2020年7月5日

大人の余裕を感じさせる匠の革靴 山陽山長

「人の上に立つ機会が増えてきた・・・」

そんなあなたにオススメなのが、日本を代表する本格派革靴ブランドである三陽山長。

あなたに大人の男の余裕、風格を感じさせる、匠の技と心がこめられた粋な一足。

今回は、本格派国産革靴ブランドである三陽山長のアイデンティティと代表作をご紹介します。

アイデンティティ

http://blogs.yahoo.co.jp
http://blogs.yahoo.co.jp

2000年10月に山長印靴本舗が母体となり、2001年10月に三陽山長としてリスタートした本格派革靴ブランドです。

「技」「粋」「匠」という和の精神に基づき、「品質本位」をアイデンティティに高級革靴を展開しています。

2000年の誕生以来、妥協のない品質と履き心地が高く評価されていますが、それを実現しているのが、日本の伝統職人の匠の技と、膨大な日本人の足のデータベースです。

それによって、海外ブランドには真似できない「日本人の日本人によるメイド・イン・ジャパンの靴作り」を実現しています。

また、靴のモデル名が「勘三郎」、「友二朗」といった日本人名なのも大きな特徴です。

ホームページのデザインも、「日本」、「本格派」といったこだわりを感じさせます。

品質本位

三陽山長のアイデンティティである、「品質本位」。

それを支えているのが職人たちの「技」と「粋」なはからい、そして「匠」の心です。

「技」

50年以上のベテランの職人たちの築き上げてきた伝統の技は、何ものにも代え難い財産となっています。

現在では引退されましたが、日本を代表する靴職人である関信義さんをはじめとするベテランの職人たちの技術が、若い世代へ脈々と受継がれています。

「粋」

革靴は丁寧にケアすることで10年、20年と永く履き続けることができます。

三陽山長の革靴は、永く履き続けることができるように、裏側などの目には見えない部分にも最高級の素材を惜しみなく使用します。

三陽山長では、あなたの足を知り尽くした「あなただけの一足」を生み出すために、見えないところにもこだわります。

「匠」

三陽山長の靴は、ただ技術の優れた職人によって生み出されるだけではありません。

靴の一足一足には、作った職人本人の目印が内側にうたれ、修理も本人が行います。

一足一足には「匠」の魂が込められているのです。

友二郎

http://allabout.co.jp
http://allabout.co.jps

三陽山長と言えば「友二郎(ともじろう)」です。

2010年に三陽山長10周年を記念して登場した木型を使用した名実ともに三陽山長の代表作。

デザインは王道のストレートチップで、どこに履いて行っても恥ずかしくない一足となっています。

つま先のさり気ないハイシャインが大人の洗練された色気を感じさせます。

まとめ

「日本人の日本人によるメイド・イン・ジャパンの靴」を作り続ける本格派革靴ブランド三陽山長。

職人の魂がこもった三陽山長の革靴は、あなたに大人の男の落ち着き、余裕、風格を醸しだしてくれることでしょう。

youtubeオフィシャルチャンネル登録
男を上げる”簡単パーソナルカラー診断
メールアドレス