ダンディズムコレクション ダンディズムコレクション

トップに立つあなたに履いて欲しい「伝説の靴」 不屈の精神が宿るエドワード・グリーン

「伝説の靴」と謳われるイギリスの一流革靴ブランド、エドワード・グリーン。

エドワード・グリーンの靴には、その波乱万丈な歴史によって養われた不屈の精神が宿っています。

トップに立ち多くの部下を率いるあなた、日々大きな目標に挑み続けるあなたに履いて欲しい靴、エドワード・グリーンをご紹介します。

エドワード・グリーンとは?

「伝説の靴」エドワード・グリーンの歴史は、1890年にイギリスのノーザンプトンという田舎町の小さな工房から始まりました。

「上質であること」を追求し、ハンドメイドによって生み出された比類なき履き心地の良さから「伝説の靴」とまで謳われる名門ブランドへと成長しました。

そんな名門ブランド、エドワード・グリーンですが、ずっと順調にその歴史を歩んできたわけではありません。

1979年にピンチに陥ります。

創業者の息子たちによって売却されたブランドは、経営状態が悪化していくのです。

「伝説の靴」は倒産寸前にまで追い込まれました。

そんな1983年、再びエドワード・グリーンは「伝説の靴」の輝きを取り戻し始めます。

イタリアの靴デザイナー、ジョン・フルスティックがエドワード・グリーンを買い取り、再建に着手しました。

このとき最も力を入れたのは、その履き心地、フィッティングです。

厳選された最高品質の革を、厳選された木型に沿わせ、比類なき履き心地を手に入れます

さらに、英国靴特有のデザインに少しずつ手を加え、さらに洗練されたシェイプを手に入れます。

高級紳士靴の頂点を極めたそのシェイプは、世界のトップスポーツカーであるポルシェ911をベースにしたと言われています。

http://www.porsche.com 
http://www.porsche.com

こうして、再び世界のトップブランドへと登りつめたエドワード・グリーンはさらなる高みのチャンスを手にします。

1955年にエルメスが所有するジョン・ロブの革靴の制作に携わることとなりました。

それをきっかけにエルメスはエドワード・グリーンのクオリティの高さに驚き、買収を持ちかけました。

エドワード・グリーンもちょうどフランスへと進出しようとしていたため、買収を承諾しエルメスと手を組む事にします。

しかし、ここで再び危機が訪れます。

フランス進出が叶わず、自社株を売却せざる得ない状況となってしまったのです。

100年以上続いた製靴工房もエルメスに渡ってしまい、革靴メーカーの命・木型も全てエルメスに押さえられてしまいました。

それによって、「伝説の靴」エドワード・グリーンの代表作である木型202が使用不可能になってしまったのです。

「伝説の靴」を失ってしまったエドワード・グリーン。

しかし、その伝説を支えた職人たちの熱い魂は生き続けました。

伝説を復活させるため、新たに工房を立ち上げたのです。

そして、ついに2004年。

英国靴の雄と言われるガジアーノ氏がデザイナーに就任し、「伝説の靴」エドワード・グリーンは復活を遂げました。

伝説の靴「CADGAN(カドガン)」

http://www.edwardgreen.jp/catalog/ 
http://www.edwardgreen.jp/catalog/

そんなエドワード・グリーンの代表作が「CADGAN」です。

最高品質の艶やかな革、洗練された美しいシルエット、そしてさりげなく装飾されたメダリオンが、上品さを醸しだしてくれます。

ビジネスシーンはもちろんのこと、カジュアルでもあなたをさりげなく上品に引き立ててくれる一足です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「伝説の靴」エドワード・グリーン。

あのエルメスも渇望した上質な靴を展開しています。

エドワード・グリーンを履く者には、ブランドの危機が訪れる度に、それをバネにさらなる高みとへと登りつめたエドワード・グリーンの不屈の精神が宿ることでしょう。

男を上げる”簡単パーソナルカラー無料診断


メールアドレス

>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら