ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

メンズ腕時計で「ロンジン」ってどうなの?

今でこそ他社製のムーブメントを使っていて、他の有名スイス高級腕時計ブランドと比べて、地味な印象になってしまっているロンジン。

しかし、その輝かしい歴史は意外と知られていないのでは?

その歴史を知ると、あなたのロンジンへのイメージは変わるかもしれません!

ロンジンの歴史

http://www.webchronos.net/news/2010/12/post_129/ 
http://www.webchronos.net/news/2010/12/post_129/

1832年、オーギュスト・アガシがスイスのサンティミエで「アガシ商会」を設立。

設立当初は、懐中時計の製造、商品化を行っていた。

1867年、アガシの後継者となった甥のアーネスト・フランシロンが、シュズ湖畔のロンジンに自社工場を建設。

同年、アンクル脱進機、リューズによる巻上げと時計合わせのシステムを搭載した初のムーブメント「キャリバー20A」を製造し、パリの万国博覧会で賞を受賞する。

1878年、時計職人アルフレッド・ルグリンによって特許申請されたムーブメント「キャリバー20H」を製造。このムーブメントは、ロンジン初のストップウォッチ機能を搭載したムーブメントとなった。

1888年、クロノメーター認定に初めて合格したムーブメント「キャリバー21.59」を製造。

1889年、ロンジンの全てのムーブメントに刻まれているロゴマーク「翼の砂時計」をスイス連邦知的所有権局に商標登録する。

1900年、パリの万国博覧会で、「キャリバー21.59」を搭載したモデル「ラ・ルノメ」でグランプリを獲得。

1919年、国際航空連盟の公式認定を受ける。

1931年、世界初の単独大西洋無着陸横断飛行を成功させたことで知られる「チャールズ・A・リンドバーグ」のアイデアを製品化したモデル「Hour Angle Watch」を製造。

このモデルは、パイロットが地理的な位置を正確に知ることを可能にした。

1936年、クロノグラフのためのムーブメント「キャリバー13ZN」を開発し、特許を申請。

1945年、初の自社製自動巻きムーブメント「キャリバー22A」を商品化し、特許を申請。

1954年、初のクオーツ式時計を開発し、ヌーテシャル天文台で精度における新記録を樹立。

1959年、ムーブメント「キャリバー360」で、ヌーテシャル天文台の腕時計クロノメーター部門で、精度における新記録を樹立。

1972年、液晶(LCD)によるデジタル表示腕時計「Longines LCD」を発表。

1982年、F1の公式計時となる。

1983年、スウォッチグループの前身会社「SMH」と合併。

1985年、国際体操連盟の公式計時となる。

1992年、スイスのサンティミエにある本社に、「ロンジン・ミュージアム」を開設。

2007年、全仏テニスオープントーナメント、国際スキー連盟主催アルペンスキー競技の公式計時となる。

2013年、国際競馬統括機関連盟(IFHA)の公式計時となる。

ロンジンの特徴

http://blogs.yahoo.co.jp/syohbido512/folder/250209.html?p=1 
http://blogs.yahoo.co.jp/syohbido512/folder/250209.html?p=1

ロンジンは、早くからアメリカの機械生産方式を取り入れ、製造工程を一箇所に統合した時計工場を建設するなど、スイスの時計産業に大きな影響を与えた。

自社製の高精度・高品質なムーブメントを数多く生み出してきた歴史あるブランド。

安価なクオーツ式腕時計の台頭で、現在は社外のムーブメント(エタ社製)を採用した時計を製造している。

アインシュタインが懐中時計を愛用していたほか、日本の芥川賞と直木賞の正賞もロンジンの懐中時計である。

ロンジンの腕時計

アワーアングル・ウォッチ(Hour Angle Watch)

http://www.longines.jp/#!/watches/heritage-collection/l2-678-4-11-0 
http://www.longines.jp/#!/watches/heritage-collection/l2-678-4-11-0

チャールズ・A・リンドバーグのアイデアを元に開発された航空時計。

現在位置の経度を測定可能としたこのモデルは、航空計器が発達していなかった当時、パイロットの必需品となっていた。

まとめ

数々の世界的なスポーツイベントで公式計時を務めてきたロンジン。

オリンピックの第一回大会の公式計時も担当したロンジン。

リンドバーグを始め、世界中の冒険家に愛用されてきたロンジン。

あなたもその魅力に触れてみてはいかがでしょうか?

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら