2020年6月1日

コレしかない!モータースポーツ好きやカーマニアのための腕時計10選

腕時計と車、人によっては普段使いの実用性しか求めていない、日用品のようなモノかもしれませんが、モノにこだわりの強いマニアな男性にとっては、なんでもいい、というわけにはいかないのではないでしょうか。

スーツでビシッと決めて高級セダンに乗り込むときも、カジュアルなジャケパンスタイルでスポーツカーをドライブするときも、その腕にはお気に入りの時計をしていたい、そう思う方も少なくないことでしょう。

はたまた、F1やWRCなどのモータースポーツが好きでたまらない、という方などは、それにちなんだ腕時計を身に付けてサーキットやスペシャルステージに足を運びたい、そんな思いもあるのでは。

そこでこの記事では、そんな車やモータースポーツが好きで、身に付ける腕時計にもこだわりたいあなたのために、自動車メーカーやモータースポーツとのコラボレーションから生まれたモデルをまとめました。

あなたの自慢の愛車をドライブするときに身に付けたい一本を選ぶための参考にどうぞ。

モータースポーツ関連モデル

http://www.blancpain.com/ja/sport-automobile-ja 引用
http://www.blancpain.com/ja/sport-automobile-ja 引用
ここではモータースポーツと関連の深いモデルをご紹介します。

誰もが知っているF1を始め、ヨーロッパでは人気が高いWRC(ラリー)や、人気のクラシックカーレースなど、いろいろと選んでみました。

ロレックス コスモグラフ デイトナ

https://www.rolex.com/ja/watches/cosmograph-daytona/m116503-0004.html 引用
https://www.rolex.com/ja/watches/cosmograph-daytona/m116503-0004.html 引用
「ロレックス」は知らない人はいない、と言ってもいいくらい有名な高級時計ブランドで、1905年にイギリスで創業されましたが、現在はスイスにあり、スイスのブランドとなっています。

1926年に世界初となる完全防水の「オイスターケース」開発し、1931年には機械式時計の動力源となるゼンマイを自動で巻き上げる「パーペチュアル」を開発、1945年には午前12時に日付が切り替わる「デイトジャスト」を開発するなど、先進性と高い技術力を併せ持つブランドです。

また、現在では全ての部品を自社製造している上に、そのほとんどで高精度の証明となる「クロノメーター認定」を受けています。

「ロレックス」は2013年にF1の公式時計となったほか、フランスで行われている世界的な耐久レースの「ル・マン24時間レース」やアメリカのフロリダ州デイトナで開催される「デイトナ24時間レース」のメインスポンサーを1991年から務めているなど、モータースポーツとの関わりが深いブランドです。

「コスモグラフ デイトナ」は、ドライバーがタイムを正確に把握するための機能を搭載したプロレーサー向けの腕時計として1963年に誕生してから、進化し続けているモデルです。

ケース:イエローロレゾール-904Lスチール&18ctイエローゴールド、オイスター、モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋
ケースサイズ:直径40mm
風防:傷防止サファイア
ベゼル:固定式、刻印されたタキメーター、18ctイエローゴールド
リューズ:スクリュー式、トリプロック(三重機密構造)
ストラップ/ブレスレット:イエローロレゾール-904Lスチール&18ctイエローゴールド
クラスプ:セーフティクラスプ付オイスターロック、イージーリンク(約5mmのエクステンションリンク)
ダイヤル:ブラック
ダイヤル機能:ダイヤルにスネイル型のスモールカウンター
ムーブメント:機械式自動巻クロノグラフ、パーペチュアル
キャリバー:4130(ロレックスによる完全自社製造)
精度:日差−2〜+2秒(ケーシング後)
パワーリザーブ:約72時間
機能:中央に時針・分針・秒針、スモールセコンド(6時位置)、1/8秒まで計測可能なクロノグラフ、積算計(30分/3時位置と12時間/9時位置)、秒針停止機能による正確な時刻設定
防水性能:100m/330フィート
認定:高精度クロノメーター(COSC、ケーシング後にロレックス認定)

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー1887 自動巻クロノグラフ 43MM

http://www.tagheuer.co.jp/%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E6%99%82%E8%A8%88 引用
http://www.tagheuer.co.jp/%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E6%99%82%E8%A8%88 引用
「タグ・ホイヤー」は1860年にスイスで創業されたブランドで、TAGグループから資金援助を受けるようになる1985年までの社名は「ホイヤー」でした。

「タグ・ホイヤー」は1916年に、世界初となる1/100秒計測を行える「マイクログラフ」を開発するなど、高精度の計測機器の開発に力を入れてきたブランドです。

「タグ・ホイヤー」とモータースポーツとの関わりは、F1の公式時計を2003年まで務めたほか、2004年からはアメリカで人気の高いレース「インディカー・シリーズ」の公式時計となっています。

この「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー1887 自動巻クロノグラフ 43MM」は、1963年にプロドライバー向けに作られた初代モデルの流れをくんでおり、自社製ムーブメント「カレラ 1887 クロノグラフ」を搭載しています。

アリゲーターストラップなどのバリエーションも豊富なため、様々なシーンとスタイルに合わせることができます。

ケース:ポリッシュ仕上げスチール製
ケースサイズ:直径43mm
風防:両面反射防止コーティングを施したサファイアクリスタル
ベゼル:タキメータースケール付きセラミック製ベゼル
リューズ:タグ・ホイヤーロゴ付きのリューズ
ストラップ/ブレスレット:サテン仕上げ/ポリッシュ仕上げスチール
ダイヤル:ブラック
ダイヤル機能:9時位置にスモールセコンド、12時位置にクロノグラフのミニッツカウンター、6時位置にクロノグラフのアワーカウンター、3時位置に日付表示窓
ムーブメント:機械式自動巻
キャリバー:カレラ 1887 クロノグラフ
振動数:28.800回/時
パワーリザーブ:約50時間、クロノグラフを使用した場合約40時間
防水性能:100m

IWC インヂュニア・クロノグラフ・レーサー

http://www.iwc.com/ja/collection/ingenieur/IW3785RA/# 引用
http://www.iwc.com/ja/collection/ingenieur/IW3785RA/# 引用
「IWC」は1868年にスイスで創業されたブランドです。

歴史に残るようなムーブメントの名作を数多く残しており、永久カレンダー「パーペチュアル・カレンダー」などの複雑機構が高く評価されています。

この「インヂュニア」シリーズの初代モデルは1955年に発売され、その高い耐磁性能が話題を呼びましたが、その後製造中止となり2005年に復活を果たしました。

このモデル「インヂュニア・クロノグラフ・レーサー」は、2013年に「AMGペトロナス フォーミュラ・ワン チーム」の公式パートナーとなったことを記念して発表されました。

F1レーシングカーのハンドルに取り付けられているデジタル表示をモチーフとした、チャプターリング上にレッドで色付けされた「60」のデザインなど、レーシーな雰囲気が魅力のモデルです。

ケース:ステンレススチール製
ケースサイズ:直径45mm 厚さ14.5mm
風防:両面反射防止加工を施したフラットサファイアガラス
リューズ:ねじ込み式リューズ
ストラップ/ブレスレット:ステンレススチール・ブレスレット
ダイヤル:スレートカラー
ムーブメント:機械式自動巻
キャリバー:89361(IWC自社製)
パワーリザーブ:68時間(完全に巻き上げられた場合)
機能:リューズ操作による日付表示の早送り機能、ストップウォッチ機能(時・分・秒)、12時位置に同軸状に組み合わされたアワーカウンターとミニッツカウンター、秒針停止機能付きスモールセコンド
防水性能:12気圧

ショパール ミッレミリア GTS クロノ

http://www.chopard.jp/watches/mille-miglia-gts-chrono-168571-3001 引用
http://www.chopard.jp/watches/mille-miglia-gts-chrono-168571-3001 引用
「ショパール」は1860年にスイスで創業されたブランドです。

1976年発表のブランドを象徴するモデル「ハッピーダイヤモンド」のようなジュエリーウォッチが有名ですが、1996年に工房を設立したのをきっかけに自社製ムーブメント「L.U.C」を完成させるなど、マニュファクチュールとしての地位を短期間で築きました。

「ショパール」は1988年から世界的なクラシックカーレース「ミッレ ミリア」の公式時計とスポンサーを務めていて、このモデル「ミッレミリア GTS クロノ」を始めとするコラボレーションモデルを数多くラインナップしています。

「ミッレ ミリア」を走るクラシックカーを思い起こさせるレッドをモチーフとしたデザインや、エンジンのピストンのようなプッシュボタン、タイヤのトレッド・パターン(溝)のようなラバーストラップなど、どこを取ってもレーシングカーのような雰囲気でいっぱいです。

ケース:ステンレススチール
ケースサイズ:直径44mm 厚さ13.79mm
風防:無反射コーティングの傷の付きにくいサファイアクリスタル
ベゼル:カーボンファイバー
リューズ:ステンレススチールのねじ込み式リューズ
ストラップ/ブレスレット:ブラックラバー(タイヤプロフィール)
クラスプ:フォールディングバックル
ダイヤル:マットブラック、ルミノバ加工の針とインデックス
ムーブメント:機械式自動巻
振動数:28.800回/時
パワーリザーブ:48時間
機能:クロノグラフ、タキメータースケール、ストップセコンド、時および分、スモールセコンド、日付、クロノグラフ秒針、30分積算計、12時間積算計
防水性能:100m
認定:COSC(スイス公式クロノメーター検定局)の認定

ゼニス EL PRIMERO SPORT STRATOS TEAM EDITION

http://www.zenith-watches.com/jp_jp/el-primero-sport-stratos-team-edition.html 引用
http://www.zenith-watches.com/jp_jp/el-primero-sport-stratos-team-edition.html 引用
「ゼニス」は1865年にスイスで創業されました。

社名の「ゼニス」は「天頂」の意味で、1時間当たりの振動数が28.800回以上のハイビート自社製クロノグラフ・ムーブメントの名器「エル・プリメロ」などが高く評価されています。

このモデル「EL PRIMERO SPORT STRATOS TEAM EDITION」は1970年代にWRC(世界ラリー選手権)で活躍したイタリアの名車「ランチア・ストラトス」へのオマージュから生まれました。

WRCファンにはおなじみのアリタリアカラー(アリタリア航空のカラーリング)を思い起こさせるレッドとグリーンのダイヤルデザインなど、ランチアファンにはたまらないモデルです。

ケース:ステンレススチール、シースルーサファイアガラスケースバック
ケースサイズ:直径45mm 厚さ14.05mm
風防:両面無反射コーティングのボックス型サファイアガラス
ベゼル:カーボンファイバー
ストラップ/ブレスレット:ブラックラバーストラップ
クラスプ:ステンレススチール製トリプルフォールディングバックル
ダイヤル:ホワイト文字盤に2色カウンター
ダイヤル機能:ロジウムプレート加工のファセットカット、スーパーミノルバSLC C1塗布のアワーインデックスと針
ムーブメント:機械式自動巻
キャリバー:エル・プリメロ 400 B
振動数:36.000回/時(5ヘルツ)
パワーリザーブ:50時間以上
機能:中央にクロノグラフ針、6時位置に12時間積算計、3時位置に30分積算計、中央に時針と分針、9時位置にスモールセコンド、タキメータースケール、6時位置に日付表示
防水性能: 10気圧
世界限定100本

自動車メーカー関連モデル

https://www.rolex.com/ja/rolex-and-sports/motor-sports.html 引用
https://www.rolex.com/ja/rolex-and-sports/motor-sports.html 引用
続いて自動車メーカーとのコラボレーションモデルをご紹介します。

知らない人はいないイタリアの「フェラーリ」を始め、高級車の代名詞イギリスの「ベントレー」や、1970年代に日本で起きたスーパーカーブームの中心的存在「ランボルギーニ」などを選んでみました。

ブライトリング BENTLEY B06

http://www.breitling.co.jp/models/bentley.php 引用
http://www.breitling.co.jp/models/bentley.php 引用
「ブライトリング」は1884年にスイスで創業されました。

早くからクロノグラフの開発を手がけるなど、パイロットウォッチのイメージが強いブランドですが、2003年からイギリスの高級車・スポーツカーブランド「ベントレー」とパートナーシップを結んでいます。

「ベントレー」は創業当初、航空機用エンジンの開発も手がけていたなど、パイロットウォッチをブランドの象徴としている「ブライトリング」とは、イニシャルも同じ「B」で相性も良く、独特のラインナップを作り上げています。

このモデルは自社開発・製造のムーブメント「キャリバーB06」を搭載しているほか、「ベントレー」の特徴的なラジエターグリルを思い起こさせるスケルトンの文字盤や、ホイールのデザインが忠実に再現されているサファイアクリスタル・ケースバックなどの細かいディテールが魅力です。

ケース:ステンレススチール、 18Kレッドゴールド、サファイアクリスタル・ケースバック
ケースサイズ:直径49mm
風防:ドーム型サファイアクリスタル(両面無反射コーティング)
リューズ:ねじ込みロック式リューズ
ストラップ/ブレスレット:ベントレー・レザーストラップ、レザーストラップ、ベントレー・ラバーストラップ、スピード・ブレスレット
ダイヤル:ロイヤルエボニー(ブラック)・オープンワークス、ロイヤルエボニー(ブラック)、シルバー・ストーム(シルバー)・オープンワークス、シルバー・ストーム(シルバー)
ムーブメント:機械式自動巻
キャリバー:ブライトリングB06
振動数:28.800回/時
機能:1/8秒クロノグラフ秒針、15分計、6時間計
防水性能: 10気圧

ブルガリ OCTO MASERATI

http://www.bulgari.com/ja-jp/products/102229-e.html 引用
http://www.bulgari.com/ja-jp/products/102229-e.html 引用
「ブルガリ」は1884年にイタリアで創業されたブランドです。

高級ジュエラーとしてのイメージが強い「ブルガリ」が、腕時計業界に本格参入しだしたのは、1975年発表のモデル「ブルガリ・ブルガリ」からでした。

その後も著名な時計デザイナーのジェラルド・ジェンタや、独立時計師のダニエル・ロートを傘下に収めるなど、時計ブランドとして大きく発展し、今ではムーブメントから自社一貫生産するマニュファクチュールとしての地位を築いています。

このモデルは100年以上の歴史を持つイタリアのスポーツカーブランド「マセラティ」とのコラボレーションから生まれました。

イタリア語で「最速」を意味する「ヴェロチッシモ」とネーミングされたムーブメントを搭載し、「マセラティ」を象徴するブルーシェードのダイヤルカラーや、セミシースルーケースバックに施された「マセラティ」のロゴとシンボルマークの「トライデント(三叉の銛)」など、スポーティーかつ上品な味わいが魅力です。

ケース:スチール製、セミシースルーケースバック(マセラティのロゴ入り)
ケースサイズ:直径41mm
風防:傷防止サファイア
ベゼル:タコメーターベゼル
リューズ:セラミックをあしらったリューズ
ストラップ/ブレスレット:一体型アリゲーターストラップ
クラスプ:スチール製フォールディングバックル
ダイヤル:シャンルヴェ技法によるラッカー仕上げのポリッシュドタイヤル、ハンドアプライドインデックス、
ムーブメント:機械式自動巻
キャリバー:BVL328(ヴェロチッシモ)
パワーリザーブ:50時間
防水性能: 100m
限定製造

ウブロ FERRARI TITANIUM CARBON

http://www.hublot.com/ja/collection/big-bang/big-bang-ferrari-titanium-carbon-45mm?serie=17 引用
http://www.hublot.com/ja/collection/big-bang/big-bang-ferrari-titanium-carbon-45mm?serie=17 引用
「ウブロ」は1979年にスイスで創業された、わりと最近のブランドです。

「融合」という意味の「フュージョン」をブランドコンセプトとしていて、素材を組み合わせて新素材を開発するなどの独自のアプローチで、芸能人やプロスポーツ選手などの著名人によく愛用されているブランドとして知られています。

「ウブロ」は2011年からイタリアの高級スポーツカーブランド「フェラーリ」とパートナーシップを結んでいます。

このモデル「FERRARI TITANIUM CARBON」は、自社開発のムーブメント「Unico」を搭載し、素材にはスポーツカーなどで使われている軽量で硬いカーボンファイバーを用いているほか、「フェラーリ」のイメージカラー「レッド」のステッチが入ったストラップや、有名なエンブレム(跳ね馬)のモチーフがあしらわれているなど、「フェラーリ」を思い起こさせるテイスト満載のモデルです。

ケース:チタニウム
ケースサイズ:直径45mm
風防:反射防止加工を施したサファイア
ベゼル:チタニウム、カーボンファイバー
ストラップ/ブレスレット:ブラックラバーとグレースケドーニレザー(レッドステッチ入り)、ブラックラバーとブラックアルカンターラレザー付属
ダイヤル:スケルトン、9時位置にフェラーリ跳ね馬のモチーフ(シルバー)
ムーブメント:機械式自動巻
キャリバー:HUB1241 Unico
パワーリザーブ:72時間
防水性能:100m
世界限定1000本

ブランパン L-EVOLUTION-R CHRONOGRAPHE FLYBACK A RATTRAPANTE GRANDE DATE

http://www.blancpain.com/ja/8886f-1503-52b 引用
http://www.blancpain.com/ja/8886f-1503-52b 引用
「ブランパン」は1735年にスイスで創業された世界最古の時計ブランドです。

1970年代に休眠状態に陥りましたが、1983年に再興されて以降、頑なに機械式時計のみを作り続けています。

フランス海軍のために開発したダイバーズウォッチ「フィフティ・ファゾムス」が人気で、近年は複雑機構を持つモデルを数多く手がけています。

「ブランパン」はイタリアの高級スポーツカーブランド「ランボルギーニ」とパートナーシップを結んでいて、2009年からは「ランボルギーニ」のワンメイクレースで、2014年に日本の富士スピードウェイでも開催された「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」のタイトルスポンサーを務めています。

このモデル「L-EVOLUTION-R CHRONOGRAPHE FLYBACK A RATTRAPANTE GRANDE DATE」は素材に「ランボルギーニ」のスポーツカーと同じ、軽量で硬いカーボンファイバーが使われているほか、ストラップにも「ランボルギーニ」と同じ「アルカンターラ」が使われているなど、レーシーな雰囲気が魅力です。

ちなみに「アルカンターラ」とは日本の「東レ」が開発したスエード調人造皮革のことです。

ケース:サテン仕上げの18Kホワイトゴールド製ケースとラグ、カーボンファイバーのケースバック
ケースサイズ:直径43mm 厚さ16.04mm
風防:傷防止サファイア
ベゼル:カーボンファイバー
ストラップ/ブレスレット:カーボンファイバーインサートのアルカンターストラップ
クラスプ:フォールディングバックル
ダイヤル:カーボンファイバーダイヤル
ムーブメント:機械式自動巻
キャリバー:69F9
パワーリザーブ:40時間
機能:スプリットセコンド フライバッククロノグラフ、ラージデイト
防水性能: 10気圧

ボール タイム トレッカー

http://www.ballwatch.com/bmw/index.php?option=com_collections&task=59&mid=779&lang=jp 引用
http://www.ballwatch.com/bmw/index.php?option=com_collections&task=59&mid=779&lang=jp 引用
「ボール」は1891年にアメリカで創業されたブランドです。

創業者のウェブスター・クレイ・ボールは、アメリカの鉄道黎明期に貢献した人物で、鉄道時計に求められる視認性や操作性、堅牢性などを備えた時計を製造するための高い技術力を持っていました。

このモデル「タイム トレッカー」は有名なドイツの高級車ブランド「BMW」とのコラボレーションから生まれました。

夜光用自発光マイクロ・ガスライトを用いて暗闇での高い視認性を実現しているほか、特許取得のアモータイザー耐衝撃システムを搭載した堅牢性の高さや、3時位置にさりげなく施された「BMW」のエンプレムマークなど、BMWをドライブするときに身につけたくなるようなモデルです。

ケース:ステンレススチール、シースルーバック(サファイアクリスタル)
ケースサイズ:直径44mm 厚さ13.45mm
風防:反射防止処理済サファイアガラス
ベゼル:片方向回転式ルミノバ夜光付きセラミックベゼル
リューズ:ねじ込み式リューズ
ストラップ/ブレスレット:ステンレススチール製のテーパーブレスレット、ラバーストラップ
クラスプ:フォールディングバックル
ダイヤル:ブラック、ブルー
ダイヤル機能:針と文字盤に14個の夜光用自発光マイクロ・ガスライト
ムーブメント:機械式自動巻
キャリバー:RP1102-C
パワーリザーブ:40時間
機能:アモータイザー耐衝撃システム(特許取得済)、耐磁性(4.800A/m)、時・分・秒針、日付・曜日表示
防水性能:200m
認定:スイスCOSC公式クロノメーター

まとめ

image026

以上、自動車メーカーやモータースポーツとの関連が深い、車にまつわる腕時計をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

どの時計ブランドも自社のアイデンティティと上手くかみ合うコラボ相手を厳選し、デザインや機能など、お互いのこだわりを詰め込んだ魅力的なモデルを作り出している、と感じたのでは。

自動車メーカー関連では、「フェラーリ」や「ランボルギーニ」、「BMW」などの有名どころから、「ベントレー」や「マセラティ」などマニアックなメーカーとのコラボから、モータースポーツ関連では、メジャーなF1やWRC、クラシックカー好きなら誰もが知っている「ミッレ ミリア」などとのコラボから生まれたモデルがあり、様々な嗜好のクルマ好きを満たしてくれるモデルが数多くあります。

カーマニアのあなたが選んだ最高の愛車をドライブするときには、やはり腕時計も最高のモノを身に付けたいものですね。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス