ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

衿で印象が変わる!?スーツを着るなら知っていたいラペルのこと

スーツやジャケットを見るとき、あなたの視線はどこに行きますか?

Vゾーン?

ショルダー?

生地や柄?

スーツやジャケットに詳しい人なら「衿(ラペル)」ではないでしょうか。

ラペルはスーツの顔とも言われるくらい印象を左右します。

そんなラペルには、大きく分けて4つの種類があります。

「えっ?種類があるの?」

このように種類があることを意識していない人も多いのです。

でも、

どのラペルがどんなスーツの型に使われているのか。

今年のトレンドには、どのように反映されているのか。

それくらいは分かるようになっていたいもの。

そこで今回は、今さら人には聞きにくい、けれど知っていたいラペルのことをお話します。

ノッチド

image004

シングルスーツに使われるのがノッチドラペルです。

別名「菱衿」とも呼ばれています。

下衿の先が下がったデザインで、一般的なスーツやジャケットの衿として良く使われています。

あなたが普段目にすることが多いラペル。

これではないでしょうか?

ピークド

image006

ピークドは「先の尖った」という意味。

ダブルのスーツで使われることが多いのがピークドラペルです。

下衿の先が尖っていて、上を向いています。

そして、下衿と上衿がくっついているのが特徴です。

セミピーク

image008

シングル、ダブル、という決まりはあまりないようです。

ピークドと比べると、上衿の先が丸くなっています。

また、下衿の長さも少し短め。

フィッシュマウス

image010

ピークドと比べると、上衿と下衿の境目に隙間があります。

形状が魚の口に似ているので、この呼ばれかたになっています。

まとめ

昔からの伝統を受け継ぐラペル。

その年のトレンドによって変化するラペル。

ラペルはスーツやジャケットの個性を引き立たせる大切な部分。

ラペルの形はトレンドだけで決めるのではなく、自分の体形にあったラペルを選んでも問題ありません。

男性ファッションでのスーツやジャケットは、今後もエレガントになる傾向がありますので、ワイド幅のラペルがトレンドになる可能性が高いです。

人とはちょっと違ったラペルのジャケットを手に入れておいて、あなたの印象をスマートに変えてみませんか?

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら