の良さが特徴です。

使い込んでいくごとに、マットな質感の表面が色濃くなり、光沢が出はじめる、といった天然皮革ならではの経年変化が味わえます。

COCOMEISTER Martini Urban Wallet

http://xn--8str42fz5gliai77b.biz/portfolio/cocomeister-01111/
http://xn--8str42fz5gliai77b.biz/portfolio/cocomeister-01111/

素材 ミネルバボックス
サイズ 幅190mm 高さ95mm 厚さ22mm
札入れ1 ポケット4 カード入れ15 ファスナー付き小銭入れ1
日本製

まとめ

以上、牛革の代表的な素材と長財布を3つご紹介しました。

それぞれ原皮となる皮の種類、なめし方法や仕上げ加工などが異なっていて、革の柔らかさや質感、見た目などに特色があります。

そんな牛革長財布のなかから、あなたの好みに合う、納得の一品をお選びください!

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら