2020年7月5日

紺ジャケットのパンツ選びで迷わない!カジュアルな着こなし術

ジャケパンスタイルを始める時、

考えてしまうのが紺のジャケットにパンツは何を合わせればいいのか。

組み合わせのカラーを多種多様にコーディネート出来るため、

着こなしには本当に悩んでしまいますよね。

紺のジャケットはグレーとの組み合わせが王道、

なんてことも「紺ジャケ 着こなし」と検索すれば、書いてあったりしますが…

確かにこの組み合わせは、ビジネスの着こなしにはかっちりした印象を与える為いいのですが、

カジュアルに着こなすには少し堅い印象になりがち。

そこで今回は、カジュアルに紺ジャケを着こなす為の、パンツの種類と色をご紹介いたします。

 

定番の着崩しスタイル 紺ジャケ+ジーンズ

image004

ジャケパンというドレススタイルをジーンズで着崩すのは定番の着こなしですね。

ジーンズにTシャツでラフに着こなしながらもジャケットでキッチリ締める。

紺ジャケに淡いブルーのジーンズは相性抜群で、

上手にまとめるコツは無地のTシャツを合わせることです。

写真のように淡いブルーのジーンズに、グレーのTシャツを合わせると休日のデートにピッタリですよ。

紺ジャケ+ジーンズ+シャツ

image006

この写真の着こなしは白シャツ、色が深いスキニージーンズ、

細めのネクタイも綺麗にまとまっています。

同系色の濃いめブルーデニムで合わせてあるので、

カジュアル感が強すぎない、シャツとのバランスも良い着こなし。

この時のデニムのポイントは目が細かいスキニーか、テーパードを穿くことです。

イタリア人の十八番 紺ジャケ+ベージュ

image008

これも定番のスタイルで、

インナーはシャツやTシャツでも品よくまとまるのでおすすめです。

インナーの色は白やグレー、白黒のストライプなどを合わせるとより、着こなしが簡単になりますよ。

紺ジャケ+ブラウン

image010

ベージュよりもやや濃い目の「ブラウン」はさらに上品な印象を与えます。

イタリアの言葉に「マローネ・エ・アズーロ」という言葉があるくらいで、

意味は「栗と空色」栗色=ブラウン、空色=青色、空色で

イタリア人はブラウンが、

定番色であるネイビーを引きてる色であることを分かっている証ですね。

紺ジャケ+ブラウンパンツの着こなしは

白や淡いブルーでインナーの色を明るめにするのがコツ。

落ち着いた色で、こなれ感があるので大人の男を漂わせたい時にぴったりです。

鉄板の着こなし 紺ジャケ+白パン

image012

「大人っぽくて」「上品」「爽やか」「オシャレ」

ネイビーと白パンの印象は良いことばかり鉄板スタイル。

けれど、白パンに抵抗がある方も少なくはないはず。

ここで、穿きこなすコツを一つご紹介いたします。

白パンは膨張色で少し太めに見えるので細身のチノパンもしくは、

スラックスのプリーツが入ったもので丈を9分か、

くるぶしまで少しロールアップすれば、意外としっくりきます。

紺ジャケ+白パンはTシャツや白シャツにもあわせることも簡単で、

年齢問わず着こなせる組み合わせ。

ホテルのレストランでディナーにも紺ジャケに白パン、

インナーはライトブルーのシャツにネクタイで

ドレス度が高いスタイルにもバッチリ決まる着こなしです。

まとめ

image014

カジュアルに紺ジャケを着こなす為のパンツの種類と色をご紹介いたしました。

最初にご紹介した紺ジャケ+ジーンズの着こなしには、

インナーは無地のTシャツが相性バツグンです。

スキニージーンズでシャツと合わせれば、カジュアル感が強すぎず、

シャツとのバランスのいいスタイルも出来ます。

紺ジャケ+ベージュは白やグレー、

白黒のストライプ柄などを合わせると着こなしが簡単にまとまります。

ベージュより少し濃い目のブラウンのインナーは、白や淡いブルーなど明るめにするのがコツ。

最後に紺ジャケ+白パンですが、カジュアル感を強めに着こなすなら、

白やグレーのTシャツなどを選ぶと、簡単にカジュアル感が強めの着こなしに。

ライトブルーのワイシャツとネクタイで合わせればドレス度が高く、

ホテルのディナーデートにピッタリなスタイルも出来ます。

是非、悩まずに色々な組み合わせで、紺ジャケを着こなして下さい。

 

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス