ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

メガネ跡にさようなら!スマートなメンズの軽いメガネ3選

あなたは、

メガネを外した時に、鼻にメガネの跡が残る。

メガネが重たく感じて、長くかけていられない。

メガネをかけ続けると耳が痛くなる。

といった経験はありませんか?

もし一つでも当てはまるようであれば、この記事はあなたのためのものです。

この記事では、そんな方のために、軽くて掛け心地がよく、デザインもおしゃれなメガネブランドを3つご紹介します。

ビジネスで活躍されている男性なら、メガネもスマートにかけこなしたいものですよね?

この記事が、あなたのメガネライフを変えるきっかけになるかもしれませんよ!

LINDBERG (リンドバーグ)

http://www.taihodo.net/glasses/brand/lindberg%EF%BC%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0%EF%BC%89 
http://www.taihodo.net/glasses/brand/lindberg%EF%BC%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0%EF%BC%89

1985年にデンマークで、検眼士のポールヨルン・リンドバーグにより創業されたブランドです。

1980年代初頭、リンドバーグはメガネが必要になり、その時掛けたメガネが、重く、堅く、掛け心地が悪かったことから、理想のメガネを作り始めたのが、ブランドを立ち上げたきっかけでした。

建築家のハンス・ディシングを開発パートナーに選び、研究を続けた結果、チタン素材を用い、ネジを一切使わない構造のフレーム「エアチタニウム」を開発しました。

超軽量でありながら高い強度を持つフレームの登場は、世界のアイウェア市場に大きなインパクトを与えました。

「リンドバーグ」のメガネは、フランス、イタリア、ドイツ、日本などの世界47ヶ国で、「アイウェア・オブ・ザ・イヤー」など、権威のあるデザイン賞を受賞しています。

約1.9gと超軽量、ネジやリベットも使わず、ロー付け接着も一切使っていない「エアチタニウム」を使ったフレームは、掛けていることを忘れるくらい快適で、鼻にメガネの跡がつくようなこともありません。

また、「ネジを使わないヒンジ」は特許を取得しています。

フレーム素材に使われているチタンや、ノーズパットやテンプルティップに使われているシリコは、ペースメーカーや歯科医用、医療用のもので、安全で肌に優しく、低アレルギー性なので、肌が敏感な人や弱い人も安心して使えます。

チタンは柔軟なので、メガネフレームが鼻を圧迫したり、鼻からずり落ちたりしないように、調整でき、快適なフィット感でストレスを感じさせません。

MYKITA(マイキータ)

http://www.gg-circle.com/gg-blog/nambacity/archive/2015/04/-mykita-erland.html 
http://www.gg-circle.com/gg-blog/nambacity/archive/2015/04/-mykita-erland.html

2003年にドイツのベルリンで、フィリップ・ハフマンス他により創業されたブランドです。

もともと、軽くて薄いステンレス素材を使った「シートメタル」で有名なドイツのブランド「ic!berlin」で、創業時からデザインを担当していたメンバーが、独立してブランドを立ち上げたことで知られています。

「マイキータ」のメタルフレームは、0.5mm厚のステンレスを使い、ネジを一切使っていないのが特徴です。

フロントとテンプルが渦巻状のヒンジで繋がれているため、細かく調整でき、快適なフィット感を実現します。

掛け心地や強度のほかに、高く評価されているのがデザインです。

レトロな雰囲気が漂う美しい玉型(レンズのデザイン)、ブリッジなどに個性的な色を使ったカラーリングといった、ファッション性抜群のデザインで、おしゃれな人にぴったりです。

そのデザインの良さで、2011年にドイツのデザイン業界で権威のある「ドイツデザインアワード」を、同じ年に「iFマテリアルアワード」と「RED DOTアワード」を、また日本の「グッドデザイン賞」など、世界各国で多くの賞を受賞しています。

SILHOUETTE(シルエット)

http://akamatsu8.com/framecollection/silhouette.html 
http://akamatsu8.com/framecollection/silhouette.html

1964年にオーストリアのリンツで、アーノルド・シュミートにより創業されたブランドです。

1990年代、「シルエット」は素材と品質にこだわり、他にない掛け心地と軽さを追及した結果、今までに無い軽いフレームの開発を始めました。

改良を重ねていくうち、ついに1999年、ネジや蝶番を一切使用しない、チタンミニマルアート「TMA」を開発・発表しました。

重さわずか1.8gの「TMA」は、2000年から2011年にかけて、アメリカ航空宇宙局「NASA」の宇宙飛行士に使われ、30回以上の厳しい飛行を飛行士とともにしました。

「TMA」の特徴は、快適なフィット感、軽さ、リムレスデザインによる見やすさ、ネジや蝶番が無いため、ネジの緩みなどよる煩わしさがない、などがあります。

また、「iFデザイン賞」など、20もの国際的なデザイン賞を受賞しているように、デザインの良さも高く評価されています。

まとめ

以上、軽さに定評のあるメガネブランド3つをご紹介しました。

どれもヨーロッパのブランドですが、医療用のチタンを使い安全で肌にも優しい「リンドバーグ」、軽くて薄い「シートメタル」とデザインが魅力の「マイキータ」、NASAの飛行士にも使われたほどの耐久性と軽さを合わせ持つ「シルエット」、どれも独自のメガネ作りを行っているブランドです。

あなたも、メガネが重いと感じることがあるのなら、今回ご紹介したメガネを試してみてはいかがでしょうか。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら